トヨタ未来都市の場所・建築予定地はどこ?大きさや最寄り駅を調査!

未分類

トヨタ自動車の未来都市づくりが2021年2月23日始動しました。場所・建築予定地はどこなのでしょう?その大きさ規模や未来都市完成時の最寄り駅も気になります。

今回はトヨタ未来都市の場所・建設予定地はどこなのか、大きさや最寄り駅について調べました。

スポンサーリンク

トヨタ未来都市の場所・建設予定地はどこ?

トヨタ未来都市の建設予定地は2020年12月に閉鎖した静岡県裾野市にあるトヨタ自動車東日本東富士工場跡地です。

  • 地図

 

トヨタ未来都市、その名は

   「ウーブン・シティ」

といい2月23日にいよいよスタートを切りました。2025年には入居が始まるそうです。

自動運転や人工知能(AI)、ロボットなど未来の街づくりが本格的に始まったということですね。

今まで想像の世界、漫画の世界だったことがリアル社会で着実に進んでいくのです!

どんな未来都市が完成するのか今から楽しみで待ち遠しい限りです。

スポンサーリンク

トヨタ未来都市の大きさや最寄り駅は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

萬屋万之助2(@mannoskey2)がシェアした投稿

トヨタ未来都市の大きさ

トヨタ未来都市「ウーブン・シティ」の大きさ、建設用地の広さは70.8平方メートルです。その内最初に整備するのは約5万平方メートルの広さになります。

ここは建設用地の南端に当たりトヨタ自動車東日本東富士工場当時は工場で生産された完成車両を置いていた場所になります。

ズラッと並んでいた新車の場所が新しい街作りの最初の場所になるのも何かの縁かもしれません。

新車が来ると「わくわく」しますが、未来都市もできると「わくわく」感が高まります。

ウーブン・シティが完成するとまず最初に入居するのが高齢者や子育て世代約360人と想定されています。

自動運転や人工知能(AI)、ロボットなど未来の街にまずは弱者といわれる高齢者と次世代を担う子供をもつ世代に住んでもらい、集めたデータを活用して最適なサービスの提供を目指します。

その後トヨタの従業員を含む約2000人規模の街に成長させていく構想のようです。

未来都市構想実現のため社会課題解決を図る技術革新が必要とされますが、現在その革新に3600の個人・法人からパートナーになりたいと応募があったということなので期待の大きさがうかがわれますね!

70.8平方メートルというのは東京ディズニーランド約1.5個分(約70万平方メートル)の広さです。

この広大な広さの中に自動運転用や歩行者用などの道が網の目のように整備されるという壮大な構想です。

スポンサーリンク

トヨタ未来都市の最寄り駅は?

トヨタ未来都市の最寄り駅は

   JR岩波駅

です。

ウーブン・シティが完成すると他の都市との交流や人口の増加が予想されることから裾野市は、JR岩波駅とウーブン・シティ周辺整備のためにすでに3人の専属職員担当者を配置したそうです。

裾野市がウーブン・シティに寄せる期待度は相当なものですね。

担当者は

人の流れが一方通行ではいけない。中と外の行き来を活発化したい

と意気込みを話していました。

スポンサーリンク

トヨタ未来都市の建設予定地はどこ?大きさや最寄り駅を調査!まとめ

トヨタ未来都市がいよいよ始動し、これからどんな夢の街になっていくのかが楽しみですね。

トヨタは整備する施設など詳細をまだ明らかにしていないのですが、スマートシティへの期待は膨らむばかりです。

これからもトヨタ未来都市「ウーブン・シティ」に注目していきたいと思います!