佐々木蔵之介は広告代理店の会社員だった?ますおか増田英彦と同期!

エンタメ

最後の独身大物俳優と言われながら突然の結婚発表した佐々木蔵之介さん。
主役はもちろん、二枚目役も三枚目役も難なくこなす演技力はさすがですよね!

そんな佐々木蔵之介さんに会社員時代があったことはご存じでしょうか?

劇団に所属はしていたものの、会社員として広告代理店の大広で働いていた経歴があり、同期にはあのますおかの増田英彦さんがいたとの情報が!

そこで今回は「佐々木蔵之介は広告代理店大広の元社員?ますおかの増田英彦と同期!」と題してご紹介します!

 

スポンサーリンク

佐々木蔵之介は広告代理店大広の元社員?

京都、洛中に唯一残る造り酒屋「佐々木酒造」の次男坊として生まれた佐々木蔵之介さん。

名前に蔵が入っているのも造り酒屋に関係する「蔵」を盛り込んだものとか。

高校まで京都の学校へ通い、東京農業大学を経て、神戸大学農学部を卒業し、新卒で広告代理店会社の「大広」へと入社します。神戸大から大広へ就職とは、かなりエリートですね。

いずれ家業の造り酒屋を継ぐために大学は農学部、そして営業戦略を学ぶために広告代理店を選んで就職したそうです。

大広は、大阪に本社を置く広告代理店で、近年だけでもキリンビール、任天堂、積水ハウス、キューピーなどのCMを手掛ける大手広告代理店です。

 

そんな蔵之介さんは1989年に旗揚げされた「惑星ピスタチオ」という劇団に旗揚げ当初から在籍。

当時は会社員と劇団員を両立していたそうですが、二年半ほどの両立生活に終止符を打ち、劇団の活動に専念したそう。

広告代理店というのは多忙なイメージがあるので、二年半といえど両立し、その両方をしっかりとやり遂げていたであろう蔵之介さん。
とても真っすぐでまじめな方なんだろうなと思います。

 

1998年の『大切なバカンス』を最後に、劇団を退団するまで看板俳優として全作品に出演されたようです。

ご自身は「舞台は自分のルーツ」と語っており、毎年必ず舞台に立たれているご様子 ♪
今はテレビで見かけることの方が多い蔵之介さんの、舞台俳優としての姿、観てみたいです!

 

スポンサーリンク

佐々木蔵之介と増田英彦は大広の同期入社?

大手の広告代理店大広に入社した佐々木蔵之介さん。当時入社した同期の中にお笑い芸人「ますだおかだ」の増田英彦さんがいたそうです。

増田さんの方が先に「芸人になりたい」という夢を追って9ヶ月で退社(>_<)
その後、蔵之介さんも「役者になりたい」という夢をすてきれず、増田さんに電話で相談したそう。

その当時のことを蔵之介さんは覚えていないとシラを切っているそうですが、きっと覚えています、、、よね?

そんな事を言いながらも、蔵之介さんが映画『間宮兄弟』で初めて主演を演じることになった際には、増田さん自らパーソナリティを務めるラジオ番組に蔵之介さんを呼んで宣伝をさせてあげるほど、友情を見せつけてくれました!増田さん、ニクいことしましたねっ。

また、2018年に佐々木蔵之介さんが主演を務めた『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』に増田さんがゲスト出演を果たしました。

「もし脱サラしなければ……そんな25年後の僕と佐々木がそこにいます」と増田さんは語っています。

会社を辞めてからも続く関係性って良いですよね。今後も共演などあるのでしょうか?楽しみです!
次のコーナーでは佐々木蔵之介さんの経歴を改めてみてみましょう。

 

スポンサーリンク

佐々木蔵之介の経歴や俳優へのきっかけは?

