ナジャグランディーバの高校大学は?身長やお店do with cafeも調査!

エンタメ

ミュージカル「RENT」や三浦春馬演じる「キンキー・ブーツ」などの上演で認知度が上がっているドラァグクイーン!

ドラァグクイーンの中でもおネエ枠として活躍しているのがナジャグランディーバさん!ナジャさんは、レギュラー番組を持ち人生相談など抵抗なく話しやすさがあって人気を集めています。

ナジャさんの出身高校や大学はどこだったのでしょうか?またナジャさんのお店も気になります。

今回は、自然体で淡々とした飾らないおしゃべりがウリのナジャ・グランディーバさんの高校大学や身長などの他お店についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

ナジャ・グランディーバの出身高校や大学は?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ナジャ・グランディーバstaff(@nadja_grandiva_staff)がシェアした投稿

結論からいうとナジャ・グランディーバさんの出身高校や大学名は不明でした。

兵庫県に実家があるとの事でおそらく神戸市内もしくはその周辺地域の高校を卒業したのではないかと思われます。

あるインタビューで都会ではない場所の生まれで神戸大丸や三宮高架下の商店街、三宮センター街へよく買い物へ出かけていたとのこと。

ナジャさんの美的センスもおしゃれな街・神戸で培われてきたのかもしれません。以前、ナジャさんがダウンタウンDXで自宅を公開した際、衣装は毎年60着オーダーメイドすると話していました。

神戸といえば靴の街。ナジャさんはミッツと靴のサイズが同じだそうですが28cmはありそうですね。2019年にはガールズファッションショーの神戸コレクションに出演したのも凱旋帰国的でご本人も感慨深いものがあったのではと想像します。

ナジャさんは大学受験のため兵庫県から大阪へ出てきているのでそこからは大阪住まいです。大阪で夜遊びをするためオシャレ(女装)に夢中になり、たまたま遊びにいったショーパブでスカウトされ、ショーデビューしたのがこの道に進んだきっかけだったとか。

そして二十歳の頃にゲイバーでアルバイトし始めドラァグクイーンのスタートをきったようです。

 

スポンサーリンク

ナジャ・グランディーバの身長やお店はどこ?

 

ナジャさんの身長は180cm!体格もいいのでかなり目立ったドラァグクイーンですね ♪

ナジャさんは大阪市北区兎我野町にあるダイニングバー「do with cafe」でパフォーマンスを披露していました。身長もあるので舞台では見栄えするのでしょうね。

残念ながら現在は多忙のため中々do with cafeのステージに立つことは叶わないようです。

do with cafeのある兎我野町は大阪梅田の東側にあり隣接する堂山町と並んでディープな歓楽街です。ダイニングバーdo with cafeは元板前のママが食事を提供する評判のお店だそう。

本格的な料理を頂きながらパフォーマンスを見られるなんてとても楽しそうですね。

dowithcafeの公式サイトは⇒⇒こちらをご覧ください。

 

スポンサーリンク

ナジャ・グランディーバはいつからおネエ?

 

ナジャさんは小学生時代から自身がゲイであると自覚していたそうです。

仕草が女の子っぽかったので当時放送されていたアニメ《キン肉マン》に登場する「オカマラス」になぞらえてからかわれていましたが、かといってひどくいじめられるような事はなかったそうです。

ナジャさんは女子の友達が多くバレンタインデーには沢山のチョコレートを貰っていたとか。女子から見ても魅力的だったんでしょうね。出回っているナジャさんの素顔画像はイケメンの顔立ちですしね ♪

そんなナジャさんですが高校生になっても好意を寄せる対象は男子なのでした。ところが二十歳のころに大失恋を経験してからは恋愛に対して恐怖感を持ったままだとか。

それ以来、女装に力が入って上り詰めてやるとエネルギーに替えたそうです。

女装はファッションショーみたいで楽しいと思ってやっていたナジャさん!

36歳まで親にもゲイであることを明かしていなかったとの事。告白のきっかけは幸か不幸かナジャさんにテレビ出演のオファーが来たのです。その時とうとうゲイであることを母親に打ち明けたのでした。

ナジャさんの実家はお米屋さんを経営していたため、息子がゲイで有名になってしまうと商売がやりにくいからと母親に反対されました

反対する母親の気持ちも理解できるので仕方ないと思っていたところ、告白した翌日にナジャさんの母親から電話があり「好きにしていいよ」と承諾されました。

お母さんもかなり悩まれた結果、やはり息子の気持ちを大切にしてあげたのでしょう。生物学的に男として生を受けた我が子がゲイである事を打ち明けられた時のショックは推しはかれませんが、理解し承諾されたお母様の思いやりに敬服します。

おそらく部屋にこっそり隠していたゲイ雑誌に母親は気付いていたのでは?とナジャさんは回想しています。今では母親からテレビでのナジャさんのふるまい等にダメ出しの連絡があったり、とても良い関係のようです。

そして意外にもナジャさんはとても先祖を大事に思っているらしく、盆と正月の墓参りは欠かさないそう。忙しくて実家へ帰れないときは母親がラインで仏壇の写真を送ってきてくれ、それに向かって手を合わせているそうです。

 

スポンサーリンク

ナジャ・グランディーバ憧れの女性は?

ナジャさんは、もし生まれ変われるなら女性として子どもを産んでみたい気持ちもあるそう。

憧れの女性は、桐谷美玲さん!現在のご自分とは真逆のほっそりとスリムタイプがご希望のようです。セクシーでグラマーな女性より、華奢な女性に生まれ変わってみたいらしく、流れ星を観た瞬間も「桐谷美玲になりたい!」と願掛けしたとか。

実生活では、最近女装を辞めたいとの発言があったりもします。

お決まりのパターンで演じることへの飽きを感じているらしく、不労所得で暮らしたいのだとか。(笑)

結婚することなく老後は一人で送る生活になるであろうと見据えていて、ナジャさんのリアリストな面が垣間見られます。

自分のお葬式は2種類してほしいと公言しているナジャさん。1つめは、身内だけで厳かな葬儀をしてもらい、2つめはオネエやゲイが集まるクラブを貸切りDJを呼んでお祭り騒ぎで全国のオネエに自分の棺桶を担いでもらいたいという構想を描いているようです。かなり具体的ですね。やっぱりリアリストなんですね!

ナジャグランディーバ プロフィール

本名:非公表

生年月日:1974年4月10日

出生地: 兵庫県

身長/体重:180cm / 95kg

血液型:B

所属事務所:太田プロダクション

 

 

スポンサーリンク

ナジャ・グランディーバ まとめ

ナジャ・グランディーバさんの出身高校や大学を調査しましたが謎のまま詳細は不明です。

ナジャさんは小学生時代から自身がゲイであると自覚していて、高校生になっても好意を寄せる対象は男子だったそうです。

二十歳の頃に大阪でのアルバイトでドラァグクイーンのスタートを切ったナジャさん。90年代のドイツのスーパーモデル、ナジャ・アウアマンから一部を取って名乗り今や多忙なタレント業を送る日々です。

大失恋を経験して以来、結婚することなく老後は一人と思い描き自身の葬儀まで考えているナジャさんは、意外にも先祖を大事に思う人なのです。苦しい気持ちを経験したからこそ頼られ相談されやすい人なんでしょうね。

ナジャ・グランディーバさんは色んな側面が垣間見られて魅力あふれる人柄のようですね。今後もどんな話が聞けるのか楽しみになるタレントさんです。

 

スポンサーリンク