狛ねずみの大豊神社(京都)お守りと御朱印!アクセスと駐車場情報!

神社

スポンサーリンク

全国でも珍しい狛犬ならぬ狛ねずみが鎮座するのが京都の哲学の道沿いにある「大豊(おおとよ)神社」です。

大豊神社の創建は平安時代の887年で医薬の祖である少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀ったものが起こりだそうです。

今回は「狛ねずみの大豊神社(京都)お守りと御朱印!アクセスと駐車場情報!」と題して紹介します。

大豊神社とは

大豊神社の本殿には、医薬の神様「少彦名命」(すくなひこなのみこと)と学問の神様「菅原道真公」(すがわらのみちざねこう)と勝運の神様「応神天皇」(おうじんてんのう)の3柱が祀られています

本殿の他、末社に大国社、日吉社、愛宕社、稲荷社があります。それぞれ独特の動物の「狛〇〇」が鎮座します。

特に狛ねずみが有名ですね。それぞれみてみましょう。

スポンサーリンク

狛ねずみ

 

神社は全国に約8万社あるそうですが、狛ねずみが鎮座する珍しい神宮です。

 

右側の阿形の狛ねずみです。巻物は学問を象徴しており学業成就の御利益があります。

 

左側の吽形の狛ねずみです。無病息災や子孫繁栄に御利益があります。

 

狛猿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ohayoshi(@yoshikoblu)がシェアした投稿

日吉大社は京都の鬼門を守る守護神で「神猿(まさる)」と呼ばれる神の使いである猿が鎮座しています。

 

狛鳶(とび)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ai yamaguchi(@ochotona417)がシェアした投稿

愛宕社では愛宕山の天狗が鳶帽子をかぶっていることから鳶を神使として像を建てたそうです。

 

スポンサーリンク

狛狐

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hiro(@h_165_photo)がシェアした投稿

稲荷社はやはり狐ですね。

 

狛蛇

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mattariponko2(@mattariponko2)がシェアした投稿

本殿の脇に奉納されたのは狛蛇です。金運・治病健康長寿の御利益があります。

 

狛犬

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yoshiii-(@azushoco)がシェアした投稿

参道を入っていくと狛犬もあります。

 

スポンサーリンク

お守り・授与品

  • 土鈴
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

出沼政利(@zhenglichuzhao)がシェアした投稿

とてもかわいらしい狛ねずみの土鈴です。ひとつは巻物をもっていて、もうひとつは水玉を持っていますね!

 

  • ねずみおみくじ
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bp85(@bbhaco)がシェアした投稿

こちらも可愛い「ねずみおみくじ」です。中におみくじが入っています。ねずみは持って帰って置物にできますよ。

 

  • 絵馬
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mint-kt(@kt_lv_mint)がシェアした投稿

哲学の道の文字と、狛ねずみが描かれています。

 

  • 干支鈴とお守り
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🐼す ご い え み ち🐼(@sp._.emt._.60)がシェアした投稿

ストラップになったお守りと綺麗な柄の入った干支鈴ですね。

 

  • 色違いのおみくじです。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@tabibitotaro2020がシェアした投稿

いろんな色のねずみのおみくじです。好きな色を選びましょう!

 

  • ねずみのお守
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nori☆capricorne(@48ans_capricorne)がシェアした投稿

 

  • お守り
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chie -omamori-(@chiesan.402016)がシェアした投稿

一般的なお守り袋型ですね。

 

  • 狛ねずみの土鈴
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

銀次郎(@ginnjirou_o)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

御朱印

  • 大豊神社で授与できる御朱印を紹介しますね。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yukatan(@kaomoji114)がシェアした投稿

 

  • 別の御朱印です。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石川富見子(@f235mama)がシェアした投稿

 

  • 別の御朱印です。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ひろふみおとうさん(@daddy.hirofumi)がシェアした投稿

 

  • 別の御朱印です。

 

  • 3種類の御朱印

先程紹介した御朱印は3枚セットです。日付なしの印刷ですね。

 

  • 御朱印の初穂料は400円と3枚セットは1000円です。

 

スポンサーリンク

アクセス

バス利用

  • JR「京都駅」から

JR「京都駅」~徒歩約3分~京都市バス「京都駅前バス停」~京都市バス100系統(銀閣寺行き)~「宮ノ前町バス停」下車~徒歩約3分(220m)

料金:230円 、所要時間約38分

 

  • 阪急電車「京都河原町駅」から

阪急電車「京都河原町駅」~徒歩4分~京都市バス「四条河原町バス停」~京都市バス32系統(銀閣寺行き)~「宮ノ前町バス停」下車~徒歩約3分(220m)

料金:230円 、所要時間約25分

 

  • 京阪「七条駅」から

京阪「七条駅」~徒歩5分~京都市バス「七条京阪前バス停」~京都市バス100系統(銀閣寺行き)~「宮ノ前町バス停」下車~徒歩約3分(220m)

料金:230円 、所要時間約35分

 

 

車利用

ハイシーズンや土日祝は特に渋滞が発生しやすく、駐車場も満車の時が多いのでなるべく公共交通機関で行くことをおすすめします。コインパーキングなどは料金も高くなります。

  • 京都東I.Cから

京都東I.Cを出て府道143号線経由で約20分(約6.6Km)です。

 

  • 京都南I.Cから

京都東I.Cを出て国道1号線、府道143号線経由で約29分(約11Km)です。

 

スポンサーリンク

駐車場情報

  • 大豊神社

大豊神社には無料駐車場があります。(5台)

 

  • タイムズ鹿ヶ谷

・住所:京都市左京区鹿ケ谷上宮ノ前町40

・入出庫時間:24時間

・台数:12台

・料金:月~金 8:00~20:00 30分 300円、20:00~8:00 60分 200円  1日最大料金900円

土日祝 8:00~20:00 20分 300円、20:00~8:00 60分 200円  1日最大料金1700円 

大豊神社まで徒歩で約4分(約280m)です。

 

  • タイムズ南禅寺北第1、第2

・住所:京都市左京区南禅寺北ノ坊町1

・入出庫時間:24時間

・台数:6台、7台

・料金:月~金 0:00~00:00 60分 300円  1日最大料金900円

土日祝 0:00~0:00 30分 300円  1日最大料金1800円 

大豊神社まで徒歩で約5分(約400m)です。

 

  • リパーク哲学の道西

・住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷西寺ノ前町58

・入出庫時間:24時間

・台数:4台

・料金:全日 8:00~20:00 60分 200円、20:00~8:00 60分 100円 

8:00~20:00以内最大料金800円 20:00~8:00以内最大料金200円

大豊神社まで徒歩で約7分(約500m)です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

大豊神社は哲学の道の南の入口である若王子橋から徒歩約5分の所、右手にあります。

決して大きくない神社ですが歴史も古く厳かな雰囲気があり、桜の時期なら哲学の道やインクラインでお花見を楽しむことができます。また、秋の紅葉の時期なら永観堂や南禅寺で紅葉狩りを楽しんでもいいですね。

今回は「狛ねずみの大豊神社(京都)お守りと御朱印!アクセスと駐車場情報!」と題して紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事:哲学の道の桜の見頃やアクセス・駐車場情報!桜まつりに混雑予想!