宝塚音楽学校の不文律一覧を全て公開!廃止される怖いルールとは?

トレンド

スポンサーリンク

兵庫県宝塚市にある宝塚歌劇団の劇団員養成所となる宝塚音楽学校には厳しい不文律が存在しました。

今回その不文律を見直したようです。

その不文律とはどういうものだったのか、どれほど厳しかったのかを全て公開します。

不文律とは?

そもそも不文律とは何なのでしょうか?

その集団の中で、暗黙のうちに守られている約束ごと。 

引用元:大辞林

つまり宝塚音楽学校の中で暗黙のうちに決められたルールであり生徒間で受け継がれてきた約束ごとなのです。

宝塚歌劇団の団員養成を目的として宝塚音楽学校は1913年に創立し100年以上の歴史と伝統があり、その中から受け継がれてきた伝統であったのでしょう。

2年制の学校で上級生を「本科生」とよび、下級生を「予科生」とよびます。本科生が予科生に生活態度を1対1で指導するという伝統があります。

時代と共に内容も変わっていったかもしれませんが、宝塚という伝統と品格を守るための不文律だったのかもしれません。

文章化はされていませんが延々と生徒から生徒へ受け継がれてきた不文律といえます。

スポンサ

宝塚音楽学校の不文律一覧を全て公開

宝塚音楽学校の不文律一覧を順番にみていきましょう!

挨拶をする

挨拶はどこの社会でも大切なことで当然といえば当然です。幼稚園や小学校でもまず挨拶をしっかりできるように教えますよね。

しかし宝塚音楽学校の場合の挨拶は特別で

  • 予科性が本科生を見かけたら遠くのほうにいる本科生に大声で挨拶をしなければなりません。

またあなたも知っているかもしれませんが有名な話で

  • 阪急電車が通ると一礼をしなければなりません。

この阪急電車が通る時の挨拶は「車掌さんへのお礼の気持ち」の他に

「車掌さんへのお礼の気持ちでした。『私が乗っていたのにあいさつがなかった』と後で本科生から叱られないようにという理由もありましたが……」

引用元:朝日新聞

乗車しているかもしれない本科生に叱られないようにとの意味もあったようです。

予科顔

予科顔とは

  • みけんにしわを寄せて口角を下げる

表情のことです。へらへらせずに、「真剣な顔」にすることだそうです。

スポンサーリンク

予科語

予科語とは

  • 本科生への返事は「はい」または「いいえ」に限定

された返事のことをいいます。

いい訳や口答えはできないということでしょうか?ちょっと私には理解できない決まりです。

謝り方(連続謝りをする)

  • ルール違反した予科生が謝る時には、他の予科生も違反を自主申告する「連続謝り」

が決まりのようです。ルール違反はいけないことなので謝るのは当然ですが同じ違反をしていた人も自主申告して「連続謝り」しなければならないのも厳しいですね。

校内清掃

予科生の朝の日課に校内掃除があります。掃除場所は個々の予科性の分担制で前年の担当者とマンツーマンで掃除方法から生活態度まで指導していたようです。

更に5年ほど前から予科生が反省などを書いたノートを本科生に提出するようにもなったそうです。

提出したノートに反省や質問などが多く書かれていたら評価が高くなったようで、そのため睡眠時間を惜しんでノートを作成した予科性もいたとか。

過度な提出で身体を壊した予科性もいたようです。

歩き

歩きとは

放課後夜9時ごろまで、その日の反省を指導係の本科生に伝えるため廊下を往復して現れるのを待つことです。

反省を指導係の本科生に伝えるにしても何故時間を決めていないのかわかりません。長く待たせるのも本科生の意思ひとつでいじめにもなることです。

朝日新聞の記事によると数年前に身体を壊した予科性がいたことで調査し、本科生の指導を見直すことになったようです。

スポンサーリンク

予科性の他のルールを公開

  1. 廊下を歩く時は壁側を素早く歩き、角では直角に曲がらなくてはならない。
  2. 阪急電車に乗る時は最後尾に乗らなければならない。
  3. 阪急電車に乗って席が空いていても座らない。
  4. 地味な服を着なければならない。(予科服というようです)
  5. 紙袋を持ち歩く時は、阪急の紙袋を使う。
  6. 阪急宝塚駅から宝塚大劇場を結ぶ通称「花の道」を歩いてはいけない。
  7. 寮内では音をたてないようにする。目覚まし時計や、電子レンジの音などもダメ!
  8. 新幹線、飛行機の中で寝てはいけない・ブラケットを使わない・雑誌、本を読まない。
  9. 昼食は静かに予科ルームでとる。
  10. 本科生より先に寮の風呂に入るが、髪の毛一本残さないようにして出る。

