坂本勇人とまーくん田中将大はバッテリーだった?二人の対決がみられる?

プロ野球

小学生時代から少年野球チームでチームメイトだった坂本勇人選手とまーくんこと田中将大投手!

この二人は、昆陽里(こやのさと)タイガースでバッテリーを組んでいました。

この時の投手は坂本選手でキャッチャーがまーくん田中選手!

2021年日本のプロ野球にまーくんが戻ってきたことにより、セパ交流戦で二人の投打の対決がみられるかもしれないと思うとワクワクします。二人の幼少期をのぞいてみましょう。

 

坂本勇人とマーくん田中がバッテリー?

 

坂本勇人選手と田中将大選手の出身地はどちらも兵庫県の伊丹市です。

生まれた年も1988年と同い年!ふたりの少年は伊丹市軟式少年野球連盟に加盟している「昆陽里(こやのさと)タイガース」で小学1年から野球を始めました。

このチームでの投手は坂本選手で4番キャッチャーがまーくんこと田中選手!

当時の坂本投手のお母さんは昆陽里タイガースの会計係を担当したり、少年たちの送迎運転をしたりしてチームのために関わってくれていたそうです。

日本を代表する打者とピッチャーが同級生で同じ少年野球チームにいたなんて、昆陽里タイガースの名を有名にしちゃいましたね!

その後、両選手は公立の伊丹市立松崎中学校へ進みますが坂本選手はリトルシニアへ、田中選手はボーイズリーグへと進んだ硬式野球チームは別々でした。

まーくんは中学で硬式野球を始めた頃から強肩を買われて投手も兼任するようになったそう。

 

\坂本選手とまーくんの活躍を1ヶ月無料で観られる!/

⇓⇓⇓⇓

DAZN

 

坂本勇人と田中将大のドラフトは?

2004年坂本選手は八戸学院光星高等学校へ、まーくんは甲子園でご存じの駒澤大学附属苫小牧高等学校へと進学しました。その後のドラフトはどうだったのか、、

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Masahiro Tanaka(@masahiro_tanaka.official)がシェアした投稿

田中将大投手は2006年の夏の甲子園の決勝で、早稲田実業の斎藤佑樹投手と投げ合い、3対4で敗れた試合は覚えている人もいるかも⁈

田中投手は9月25日の高校生ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズ、オリックス・バファローズ、横浜ベイスターズ、東北楽天ゴールデンイーグルスから1巡目指名を受け、抽選の結果ご存じ楽天イーグルスに入団し、背番号は「18」に決まりました。

2013年には前年からの連勝を28、開幕から24連勝という日本プロ野球新記録を達成するほどの選手に成長しました。

翌年からメジャーリーグへ移籍しましたが2021年、再び日本野球界へ戻ってきてくれたまーくん!

交流戦では、坂本勇人選手との投打対決が見られるかもしれませんよ!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

読売ジャイアンツ(@yomiuri.giants)がシェアした投稿

 

今やセリーグを代表する選手にまで躍進した坂本選手は、なんとドラフトのはずれ1位だったというのは信じがたいことです!

2006年の高校生ドラフト会議で読売ジャイアンツは堂上直倫選手(中日で活躍中)のはずれ1位で坂本勇人選手を指名しました。先見の明がありましたねー!

坂本選手の契約金は8000万円、年俸650万円での契約でした。

背番号は「61」でした。61にした理由は、2006年の6と、高校生ドラフト1位の1を合わせて「61」に決まりました。

2008年からは開幕スタメン入り! 

2020年11月8日の対ヤクルト戦でプロ野球史上53人目の通算2000本安打を達成しました!亡きお母さんに見てほしかったでしょうね。

お母さんとのエピソードは⇒⇒⇒こちらをご覧ください

2021年、メジャーリーグから日本野球界へ戻ってきて切れた田中将大投手と坂本勇人選手の投打交流戦対決がみられるかどうか楽しみがひとつ増えました!

坂本勇人・田中将大プロフィール

名前 坂本勇人 田中将大
出身 兵庫県伊丹市 兵庫県伊丹市
生年月日 1988年12月14日生まれ 1988年11月1日生まれ
身長 186cm 188cm
体重 85㎏ 97㎏
投球、打席 右投、右打 右投、右打
年棒(2021年) 5億円 9億円
経歴

2006年光星学院高等学校から外れドラフト1位で読売ジャイアンツへ入団

2006年駒澤大学附属苫小牧高等学校からドラフト1位で東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団

両選手の今後の活躍にエールを送りましょう。

 

\坂本選手とまーくんの活躍を1ヶ月無料で観られる!/

⇓⇓⇓⇓

DAZN