宮沢氷魚も沖縄の三線が弾ける!父宮沢和史モデルの三線もある?

エンタメ

 

ドラマ「コウノドリ」で注目を浴びた宮沢氷魚さんは沖縄の三線が弾けると話題です。インスタでも披露しています!

父親はロックバンド「THE BOOM」のヴォーカルで沖縄三線のイメージが強い宮沢和史さんです。なんと宮沢和史モデルの三線も発売されているとか。

今回は、「宮沢氷魚も沖縄の三線が弾ける!父宮沢和史モデルの三線もある?」と題して紹介します。

 

スポンサーリンク

宮沢氷魚も沖縄の三線が弾ける!

宮沢氷魚さんはアメリカ生まれの東京育ちです!生い立ちからイケてますね。

幼稚園から高校までインターナショナルスクールに通い、アメリカの大学に留学していました。

俳優やモデルとして活躍しており、身長が184.5cmでとても高く、スタイル抜群ですね!

氷魚さんの父、宮沢和史さんといえば沖縄の三線(さんしん)がすぐに思い浮かびますが、息子の氷魚さんも三線が弾けるのでしょうか?

氷魚さんは、2020年6月17日のインスタグラムで三線を演奏している姿を公開し、大きな反響を呼びました。

「何年かぶりに三線弾いた。また沖縄行きたいなー。」とコメントを付け、寝起き姿で生活感溢れる動画を更新し、ファンは大歓喜でした。

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宮沢氷魚(@miyazawahio)がシェアした投稿

三線で披露している曲は、父親の宮沢和史さんがボーカルを務めていたTHE BOOMの「ひゃくまんつぶの涙」です。ジーンときます!お父さんの影響で氷魚さんも三線を嗜むようになったのでしょう。

ファンからのコメントには、沖縄にいる気分になれました寝起き最高!永久保存動画です父親譲りの才能お父さんそっくり、などの好意的なコメントが多く寄せられていました。

氷魚さん、本当に若い頃のお父さんとウリフタツです!

動画には私服らしきものが映っており、寝起き姿でプライベート感たっぷりの宮沢氷魚さんですが、心地よい音色で三線を演奏している姿はギャップがあり、とてもかっこいいですね!

 

スポンサーリンク

宮沢氷魚の父・宮沢和史モデルの三線がある?

THE BOOMのボーカルで三線を弾きながら「島唄」「風になりたい」などの名曲を生み出した宮沢和史さんですが、”宮沢和史モデル”の三線があります!

沖縄県三線製作事業協同組合で作られた宮沢和史モデルの三線は、初心者にも親しんでもらえるような設計だそうです。

宮沢和史モデルの三線に対し、宮沢和史さんは次のようにコメントしています。

三線の型は「真壁型」を選び、棹はベーシックなサイズにした。これから三線を始めたい、初心者にも親しんでもらえるような三線である。
 今回、紅型胴巻き図案を提案させていただいた。柄にもちいた梅花藻(バイカモ)は同名のオリジナル曲もある思い入れのある水草。やふそ紅型工房とコラボでオリジナルティーガを製作した。この企画で、伝統的なものに新しさを取り入れた三線製作を実現させたいという思いがある。

【引用元】https://okinawa34.jp/archives/performer_sp_sanshin/miyazawamodel

こちらの画像が宮沢和史モデルの三線です。

宮沢氷魚は沖縄の三線が弾ける?父の宮沢和史は三線を手作りした?

宮沢和史モデルの三線は、中音を中心とした音作りで、幅広くバランスのとれた音色を奏でられるそう。

三線ができるまでには、長い年月とたくさんの苦労が必要ですが、だからこそ三線にしか感じられない心に響く音色で演奏が聴けるのですね。

詳しい説明や画像は沖縄県三線製作事業協同組合のホームページに載っているのでぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

沢氷魚経歴デビューのキッカケは?

宮沢氷魚さんが芸能界へデビューしたきっかけは、中学生の頃、武道館で行われた父親のロックバンドTHE BOOMのライブを観たことでした。

数時間でたくさんの人を同時に感動させる姿を目の当たりにし、自分も人を感動させたいと思った宮沢氷魚さん!

アメリカ留学をきっかけに、自分が何をしたいのか考える時間が増えていくにつれ、芸能界に入りたいという想いが強くなっていったとか。

特に留学先では、いろいろな国や都市から来た人が集まっていて、夢を叶えるために頑張っている人が身近にたくさんいる環境だったため、そこで応援してもらい、勇気をもらったそうです。

アメリカに留学したことで18歳で芸能界デビューと少し遅めのスタートとなりましたが、アメリカに留学していなかったら、日本の環境に甘えてしまい、芸能界に入らず別の道に進んでいたかもしれませんね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宮沢氷魚(@miyazawahio)がシェアした投稿

アメリカで得た経験は本当に大きなものだったと言えますね。

ファンにとっては芸能界に入ってくれて本当に嬉しいです!

 

宮沢氷魚プロフィール

名 前:宮沢氷魚(みやざわ ひお)
出身地:アメリカ合衆国、サンフランシスコ州
生年月日:1994年4月24日
身 長:184.5cm
職 業:俳優、ファッションモデル、タレント
所属事務所:レプロエンタテインメント

 

スポンサーリンク

宮沢氷魚と三線 まとめ

今回は、「宮沢氷魚は沖縄の三線が弾ける?父宮沢和史モデルの三線もある?」と題して、宮沢氷魚さんや父親の宮沢和史さんについてまとめてきました。

・宮沢氷魚さんは三線が弾ける

・宮沢氷魚さんの父親、宮沢和史さんが制作に携わった宮沢和史モデルの三線がある

・父親のライブを観に行ったことやアメリカ留学をきっかけに芸能界デビューを決めた

表舞台で活躍するご両親のもとに生まれた宮沢氷魚さん。これからも、ご両親同様に芸能界やさまざまな場面で宮沢氷魚さんの活躍が見られるといいですね。引き続き応援していきましょう。

宮沢氷魚さんのご両親についてはこちらでまとめていますのでご覧ください。

宮沢氷魚の読み方や意味は?父母は有名人?wikiプロフィールも!

 

スポンサーリンク