 

予科性には以上のようなルールがあるようです。更に本科生の指導方法に

「爆弾ノック」というのがあります。聞くだけで恐ろしいビックリする呼び方です。

  • 爆弾ノックとは

本科生が真夜中に予科性の部屋にやってきて「厳しいお説教」をすることです。

 

スポンサーリンク

こうしてみていくととても厳しいルールですが、今の時代にはなじまないルールが多いように思います。

こうした厳しいルールができた背景には宝塚歌劇団としての誇りや舞台人としての修行と位置付けたものがあったのでしょう。

例えば宝塚の大舞台で多数の踊り子が一糸乱れず演技をするのは一体感が必要です。厳しい指導に耐えてこそお互いの一体感が構築されるのかもしれません。

廊下の端を歩くのも修行のひとつでせまい舞台袖でぶつからないためのものでしょう。

このルールは、宝塚音楽学校が決めた校則ではなく、生徒たちの自主的な考えから生まれたそうです。

時代と共に変わってはきているようですが、まだまだ今の時代に馴染まないものがあるのも事実です。

決して無駄なルールはなくそれぞれに先輩が必要と思い定められたルールなのでしょう。

今回不文律が見直しや廃止されるのは、

遠くの先輩には目礼に見直し、阪急電車への挨拶の廃止、予科顔の廃止、予科語の廃止、校内清掃はグループで、ノートの提出の廃止 です。

これからもより一層すばらしい宝塚歌劇団を目指し、宝塚音楽学校の劇団員が充実した学校生活を送れるように変わっていってもらいたいものです。

スポンサーリンク

見直しについて世間の反応は?

今回の見直しについて次のような意見もありました。

学校にはいま「なぜ伝統をつぶすのか」という、見直しに反対する声も相次いで寄せられています。

引用元:NHK

それに対して宝塚音楽学校は

宝塚音楽学校 広報担当者
「舞台人としての指導をすることに変わりはありません。団体として1つの舞台を作り上げるという性質から、協調性、あるいは上の方針に従うという要素はなくすことはできず、制約なしに自由気ままな学校生活ということにはなりません。ただ、時代が変わっていることも踏まえながら、是々非々で、改善を進めていきたいと考えています」

引用元:NHK

と語っています。基本的な考えは変えず時代が変わっていることも踏まえながら、是々非々で、改善を進めるということでしょう。

他にもいろんな意見があったのでまとめてみました。

企業にも言える事だけど、時代と共に昔は当たり前だった事が当たり前じゃなくなるんだよね。 捉え方は人それぞれだけど… 良い意味での変化なら仕方ないけど… どーなんだろうか?

創設時は暴力が当たり前な時代だったかもしれないけど、今は暴力やハラスメントはダメな時代。 根本的な見直しで、健康的に美しく、永く続く組織になってほしい

「伝統をなくすな」との抗議電話が多いそうだが、ファンが “伝統” と決めつけて生徒に押し付けるのはどうかと思う。

スポンサーリンク

宝塚音楽学校がなぜ厳しいかというと、歌って踊って芝居する彼女らを芸妓や舞妓やショーガールや売春宿と一緒くたにならない、されないために厳しい管理が要ったんだよね

 

どこかからクレーム出てたの? 本人達は宝塚音楽学校という伝統がある特殊な世界へ入ったものとして納得してると思うのだけど……? また外野からなのかしら?

生徒手帳や校則が無く傳統が生徒を規律するといふのはイギリスのいはゆる不文憲法に似てゐます。傳統を引き繼ぎながら不合理な點は少しづゝ改めて行くといふ宝塚︀音樂學校の方針は正しい。

いろいろな意見はまだまだありましたが、皆さんはどう思ったでしょうか?

 

様々な意見があり宝塚歌劇団も少しずつ変わっていくのかもしれませんが素晴らしい舞台だけは変わらずみせてほしいですね。

 

スポンサーリンク