小関裕太の高校大学は?英語が得意なのは父親のおかげ?

エンタメ

 

8歳から芸能事務所に所属し、子役時代から活躍し続けている小関裕太さん。

凛々しいクールなイメージから、笑顔を見せると甘えん坊のようなイメージまで、あらゆる表情を見せてくれるのが印象的で英語もペラペラなのです。出身高校や大学はどこだったのでしょうか?

小関裕太さんが英語が得意なのは、父親のおかげなのではないかと噂もありますが本当なのでしょうか。

今回は「小関裕太の高校大学は?英語が得意なのは父親のおかげ?」と題して、小関裕太さんの経歴を含め、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

小関裕太の高校大学は?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小関裕太(@yuta_koseki_68)がシェアした投稿

2018年に朝の情報番組『めざましテレビ』でマンスリーエンタメプレゼンテーターとして出演された小関裕太さんを初めて知ったという方も多かったことでしょう。小関さんは大の食パン好きなんです。

朝から小関裕太さんの笑顔に癒されましたね。朝番組の生放送で緊張しているような姿も、かわいかったです。

そんな小関裕太さんは、めざましテレビでも披露していましたが実は英語がペラペラ!

他番組でも時折英語を披露しているシーンがあったり、ドラマでアメリカ育ちの日本人役を演じていたりしていますよね。

小関裕太の高校は?

小関裕太さんの出身高校はどこなのでしょうか?

高校は芸能コースがある堀越高校であることが分かっています。

根拠として2018年1月11日のサンスポ記事の中で俳優の須賀健太さんと山本涼介さんと出演した映画「ちょっとまて野球部!」試写会の記事の中で3人が堀越高校出身であることが触れられています。

サンスポの記事はこちらをご覧ください。⇒⇒サンスポ

映画「ちょっとまて野球部!」は2018年1月に公開された映画で、小関裕太さんは野球部3バカトリオのひとり、秋本高兵役で出演しました。大堀広揮役が須賀健太さん、宮田捺生役が山本涼介さんでした。

 

小関裕太さんの高校時代についてさらに見ていきましょう!

中学卒業前の2011年1月から「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン」に初出演を果たし、高校時代の2年間「菊丸英二」を演じました。

堀越高校といえば芸能人が多数在籍していることで有名ですが、小関裕太さんが在籍していた時はどんな人がいたのでしょう?

調べたところ同級生にはSixTONESの田中樹さん、松村北斗さん、京本大我さん、元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎さん、俳優の山本涼介さん、西井幸人さんなどがいました!

また1学年下にはSexy Zoneの佐藤勝利さん、1学年上に須賀健太さん、2学年上には俳優の神木隆之介さん、志田未来さんなどがいました。

堀越高校には歌手、役者、スポーツ選手など、プロとして活躍している人が対象のトレイトコースがあるからなのですね。課外活動で出席日数が不足した時に、進級・卒業に向けてサポートしてくれるそうです。

小関裕太さんは高校3年生の2013年5月17日から舞台のFROGSに出演し舞台初主演をカケル役で掴んでいます。

この時のメンバーはテル役が溝口琢矢さん、フクロウ役が平埜生成さん、アマネ役が松岡広大さんでしたね。

 

スポンサーリンク

小関裕太の大学は?

8歳から芸能活動をしていた小関裕太さんは、俳優としての活動に専念したかったのかもしれませんね。

出身大学に関しては情報がなく、どうやら大学には進学していなかったようです。

小関裕太さんの過去のインタビューを見返してみると、高校3年生で進路を考えるときに自分が努力しなければいけないのが芝居であると気付き、しっかり芝居と向き合ってみようと決意したことを明かしています。

このような考えから、学業と芝居を両立していくより芝居1本で頑張ってみようと思ったのだと考えられますね。

歌もダンスも勉強も好きだという小関裕太さん。苦手なものに真っ向に向かっていく姿勢は尊敬できます。

高校を卒業後大学に進学しなかった小関裕太さんですが俳優に専念したこともあり2014年4月からフジテレビのドラマ「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」に鍵山功太役で出演しています。

小関裕太さんにとっては8年ぶりの連続ドラマ出演でした。

また2015年3月映画初主演作品となったのが松井大介役で出演した「あしたになれば。」です。

 

この年の11月19日には雑誌「Sparkle Vol.24」で初めて単独表紙を飾っています。

その後も映画では
・Drawing Days(2015年6月6日)の浦瀬夏生役
・ドロメ 男子篇・女子篇(2016年3月26日)の星野颯汰役
で主演に抜擢されました。

 

テレビドラマでは
・ごめんね青春!(2014年10月12日~12月21日)村井守役 TBS
・化石の微笑み(2015年3月29日) 宮原和哉役 テレビ朝日
・ホテルコンシェルジュ(2015年7月7日~9月22日)牧原豪太役 TBS
などに出演しました。

ごめんね青春!に出演した際、共演した黒島結菜さんとは2020年4月「行列の女神〜らーめん才遊記〜」で6年ぶりに共演しています。

もちろんその後も数多くの映画やドラマ、CMに出演していますが、中でもNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の健人役で知名度を上げましたね。

 

スポンサーリンク

小関裕太は英語が得意なのは父親のおかげ?

