箕面紅葉2022の見頃とライトアップは?もみじの天ぷらや駐車場はある?

紅葉

 

関西、特に大阪近郊に住んでいれば「箕面の滝」は誰でも一度は訪れたことのある名所です。紅葉の時期ともなれば、もみじの天ぷらをいただきながら大滝まで散策を楽しむ多くの人で賑わいます。

箕面大滝の周辺はもとより、滝道(遊歩道)やドライブウェイには楓が多く、紅葉の見頃がいつ頃なのか気になりますね。

今回は「箕面紅葉2022の見頃とライトアップは?もみじの天ぷらや駐車場はある?」と題して帰りの足湯も紹介します。 

 

スポンサーリンク

箕面紅葉2022基本情報

まずは箕面公園について知っておきましょう。 

箕面公園は明治の森箕面国定公園の一角に位置します。阪急箕面駅からすぐの一の橋から箕面大滝までの約2.8Kmは滝道とよばれ遊歩道になっていて、年中多くの人が足を運びます。 

箕面公園随一の景勝「箕面大滝」は落差33mの滝で流れ落ちる姿が農具の「箕」に似ているので箕面大滝といわれるようになったそうです。 水の量が多いときはこんな感じ!

箕面紅葉2021の見頃とライトアップは?もみじの天ぷらや駐車場はある?

 

箕面公園内には、「箕面公園昆虫館」もあり、1986年に「森林浴の森100選」にも選ばれました。 

明治の森箕面国定公園とは、明治100年記念事業の一つとして1967年に指定された国定の森林公園で東京都の高尾山と大阪府の箕面山地の2か所あり、東海自然歩道の東西の起終点となっています。

明治の森高尾国定公園はこちらをご覧ください。

 

スポンサーリンク

箕面紅葉2022の見頃はいつ?

2021年11月19日、箕面の大滝へ紅葉狩りに行ってきました! 大滝付近はこんな感じ。

箕面大滝からの滝の音や箕面川のせせらぎの音を聞きながらゆったりとした気分での紅葉狩りは最高のひと時です。 

最高のひと時を求めて最高の紅葉の時期はいつなのか調べてみました。 

箕面の紅葉は、例年11月中旬から始まり12月初旬ぐらいまで楽しめます。 見頃は11月20日以降になりそうです。

 

箕面公園紅葉の進み具合は場所によって差が出てきますが、箕面大滝周辺なら11月下旬から12月初旬が見頃となります。 

主な紅葉の種類はトウカエデ、イロハモミジ、ヤマモミジです。 

2021年11月19日の色づきです。今週末から来週末がよさそうです。

やはり11月中旬から 12月初旬まで楽しめそうです。                                    

12月初旬でも綺麗に色づいた紅葉がみられます!
                                    

スポンサーリンク

箕面紅葉2022のライトアップはある?

2022年のライトアップが決まりしだい追記します。

箕面大滝と紅葉のコラボレーションは最高のインスタ映えポイントですが、ライトアップされた箕面大滝と紅葉はまた昼間とは違った姿を見せてくれ私達を楽しませてくれることでしょう。 

2021年通りだとすると下記の予想となります。

2022年ライトアップ

大滝のライトアップ期間
2022年10月15日(土)~11月13日(日)
17:00~20:00

瀧安寺~昆虫館前のライトアップ期間
2022年11月12日(土)~11月23日(水・祝)
17:00~20:00

その他の滝道ライトアップ期間
2021年10月15日(土)~12月4日(日)
17:00~20:00


詳しくは⇒⇒⇒こちらをご覧ください。

お問合せ: 072-721-3014(箕面公園管理事務所 9:00-17:30)

 

スポンサーリンク

箕面紅葉ハイキングコースはある?

阪急箕面駅から遊歩道に入り、20分あまり進むと滝道とは別のハイキングコースがあります。簡単に紹介しますね。

  • 阪急箕面駅
    ⇓⇓
  • 一の橋

⇓⇓

  • 山本珈琲館の所で右の道へ入る



⇓⇓

  • 10分ほどで姫岩。そのまままっすぐ直進します。

⇓⇓

  • 途中の紅葉がきれいでした! 遊歩道を歩く人たちが対岸にみえています。

⇓⇓

  • 山本珈琲館の所で右の道へ入ってから30分ほどで遊歩道と合流します。
    滝まであと300mです。

⇓⇓

  • 平日でも大滝付近は賑わっています。全トイレも新しくなり快適です。

紅葉シーズンはお店もにぎやかです。

 

スポンサーリンク

箕面名物 もみじの天ぷらとは?

