前川右京中学高校時代は?年俸や評判プロフィールも調査!

スポーツ

 

阪神タイガースからドラフト4位で指名された前川右京選手。

2022年の1年目はケガに苦しみましたが、前川右京選手は期待の大きい高卒ルーキーです。

そんな前川右京選手の中学高校時代はどんな活躍ぶりだったのでしょうか?前川右京選手の年俸や評判も気になりますね!

今回は、『前川右京中学高校時代は?年俸や評判プロフィールも調査!』と題してご紹介します。

 

スポンサーリンク

前川右京の中学高校時代は?甲子園4回出場?

前川右京選手は、三重県津市の出身で津市立白塚小学校1年生の時にソフトボールを始めました。

津市立一身田中学校に進んだ後は、硬式野球のクラブチーム「津ボーイズ」でプレーします。

当時の前川右京選手のポジションはセンターでした。前川右京選手が中学3年の時、中日本選抜で出場した『鶴岡一人記念大会』で優勝に貢献したことが評価され、最優秀選手に選ばれました。

前川右京選手は、この頃から既に頭角を現していたようですね!

前川右京選手は中学校を卒業すると、名門校である奈良県の智弁学園に進みます。1年生の夏の県大会からすでに4番打者の座を獲得するほどの選手に成長していました。

入部当初は投手として、高い評価を受けていたそうです。が、前川右京選手は『投手はやりません。野手一本で行きます。』と宣言したといいます。

前川右京選手が高校1年の夏、智弁学園は夏の甲子園に出場しましたが、八戸学院光星との初戦でチームは敗れてしまいます。

同じ年の秋の近畿大会ではベスト4に進出し、前川選手が高校2年生になる春の甲子園に出場が決定していました。

残念なことに、新型コロナウイルスの影響で、春夏ともに全国高等学校野球選手権大会が中止となり、甲子園出場はまぼろしとなってしまいました(>_<)

その後、甲子園高校野球交流試合に出場し、中京大中京と対戦しましたが、サヨナラ負けという結果に終わります。前川右京選手は高校2年生の秋からは3番となり、近畿大会で優勝します。この頃から球団スカウトは前川選手に目をつけていたのでしょう。

高校3年生になると、春の甲子園に出場してベスト8に進出します。

そして夏の甲子園にも出場し、6試合で打率.455を記録して準優勝に貢献しました。 

前川右京選手は、1年生夏、3年生春夏、と3回甲子園に出場しました。コロナで中止になった2年生時の夏の交流試合を含めると、4回甲子園出場しているということになりますね♪

 

スポンサーリンク

前川右京の年俸は?

 

2021年10月に開催されたドラフト会議において、阪神タイガースが4位で智弁学園の前川右京外野手を獲得しました。前川右京選手の契約金は4000万円、初年度年俸は500万円でした。ケガで苦しんだこともあって、2023年の年俸は、据え置きの500万円です。

高校生ではナンバーワンスラッガーのひとり、前川右京選手の最大の魅力は高校通算37本塁打の長打力です!遠くに飛ばすという意味では高校生ではトップクラス。各球団ともに前川選手の将来性を高く評価していたので、2年目は期待がかかります。

下半身の力を利用して打球を飛ばせるようになったことが、打球の質の変化に大きく影響したようです。前川選手は先輩にアドバイスをもらったそうで、そのことで打率と長打を打てるスラッガーへと成長していきました。

智弁学園という名門高校で1年からレギュラーを勝ち取った才能を、阪神タイガースでもみせてほしいです。選手育成が下手といわれる阪神球団ですが、生え抜きの4番打者になるよう、前川右京選手を育ててもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

前川右京の評判やプロフィール

期待のスラッガーである前川右京選手のプロフィールをみてみましょう。

前川右京プロフィール

前川右京(まえわうきょう)
♦ 出身地:三重県津市
♦ 生年月日:2003年5月18日
♦ 身長:176 cm
♦ 体重:88 kg
♦ 投球:左投左打
♦ ポジション:外野手
♦ 趣味:筋トレ
♦ 憧れの選手:根尾昴選手
♦ 登場曲:「学園天国」Dream5
♦ 背番号:58
♦ プロ入り:2022~(2021年 ドラフト4位)
♦ 年俸:500万円(2023年)

 

 

前川右京選手の2歳年上の兄である夏輝さんも野球選手で、高校時代には夏輝さんが津田学園3年生の時には兄弟揃っての甲子園出場を果たしたといいます。ご両親もきっと喜んでいたことでしょう♪
兄の夏樹さんは現在JR西日本でプレーしているそうです!

では、前川右京選手の評判はどうでしょうか?スカウト人が口をそろえて言っているのは、ミート力の高さだといいます。ミートポイントを広くもつことができることで、どんな球にも対応できる凄さがあるそうです。

前川右京選手の特徴は、トップの位置を低くし、右足を大きく上げて、体全体を使ってタイミングを取るフォームです。同じ左打ちである吉田正尚選手を思い浮かべますね。

前川右京選手の体格からも、まさにスラッガーというイメージですし、色んな状況にも対応できることや打撃スタイルを変えられる器用さには圧倒されます。

 

 

そんな前川右京選手の来季目標は、まずは1軍でレギュラーを勝ち取ること。目標とする選手は高校の先輩でもある読売ジャイアンツ岡本和真選手だそうです!

 

スポンサーリンク

前川右京 まとめ

前川右京選手は中学時代から硬式野球のクラブチーム「津ボーイズ」でプレーしていました。

名門校の智弁学園では1年生からレギュラーで、甲子園に4回出場するなど才能の凄さがわかりました。

前川右京選手はどんな球にも対応できる凄さや、長打を打てるスラッガーであることがわかりました!オフ返上の『無休トレ』プランに気合が入っているようですが、無理し過ぎることなく頑張って欲しいですね♪

新体制の岡田監督の下、外野のレギュラーはまだ未定です!来シーズンの前川右京選手の躍進を期待しています!

同期入団のドラフト1位、森木大智投手はこちらの記事で紹介しています。

 

スポンサーリンク