宝塚音楽学校の学費は高い?偏差値や学費寮費を調査してみた!

エンタメ

 

清く正しく美しくがモットーの華やかな歌劇団。

宝塚歌劇団の名前を皆さんも一度は耳にしたことがあるでしょう。

女性のみで構成された華やかな世界。そんな宝塚歌劇団に入団するためには、宝塚音楽学校へ入学する必要があることをご存じですか?

そんな宝塚音楽学校の、学費はいくらかかるのか?偏差値や入校基準、学費や寮費など様々な気になることを調べました。

そこで今回は「宝塚音楽学校の学費は高い?偏差値や学費寮費を調査してみた!」と題してお送りします!

 

スポンサーリンク

宝塚音楽学校の学費はいくらかかる?

声楽、ダンス、日本舞踊、演劇などタカラジェンヌになるべく宝塚のすべてを教えてくれる学校である宝塚音楽学校。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

花音舞(@mai_kanon_official)がシェアした投稿

カリキュラムもみっちりとしており、素晴らしい舞台人になるためのものとなっています。

そんな宝塚音楽学校の学費はいったいどれほどのものなのか、調べてみました。

公式HPによると、宝塚音楽学校の月々の学費は5万円となっています。

自宅から通うことが難しい生徒の為の寮も準備されており、寮費は月に1万5千円です。

宝塚音楽学校は、予科と本科の2年制なので、学費だけだと2年間で120万円となります。

寮費も単純に2年間で36万円になりますね。

それだけでなく、入学時に入学金が20万。教育施設費25万。雑費3万と、入学時だけで48万円必要になります。

2年間の総額は約200万円というところでしょうか。

さらに必要なものとしては、制服、袴、レッスンに必要なレオタードや学習用品、教材、靴など全て指定のものを含め色々と揃えなければなりません。

それらを2年間、多く見積もって50万ほどになるでしょうか?

寮生として通うと大体250万ほどでしょう。

単純に考えれば、私立の普通高校も同じくらいかかりますが、宝塚音楽学校は2年制。その後華々しくデビューできるかと言えば全員ができるとも限りません。

それでも、内面から美しくなれると考えれば、月5万の学費はそんなにお高いものでは無いのかもしれませんね。

とはいえ、タカラジェンヌを目指している乙女たちは宝塚音楽学校へ入るため、ダンスや歌唱のレッスンにお金がかかり、すでに親御さんたちは早くから投資しているケースがほとんど!

更には宝塚音楽学校の名を背負っている生徒となれば、見栄えも大切です。洋服なども、そこいらのファストファッションはやすやすと着られないという噂もあります。

そんな事を考えていくと、単純に250万だけでタカラジェンヌが生まれるわけでは無いと思われます。夢を叶えるためへの投資は果てしないものですね。

 

スポンサーリンク

宝塚音楽学校の偏差値や入校基準は?

春になると、宝塚音楽学校の入試や、合格発表の様子がテレビで特集されることがありますね。

著名人の娘さんが入試に挑戦したりすると話題にも上ります。

そんな宝塚音楽学校の偏差値や入校基準を調べてみました!

実は、宝塚音楽学校には入試の際の学力試験はありません。

なので、学力における偏差値というものは無いと言っていいと思います。

ちなみにですが、高卒の資格が欲しい生徒の為に、特別授業を受けることもできるようです。

宝塚音楽学校には入試の際の学力試験はないものの、宝塚の舞台に上がることのできるタカラジェンヌを育成するための学校なので、入校基準は並大抵のものではありません

順にみていきましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

元宝塚歌劇団 夢妃杏瑠(@anru_yumeki)がシェアした投稿

まず、宝塚音楽学校に入学するために、資格は必要ありません。ただ、年齢制限が設けられています。

その年齢が15歳から18歳の間です。中学校3年生卒業時辺りから、高校3年生の間と考えてもらえれば分かりやすいかもしれません。

学年別で試験を受けることは無いので、18歳で合格しても予科生である1年生。15歳で一緒に合格した人がいれば、同学年になります。

宝塚音楽学校には16歳の本科生もいれば、18歳であっても予科生であれば後輩です。

身長制限があるという噂もありますが、そこは関係ありません。ただ、これまでの合格者から見ると、158cm以下の合格者はほぼいないので、暗黙の了解で最低ラインは設けられているかもしれませんね。ズラリと並んだラインダンス姿も身長が揃っていればきれいですよね。

中には男役志望の長身の受験者もみられます。男役や娘役はどのように決まるのでしょうか? 詳しくはこちらでまとめていますのでご覧ください。

 

入学試験は、第1次試験、第2次試験、第3次試験と順調に進んでいけば3回の試験の後、合否が決まります。

その試験の中で審査されるのは、容姿、口跡、動作、態度、華やかさなどの宝塚歌劇の舞台への適性といいます。

ダンスや歌が上手いだけでは宝塚音楽学校に入れないことになりますね。

ちなみに歌唱試験では歌唱力のみならず、声質、声量、読譜力も審査され、ダンス試験ではリズム感、柔軟性、洋舞への適性などをみられるといいます。

宝塚音楽学校に合格するには、歌が好き、ダンスが得意、それだけでは通用しないようです。

学力の偏差値はほぼなしですが、舞台への適性の偏差値はとても高いことがわかりました。

 

スポンサーリンク

宝塚音楽学校の学費や寮費の評判は?

夢を叶えるために生徒たちが汗と涙を流し笑顔でレッスンに励む宝塚音楽学校。

SNSではどんな評判が出ているのか、見てみたいと思います!

やはり「思ったより安い」、「下積みや入るまでにもお金はかかる」等の投稿がみられますが、入学前のレッスンや卒業後の下積み期間を考慮すると、宝塚音楽学校の学費や寮費が安いだけではすまないという事が分かりますね!

宝塚音楽学校の入学試験に向けて、退団した元タカラジェンヌが開くレッスンや、バレエや声楽を習う人は多いでしょうし、入学後もプライベートレッスンを受ける生徒さんも多いといいます。

一生懸命な女性の姿は輝いていて素敵ですが、その分大変なことも多いのだろうなと思いました。

宝塚音楽学校の不文律についてはこちらで紹介しています。

 

スポンサーリンク

宝塚音楽学校の学費まとめ

ここまで宝塚音楽学校についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

簡単ではありますが、これまでの話をまとめて行きたいと思います!

宝塚音楽学校の学費は思ったよりは安い
学費を月額で考えれば5万。ですが、寮費やその他の用品などを含めれば2年間で約250万ほどかかると思われます。

宝塚音楽学校の偏差値は無い
入学試験に学力試験は無いので、学力の偏差値はありません。
ですが、入校基準や入学試験はとても厳しいです。舞台への適性という偏差値はとても高いのでは?

宝塚音楽学校へのSNSの評判は驚きが多いようです。
「私大より安い」や、「思ったより安い」「学費以外の費用や下積みにお金かかりそう」など、さまざまな意見や評判が見られました。

定員40名という狭き門である宝塚音楽学校ですが、それでも夢に向かって走り続ける女性はとても素敵です。

未来のタカラジェンヌの誕生を楽しみにしています。

宝塚音楽学校の不文律一覧を全て公開!廃止される校則より怖いルールとは?

 

スポンサーリンク