門脇麦は結婚してるの?親が芸能人というのは本当?

トレンド

スポンサーリンク

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」のヒロイン駒役で出演中の門脇麦さんは、個性的で演技力もあり魅力的な女優さんです。

そんな魅力的な門脇麦さんは結婚しているのでしょうか?親が芸能人との噂もあります。真実はどうなのでしょう?

今回は「門脇麦は結婚してるの?親が芸能人というのは本当?」と題して紹介します。

門脇麦は結婚してる?

門脇麦さんには噂になった彼氏がいました。

2015年に熱愛が発覚したのが俳優の仲野太賀さんです。

両親も公認で2人の所属事務所も

記事の通りであり、本人からも報告を受けていた

とコメントしていました。

両親が公認・事務所も認めているとなれば結婚ムードも高まりました。

しかし、その後2人は破局しています。

破局の原因は仲野太賀さんのたばこにあると言われていますが、それも定かではありません。

何故なら2人が喫茶店でデートしている時、仲野太賀さんの吸ったたばこを門脇麦さんが試し吸いしていたようなのです。

たばこを試し吸いするくらいなのに、たばこが原因とはちょっと辻褄が合わないですよね⁈

2019年仲野太賀さんは森川葵さんとの中目黒デート&「お泊まり愛」をスクープされているので、門脇麦さんとの破局は間違いありません。

 

スポンサーリンク

門脇麦のことを世間ではどう思っている?

門脇麦さんを一躍有名にしたのは、映画「愛の渦」でしょう。その体当たりの演技が衝撃的でした。

その後、NHK連続テレビ小説「まれ」が門脇麦さんの出世作となりました。

活躍の幅を広げ2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」のヒロイン役にも抜擢されるなど注目の女優さんです。

そんな門脇麦さんを世間の人はどう思っているのかみてみましょう!

 

 

門脇麦さんの容姿や演技を見て感じる性格などを嫌っている人が意外といるようです。

ドラマや映画の中の役柄が演じている門脇麦さんの性格になってしまっているのかもしれません。

しかしその反面

 

 

門脇麦さんをかわいいと思っている人も沢山いました。

スポンサーリンク

門脇麦の親が芸能人というのは本当?

結論からいうと門脇麦さんの親は芸能人ではなく一般人です。

それでは何故芸能人との噂が流れたのでしょうか?

門脇麦さんはアメリカのニューヨーク生まれの帰国子女です。両親がニューヨークに住んでいたことがなぜか過去に俳優として活躍していたと噂になりました。

また元カレの仲野太賀さんが二世タレント(父親は俳優の中野英雄さん)であったことも関係しているようですね。

いずれにせよ門脇麦さんの親が芸能人というのは全くのガセでした。

スポンサーリンク

親の仕事は?

それでは門脇麦さんの親は何をしていたのでしょうか?

父親の職業についてはっきりとした情報はありませんでした。アメリカにいたことがあることから商社マンや貿易関係、更には株関係の仕事をしていたとの噂があります。

こちらも想像の域の話で実際の職業について具体的な職種は出てきませんでした。

母親はアメリカで門脇麦さんを出産しています。門脇麦さんは4~5歳までは家族全員でニューヨークに住んでいたようです。

母親の職業についても特に情報はありませんでした。

  • 門脇麦の父親とは?

門脇麦さんは父親のことを「自由人」と語っています。子供心を持った自由人で、山登りや庭仕事が好きなようです。

またしつけに関しては厳しいところがある反面「自分のことは自分で」と自己責任でやりたいことをやらせてくれたそうです。

  • 門脇麦の母親とは?

門脇麦さんの母親はとても料理が上手な人だそうです。今でも母親の料理の味について門脇さんは「ダントツで美味しい」と語っています。

スポンサーリンク

門脇麦のプロフィール

  • 本名:門脇麦
  • 生年月日:1992年8月10日生まれ
  • 出生地:アメリカ合衆国ニューヨーク
  • 出身地:東京都
  • 身長:160cm
  • 血液型:B型
  • 事務所:ユマニテ
  • 主な出演作

映画:愛の渦、さよならくちびる、チワワちゃん、止められるか俺たちを、世界は今日から君のもの

テレビドラマ:まれ、トドメの接吻、悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜、リバース

スポンサーリンク

門脇麦は結婚してるの?親が芸能人というのは本当?まとめ

門脇麦さんは映画「愛の渦」で見せた大胆な演技から、大河ドラマで演じている昔の女性まで幅広い役柄をこなせる女優です。

門脇麦さんは現在、独身で、ご両親は全くの一般人です。

ちょっと個性的な面も感じますが、それもいい味になっているのではないでしょうか⁈

今回は「門脇麦は結婚してるの?親が芸能人というのは本当?」と題して紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。