片山さつきはミス東大?財務省エリートの経歴や夫を調査!

政治・人物・ニュース

片山さつきさんは、東大法学部卒業後、エリート中のエリートが集まる財務省へ入省し今では、官僚出身の国会議員となっています。ミス東大だったという噂もありますが本当でしょうか?

財務省では、エリートコースを駆け上がってきた片山さつき氏の夫も気になります。

華やかさと輝かしいキャリアを持ち、まさにガラスの天井を突き破ってきた片山さつき氏!

今回は「片山さつきはミス東大?財務省エリートの経歴や夫を調査!」と題して紹介します。

 

スポンサーリンク

片山さつきはミス東大?

 

片山さつき氏は「ミス東大」とよく言われてますが、東大では実際のミスコンは1997年から始まっているので正確には片山氏は「ミス東大」ではありません。

片山さつき氏は1982年に東大を卒業と同時に大蔵省(現財務省)へ入省しているので当時はまだミスコンテストは開催されていませんでした。

雑誌non-noに片山さつき氏が掲載された事が「ミス東大」と呼ばれるようになったきっかけのようです。またananにも読者モデルとして出ていたとか。

当時の典型的な読者モデルにピッタリなうえ、片山氏は東京大学在学中という肩書を持っていたため、雑誌non-noやananでもてはやされ、ミス東大とチヤホヤされたのかもしれませんね?

当時の掲載画像を探してみましたが確定的なものは見つけられませんでした(>_<)

片山氏が東大を卒業した1980年代はサブカル・コピーライターがもてはやされ広告文化が開花した頃でもあります。バブル到来前の「女子大生が雑誌モデルに!」というパイオニアの一人なのかもしれません。

この時代に流行したCМの一つに片山さつき氏の夫の父親が創業した会社・マルマンH&B(現・マジェスティ ゴルフ)が大ヒットさせた禁煙パイポのキャッチコピー「私はこれで会社を辞めました」があったんですね。小指を立てるこのCMを覚えているという人も多いでしょう。

 

スポンサーリンク

片山さつきの財務省エリート経歴は?

 

片山さつき氏は1959年、埼玉で誕生しました。父親が数学者で大学教授という家庭環境のもと育った片山氏は幼い頃から勉学に励み、浦和市立高砂小学校では天才少女といわれました。IQも高かったんでしょうね。

また、勉強だけでなく遊びや音楽も好きでとても活発な女の子だったようです。進学校である東京教育大附属中・高校一貫校(現在は筑波大附属中・高)へ入学した優秀な片山氏は、塾の講師からも神童と見られていたほど成績も良く将来有望な生徒でした。

文武両道の片山氏は中・高時代テニス部に所属。

片山氏の学校は学習院中等科・高等科とスポーツ定期対抗戦を行っていたことからテニス部所属だった片山氏は学生時代の天皇陛下(浩宮さま)とお目にかかったことがあるとか。直接の対戦はなかったそうです。

1978年、片山氏は東京大学法学部へ進学し在学中はテニス部に所属しながらサッカー部のマネージャーや読者モデルをしたりとても多忙で食事やデートのお誘いも沢山あったようです。

世界を飛び回る職業へ就く事をあきらめ、国家の予算編成に関わって将来の日本を支えていくという志を抱いた片山氏は1982年、大蔵省(現・財務省)に入省します。

財務省入省の1982年組はこれまでの採用とはちがい、当時の渡辺美智雄大臣の「青きインテリばっかしじゃこれからの大蔵省は務まらんぞ。変わったやつ、面白い奴をどんどん採ったから、将来が本当に楽しみだ」との号令で入省した官僚たちでした。

82年採用者の出身大学が東大法学部だけでなく経済学部、一橋、京都、大阪、慶応、早稲田とバラエティーに富んでいました。所属していた部活も体育会系を採用していたそうでこれは渡辺大臣が首相候補への階段を上り始めていたそちらの面でも意識された人事でした。

頭脳明晰な方たちの集まりには変わりないのでしょうが、何かと注目された82年組の紅一点として入省した片山さつき氏はキャリアを積み上げていきエリートコースを順調に駆け上がります。

 

片山さつき財務省時代主な経歴

1984年~86年:外務省外の女性で初めてフランス国立行政学院に留学

1997年7月:大蔵省官房企画官兼銀行局総務課債権等流動化室長に就任

2000年7月:大蔵省官房文書課政策評価室長に就任

2004年7月:財務省主計局主計官(防衛係担当)に就任

2005年8月:23年勤めた財務省を退官

 

この中でも注目すべきは2004年に片山氏が女性初の主計局主計官に就任した事です。

主計局は全省庁の予算編成権を握る財務省の中でも花形部署!その中で主計官のポストは官僚の最高峰である事務次官への登竜門でありエリート出世コースと見られています。そのポストに女性初の就任となった片山氏は相当優秀だったのでしょうね。

 

2005年9月の衆議院選挙で「小泉チルドレン」の一人として静岡7区から自由民主党公認で出馬し初当選!構造改革の担い手として活躍します。

2009年衆議院選挙では自民党与党が大敗して落選(>_<) 

2010年参議院選挙で返り咲き再び国会へ戻ってきます。

現在は新型コロナウイルス対策に金融調査会長として取り組みまたスーパーシティ構想の実現に力を注いでいます。

 

スポンサーリンク

片山さつき氏の夫は?

片山さつき氏は、皆さんもご存じの通り大蔵省在職中に当時東大助教授の舛添要一氏とお見合い結婚をしましたが3年ほどで離婚しています。

翌年、片山龍太郎氏と再婚しました。片山龍太郎氏はマジェスティゴルフ株式会社創業者のご子息です。

片山龍太郎氏は慶應義塾大学経済学部卒業後、慶応義塾大学大学院社会学研究科修士課程を修了したあとハーバードへ進んだまさにハイスペック御曹司!

片山さつき氏はセレブな再婚のあとも財務省主計局主計官にまで上り詰め、さらには衆議院出馬を了承するほどバイタリティあふれた女性なのですね。

 

スポンサーリンク

片山さつきはミス東大?財務省エリートの経歴や夫を調査! まとめ

片山さつき氏は「ミス東大」ではありませんでした。雑誌non-noに片山さつき氏が掲載されたがミス東大と呼ばれるようになったきっかけのようです。

幼少期から神童とよばれるほど誉れ高き片山さつき氏は、東大時代のモデルで活躍した表現力・発信力や頭脳明晰さを活かし財務省では女性初の主計局主計官に就任しました。小泉元首相に出馬を依頼されていなければ、官僚の最高峰である事務次官になっていたでしょう。

現在、片山氏は政治家として力を発揮しさらに改革派として政策の実現に進み続けています。

片山さつき氏再婚相手・夫の片山龍太郎氏はマジェスティゴルフ株式会社創業者の御曹司です。

片山夫妻は多忙の中の休日にはテニスを楽しんだり、またペットのウサギには溺愛なんだとか。

これからも政治家片山さつき氏の活躍を期待したいですね。

国会議員の給料(歳費)総額はこちらでまとめていますのでご覧ください。

国会議員の給料歳費総額一覧まとめ!年収総額はいくらになる?

 

スポンサーリンク