大学では演劇サークルに所属していたという佐々木蔵之介さんですが、当時演劇は趣味程度でした。

演劇サークルへ入部したのも、お兄さんに連れられて観劇した、唐十郎さんの舞台に感激したからだそうです。

最大のサークル入部の理由はやはりご実家の佐々木酒造の宣伝のため!

 

家業を継いだ時に人前に立っても苦にならない様にと、家業継承のためとしてのものだったそうです。

家業を継ぐために演劇サークルへ入り、広告代理店に入社した蔵之介さんでしたが、入社してから二年半後、当時既に俳優として活躍していた上川隆也さん所属の劇団『演劇集団キャラメルボックス』から、客演依頼が届きました。

この依頼に了承すると、三か月ほど拘束されてしまい、広告代理店の仕事が続けられなくなります。仕事を辞めて、客演依頼を受けてもそれを終えた後の保証はありません、、、

 

劇団も旗揚げし演技の魅力に惹かれていた蔵之介さんは、悩んだ末に会社を辞めることを決断し、演劇に専念することにしました。

ということは、家業の造り酒屋も継がないということになり、当時お父様は大激怒し、親子に確執が生まれてしまいます。

ですが、その二年後に佐々木蔵之介さんがNHK連続テレビ小説「オードリー」で脚光を浴びると、その確執も解消し、ご実家の造り酒屋では「オードリー」というお酒まで販売し、喜ばれたのだとか。

佐々木蔵之介さんの芸名もお父様が「造り酒屋の息子」から、蔵之介と命名したそうですし、息子の夢を心から応援する素敵なお父様ですね。

その後も主役の脇を固め支える役で、俳優としての名を上げていき、現在の佐々木蔵之介さんがいるのですね。

個人的には、有村架純さんが主役を務めたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の牧野省吾役と、「陰陽師」の安倍晴明役で出演していた佐々木蔵之介さんが大好きです♪

 

スポンサーリンク

 

佐々木蔵之介プロフィール

名前:佐々木蔵之介(ささきくらのすけ)
生年月日:1968年2月4日
出身地 :京都府
最終学歴:神戸大学農学部卒業
血液型 :O型
身長/体重:182cm / 74kg
【受賞歴】
2010年 第17回読売演劇賞 優秀男優賞
2012年 第47回紀伊國屋演劇賞 個人賞
2015年 第40回菊田一夫演劇賞 演劇賞
2015年 第38回日本アカデミー賞優秀主演男優賞
2020年 第43回日本アカデミー賞優秀助演男優賞

 

増田英彦プロフィール

本名 :増田 英彦(ますだひでひこ)
生年月日 :1970年2月9日
コンビ名 :ますだおかだ
相方 :岡田圭右
事務所 :松竹芸能
活動時期 :1993年 ~
出身地 :大阪府守口市
血液型 :O型
身長 :160cm
最終学歴 :関西外国語短期大学英米語学科

 

佐々木蔵之介 まとめ

さて、これまで佐々木蔵之介さんについてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

ご自分の夢をあきらめず追いかけた佐々木蔵之介さん。その信念はかっこいいの一言ですよね!

そんな佐々木蔵之介さんについて、まとめてみたいと思います!

佐々木蔵之介さんは大手広告代理店、大広の元社員だった!
大阪に本社を置く、様々なCMを手掛ける会社です。

そんな大広に入社した同期に、「ますだおかだ」の増田英彦さんもいた!
年齢は違うのですが、同期でだったことは事実です。

俳優となったきっかけは、上川隆也さんから劇団への出演依頼!
元々演劇に携わっていた佐々木蔵之介さんは、随分悩んだあげく、役者へと進む決意をしました。

京都生まれなので、関西のユーモアセンスもありどんな役柄も難なくこなす蔵之介さんの演技力には定評がありますね。

造り酒屋の跡継ぎという確固たる地位を捨ててまで選んだ芸能界で、精力的に活躍を続ける佐々木蔵之介さんの男気溢れる情熱を尊敬し、これからも応援し続けたいと思います!

 

スポンサーリンク