箕面といえば「サル」と「もみじの天ぷら」が有名です。

箕面のサルは、昭和31年12月28日に天然記念物として指定を受け箕面に来た人に親しまれてきました。ですが、人に慣れてしまい土産物店を荒らしたり、観光客に飛びつくなどサル被害が増え社会問題化しました。 

無計画に餌を与えることを中止し、サル本来の野生生活に戻れるよう「サルを自然に帰す運動」等を実施したことで滝道(遊歩道)では、ほとんどサルを見かけなくなりました。滝のそばにサルのボスが時々座っています! 

もみじの天ぷらは今でも箕面駅から箕面大滝の間に何軒ものお店があり、もみじの天ぷらを揚げながら販売しています。  

箕面駅から箕面大滝に向かう道にたちならぶお店で揚げられている、もみじの天ぷら。全国的にもめずらしい、本物の特殊なもみじの葉に甘い衣をつけて揚げたお菓子です。始まりは約1300年前にさかのぼるといわれるこのお菓子は、実は1年以上の下準備がいる、とても手間と時間のかかったお菓子。 

           引用:箕面市観光協会・ぷらっと箕面さんぽ

もみじの天ぷらは1300年の歴史があり、1年以上の下準備がいるなんて驚きです。

またもみじの天ぷらは一枚一枚20分もの時間をかけて人の手で揚げられている箕面の銘菓です。私も食べたことがありますがかりんとうのような味でした。

箕面大滝まで遊歩道を歩いているともみじの天ぷらを販売しているお店が20軒余りあります。 

行列ができる店として有名なのが「紅葉」さんです。ちょっと紹介しましょう。 

阪急箕面駅から遊歩道を10分あまり進むと左手に旬彩和食「紅葉」があります。 

旬彩和食「紅葉」

ここが運営している土産物店でも、もみじの天ぷらを揚げながら販売しています。紅葉の時期は行列ができる人気店です。 

もみじの天ぷら「紅葉」

テレビにも何度か取り上げられ写真や色紙が飾ってありました。 

店頭に飾られた写真や色紙 

店頭に飾られた写真や色紙 

もみじの天ぷらを知らない人もいると思うので写真を載せておきますね。

もみじの天ぷら

かりんとうのような懐かしい味のお菓子です。カリカリとした触感でだんだんと味わいが出ます。 

 

スポンサーリンク

箕面紅葉の駐車場情報

箕面大日駐車場

駐車場を案内しましょう。

箕面大日駐車場方面の府道43号線は紅葉時期、渋滞を覚悟しなければなりません。 

また、府道43号線沿いの箕面大日駐車場は箕面大滝近くにあり人気で、すぐに満車となります。 

紅葉時期、土・日・祝の府道43号線は北行き一方通行になります。

渋滞と満車で駐車場待ちもできずにそのまま駐車場を通り過ぎていかなければなりません。

通り過ぎた先に駐車場はないため、車で箕面大日駐車場に行くのはおすすめできません。 

見頃の時期は、 平日でも箕面駅前周辺の駐車場の方がいいでしょう。

 

箕面大日駐車場

箕面大滝に一番近い駐車場です。
住所:大阪府箕面市箕面1656 

4月、5月、8月、10月、11月、12月の料金
8時00分~22時00分:400 円/30分
22時00分~8時00分:100 円/60分
平日  当日最大料金(最大) 1,000円/回
土日祝 当日最大料金(最大) 1,500円/回
駐車台数:63台
箕面大滝まで:徒歩約10分

1月、2月、3月、6月、7月、9月の料金
8時00分~22時00分:300 円/30分
22時00分~8時00分:100 円/60分
平日  当日最大料金(最大)  500円/回
土日祝 当日最大料金(最大) 1,000円/回

2021年9月末現在の情報です。詳しくは→→→こちらをご覧ください。

 

市立箕面駅前第1駐車場

阪急箕面駅近くの公営の駐車場です。リニューアルされ広々とし停めやすい駐車場です。滝道(遊歩道)を紅葉狩りをしながらハイキング気分で散策し滝まで行ってみるのもいいですね。

