高源寺(丹波)紅葉2020の見頃や混雑予想!アクセスと駐車場は?

紅葉

スポンサーリンク

兵庫県の丹波にある高源寺は、兵庫県内でも特に人気のある紅葉スポットです。

全山が紅葉で見事に色づく様は圧巻の一言です。機会があれば是非見ておくべき紅葉の名所でしょう。

今回は「高源寺(丹波)紅葉2020の見頃や混雑予想!アクセスと駐車場は?」と題して紹介します。

高源寺(丹波)の基本情報

  • 兵庫県丹波市青垣町桧倉514
  • 電話番号:0795-87-5081
  • 拝観料:大人300円 小・中学生100円
  • 入山時間:8:00~16:30、10月~3月8:30~16:30(閉門17:00)

スポンサーリンク

高源寺(丹波)紅葉2020の見頃

高源寺(丹波)の紅葉の見頃は、

例年11月の初旬ごろから色づき始め、特に見頃は11月の中旬~11月の下旬です。

 

この写真は11月4日の日曜日のものです。

少し色づき始めた紅葉もありますが、まだ少し早いようですね。

 

こちらも11月3日に行った写真ですが、やはり11月の初旬はまだ色づき始めですね。

 

昨年の11月14日の高源寺です。「やっと紅葉が綺麗な時に来れました」と語っています。11月中旬になれば紅葉真っ盛りになってきますね。

高源寺はやはり11月中旬が見ごたえがありそうです。

11月24日はもう見頃のピークは過ぎていたようです。それでも「まだまだ綺麗でした」と語っています。11月下旬は見頃の最後になりますね。

やはり11月の中旬から11月の下旬が見頃の時期です。

 

スポンサーリンク

高源寺(丹波)紅葉2020の混雑予想

高源寺の紅葉狩りでは混雑はなるべく避けたいものです。

混雑を避けるのであればなんといっても平日がおすすめです。ゆったりと紅葉を眺めたいという人は平日の朝早い時間なら静かな景観を堪能できるでしょう。

やはりどうしても週末の土日にしか行けない場合は開門時間に合わせるか、混雑を覚悟するかです。

土日に車で行く場合も渋滞や満車を避けたいなら午前中の早い時間に着くようにするのがおすすめです。

 

日曜日は高源寺付近は渋滞しているとの情報です。

日曜日に行くのであれば渋滞や満車は覚悟しなければなりませんね。

 

休日の渋滞でお手上げ状態なのでしょう。来るもんじゃないとつぶやいています。

こうした渋滞の情報は、日曜日がほとんどでした。特に日曜日は周辺道路や駐車場の渋滞、混雑は避けられないでしょう。

スポンサーリンク

高源寺(丹波)アクセス

公共交通機関

  • JR福知山線

「柏原駅」で下車し、

・神姫バス「佐治」行きに乗り、終点の「佐治車庫前」で下車(約40分)し、そこからタクシーを利用して高源寺まで約10分です。

・神姫バス「大名草」行きに乗り、「桧倉」で下車(約50分)し、そこから高源寺まで徒歩約10分です。

神姫バスについてはこちらをご覧ください。

車利用

  • 岡山方面からの場合

播但連絡道路(和田山インター)を経由して北近畿豊岡自動車道の青垣ICで下りて約10分です。

  • 大阪方面からの場合

舞鶴若狭自動車道(春日インター)を経由して北近畿豊岡自動車道の青垣ICで下りて約10分です。

画像引用元:高源寺ホームページ

画像引用元:高源寺ホームページ

 

スポンサーリンク

高源寺(丹波)無料駐車場

高源寺(丹波)には普通車用の第1駐車場と第2駐車場のほか、バス用の第3駐車場があります。

都合により第3駐車場が普通車用になることがあります。

画像引用元:高源寺ホームページ

  • 駐車台数:100台
  • 料金:無料

 

スポンサーリンク

高源寺(丹波)紅葉2020の見頃や混雑予想!アクセスと駐車場は?まとめ

高源寺(丹波)の紅葉は、天目かえでという種類で葉が小さく、枝が全体に垂れてくるのが特徴だそうです。

今や紅葉の名所として人気のスポットなので、多くの人が訪れ紅葉狩りを楽しんでいます。混雑に巻き込まれて楽しさも半減みたいなことにならないようにしましょう。

今回は「高源寺(丹波)紅葉2020の見頃や混雑予想!アクセスと駐車場は?」と題して紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。