小関裕太の高校大学は?英語が得意なのは父親のおかげ?

テレビで時折堪能な英語を披露する小関裕太さんの英語力はどのように身についたのでしょう?

学歴を見ると学校で英語を専門的に勉強していた様子はないと推測できますよね。

小関裕太さんはかつてインタビューの中で、父親から英語を教わっていたと話しています。

またイギリスのファッションや街並み、歴史的建造物などが大好きなんだそうです。

自分の好きな国の言語なら、一生懸命覚えようとしますし、現地に行っても困らないよう話せるようになりたいと頑張りますよね。

小関裕太さんはハリー・ポッターの熱烈なファンであることも有名で英語力を伸ばせた要因のようです。

2022年2月に『ファンタスティックビースト』シリーズのイベントが行われ、ファン代表として小関裕太さんが参加されていました。

イベントでの話の中で「ハリー・ポッターが好きで『賢者の石』は映画館に11回観に行った」「祖父にねだってハリポタグッズを買ってもらった」など、ハリポタ好きを熱烈に語っていました!

ハリー・ポッターの舞台はイギリスですよね。賢者の石が公開されたのは2001年ですから、当時小関裕太さんは6歳ということになります。

6歳でハリー・ポッターにハマっていたということは、英語が得意になったルーツはハリー・ポッターにあるのかもしれませんね。

熱烈なハリー・ポッターファンの息子に英語への興味をもたせるチャンスと考えたお父様の勧めで日本語版と英語版の映画両方を観ていたといいます。

英語版のハリー・ポッターも観たらいいというお父様の助言が、裕太少年に英語への興味を抱かせ、自然と吸収できる言語になっていったのかもしれません。

ハリポタが小関裕太さんの英語力も伸ばしていったのかもしれません!

 

スポンサーリンク

小関裕太の経歴&プロフィール

 

ここで、小関裕太さんの経歴&プロフィールを紹介しますね。

小関裕太プロフィール
  • 小関裕太(こせき ゆうた)
  • 1995年6月8日生まれ
  • 東京都出身
  • 身長180㎝
  • 血液型AB型
  • 家族は父・母・妹
  • 特技は、ダンス・写真・利き食パン
  • 所属事務所:アミューズ

水泳や空手など幼少期から習いたいと思った習い事をさせてもらったという小関裕太さんは、映画『メリー・ポピンズ』を観て、タップダンスを習い始めます。

タップダンス教室に事務所が入っていたそうで、そのことが芸能界入りのきっかけとなりました。

小学校5年生から3年間、NHKEテレでお馴染みの『天才テレビくん』のテレビ戦士として活躍し、

中学~高校時代は舞台を中心に活動をしていました。

小関裕太さんは8歳でデビューしてから、CM、ドラマ、舞台と活躍を続けています。

主な代表作品は『天才テレビくんMAX』『ダンドリ~Dance Drill~』『あしたになれば。』『わたしに××しなさい!』などがあります。

小関裕太さんがブレイクしたのは永野芽郁さんと佐藤健さんのW主演で話題になったNHK朝ドラ『半分、青い。』の健人役で登場した時でした。この時も小関さんは、英語力を発揮!

健人の両親は日本人なのですが、生まれも育ちも米国のため、おかしな日本語と英語を話すというキャラクターを演じ注目されました。

 

スポンサーリンク

小関裕太まとめ

今回は「小関裕太の高校大学は?英語が得意なのは父親のおかげ?」と題して記事にまとめてきました。

8歳から事務所に所属し、芸能活動を続けてきた小関裕太さん。

高校は堀越高校で、大学には通っていないようです。

小関裕太さんはテレビで度々得意な英語を披露していますが、父親に教えてもらったおかげだと本人が公言しています。

イギリスやハリー・ポッターが大好きで、イギリスの母国語である英語を身に着けるきっかけになったのかもしれませんね。

芝居好き、音楽好き、ダンス好き、苦手なものがないのではないかと思わせられる、オールマイティーぶりを見せてくれる小関裕太さん。

これからもどんな活躍を見せてくれるのか、楽しみですね。

 

スポンサーリンク