滝道(遊歩道)は2.8kmありますが坂もきつくなくのんびり散策できます。 

市立箕面駅前第1駐車場は収容台数も多いですが、紅葉時期は混雑が予想されます。特に土・日・祝は満車になりますので午前中の早目に着くようにしましょう。 

 

市立箕面駅前第1駐車場

住所:大阪府箕面市箕面6-4-17 
料金:全日8:00~20:00 
30分100円  最大料金 全日1600円 
駐車台数:290台 
箕面大滝まで:徒歩約50分(滝道は2.8Km) 
営業時間:24時間 
定休日:無休
☎:072-720-6051

30分100円なので助かります。

市立箕面駅前第2駐車場

市立箕面駅前第1駐車場と同じく阪急箕面駅近くの公営の駐車場で、第1駐車場から約200mほど離れたところにあり第1駐車場より徒歩で2~3分遠くなります。 

市立箕面駅前第2駐車場も収容台数が多いですが、第1駐車場同様、紅葉時期は混雑が予想されます。特に土・日・祝は満車になりますので午前中の早目に着くようにしましょう。 

 

市立箕面駅前第2駐車場

住所:大阪府箕面市箕面5-12-67
料金:全日8:00~20:00 
30分100円  最大料金 全日1600円 
駐車台数:281台
箕面大滝まで:徒歩約50分(滝道は2.8Km) 
営業時間:6:30~0:30
定休日:無休
☎:072-721-1903

こちらも30分100円です。

箕面スパーガーデン駐車場(大江戸温泉物語)

冒頭で案内したように箕面には箕面スパーガーデンという温泉があります。現在は大江戸温泉物語が運営していますが、日帰り温泉を利用すること6時間まで駐車料金は無料になります。 

入浴料金:平日:1580円、土・日・祝:1980円(デイ入館:10時~18時の入館)

入館し施設を利用すれば6時間まで駐車料金が無料です。 

車を駐車場に駐車後、箕面スパーガーデンの横の滝道(遊歩道)で箕面大滝まで紅葉狩りを楽しみ、その後温泉で癒されてはいかがでしょうか? 

 

箕面スパーガーデン

住所:大阪府箕面市温泉町1-1
☎:072-723-2324 
駐車台数:400台

施設を利用しなければ1時間ごと300円の駐車料金がかかります。

 

駐車場情報は、2021年9月末現在の情報です。

 

スポンサーリンク

足湯もある!

温泉は、いいけどちょっと料金が高いと感じる人には、足湯もあるので紹介しますね。 

もみじの足湯

阪急箕面駅にある「もみじの足湯」は、名前の通り阪急箕面駅に隣接している足湯です。 

2021年3月、「もみじの足湯」は閉店したそうでそのあと地は観光案内所になっていました。

もみじの足湯

誰にでも気軽に利用できる足湯として2011年3月オープンしました。 ⇒閉店

 

ゆずるの湯

こちらの「ゆずるの湯」は2014年にオープン !

阪急箕面駅から滝道(遊歩道)を3分ほど行った所にあります。 

ゆずるの湯 

なんといっても無料で利用できることがうれしいですね‼ 

 

ゆずるの湯
  • 住所:大阪府箕面市箕面1 

  • ☎:072-723-2324

  • 利用時間:10:00~16:00

  • 利用料金:無料 

タオルはないので持参してください。 

 

 

スポンサーリンク

箕面紅葉2022の見頃 まとめ

大阪では、有名な箕面の大滝で紅葉狩りを楽しむ人は多いと思います。 見頃は11月下旬から12月初旬です。

箕面の駅近くには、温泉もあり6月に訪れたならホタルも飛び交うほど大阪とは思えない自然豊かな所です。 

温泉を楽しみがてらの紅葉狩りやハイキングを楽しみがらの紅葉狩りなど、身近に楽しめる秋の行楽スポットが箕面です。 

箕面銘菓「もみじの天ぷら」も一度は食べてみてはいかがでしょうか? 

今回は「箕面紅葉2022の見頃とライトアップは?もみじの天ぷらや駐車場はある?」と題して紹介しました。

東海自然歩道の東西の起終点でもある、もう一つの明治の森国定公園の高尾山はこちらをご覧ください。

高尾山紅葉2021の見頃時期と混雑予想は?コースや服装についても!

 

スポンサーリンク