トヨタ未来都市ウーブンシティの場所はどこ?最寄り駅や大きさを調査!

未来・次世代

トヨタ自動車の未来都市づくりが2021年2月23日始動しました。場所・建築予定地はどこなのでしょう?その大きさや未来都市完成時の最寄り駅も気になります。

今回はトヨタ未来都市の場所はどこなのか、最寄り駅や大きさについて調べました。

スポンサーリンク

トヨタ未来都市ウーブンシティの場所はどこ?

人中心の街がいよいよ動き出します!というトヨタ未来都市のCMが話題です!

トヨタ未来都市の建設予定地は2020年12月に閉鎖した静岡県裾野市にあるトヨタ自動車東日本東富士工場跡地です。

トヨタ未来都市、その名は

   「ウーブン・シティ」

  • 地図

トヨタ未来都市はウーブン・シティといい2021年2月23日に地鎮祭が執り行われ、いよいよスタートを切りました。

ウーブンとは日本語に訳すと「織られた」という意味で、 自動運転の車用の道や歩行者用の道などが網の目のように整備される構想

トヨタはもともとは織機の会社だったのであんな大企業になったことにもウーブンという命名に関係しているのでしょうか??

地下には物流用のシステムなどが考えられているそうですよ。まさに未来のための実験都市をトヨタが試行錯誤しながら創り上げていくというものです。

2025年には早くも入居が始まるそうです。いったいどんな街になるのでしょうね?

自動運転や人工知能(AI)、ロボットなど未来の街づくりに興味津々です!

今まで想像の世界、漫画の世界だったことがリアル社会で着実に進んでいくのですね!

スポンサーリンク

トヨタ未来都市ウーブンシティの最寄り駅や大きさは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

萬屋万之助2(@mannoskey2)がシェアした投稿

 

トヨタ未来都市ウーブン・シティの最寄り駅は?

トヨタ未来都市ウーブン・シティの最寄り駅は

   JR岩波駅

です。

ウーブン・シティが完成すると他の都市との交流や人口の増加が予想されることから裾野市は、JR岩波駅とウーブン・シティ周辺整備のためにすでに3人の専属職員担当者を配置したそうですよ。

裾野市がウーブン・シティに寄せる期待度は相当なものですね。

担当者は

人の流れが一方通行ではいけない。中と外の行き来を活発化したい

と意気込みを話しています。

トヨタ未来都市ウーブン・シティの大きさは?

トヨタ未来都市「ウーブン・シティ」の大きさ、建設用地の広さは70.8万平方メートルで、TDLの1.5倍もの広さになります!

その内最初に整備するのは約5万平方メートルで、トヨタの社員を中心とする360人程度の街からスタートする構想なのだそう。

開発スタート地は建設用地の南端に当たりトヨタ自動車東日本東富士工場で生産された完成車両を置いていた場所なのです。

ズラッと並んでいた新車の場所が新しい街作りの最初の場所になるのも何かの縁かもしれません!

自動運転や人工知能(AI)、ロボットなど未来の街にまずは弱者といわれる高齢者と次世代を担う子供をもつ世代に住んでもらい、集めたデータを活用してトヨタが得意とする「カイゼン」を試みながら最適なサービスの提供を目指します。

その後トヨタの従業員を含む約2000人規模の街に成長させていく構想のようです!夢が広がります!

未来都市構想実現のため技術革新が必要とされますが、現在その革新に3600の個人・法人からパートナーになりたいと応募があったということなので期待の大きさがうかがわれますね!

 

スポンサーリンク

トヨタ未来都市ウーブン・シティの場所はどこ?最寄り駅や大きさ まとめ

トヨタ未来都市ウーブン・シティがいよいよ始動し、これからどんな夢の街になっていくのかが楽しみですね!

トヨタ未来都市ウーブン・シティの最寄り駅はJR岩波駅(静岡県裾野市)です。

ウーブン・シティの大きさはTDLの1.5倍で、建設用地の広さは70.8万平方メートルです。

トヨタは整備する施設などの詳細をまだ明らかにしていないのですが、スマートシティへの期待は膨らむばかりです。

ヒト中心の都市でありながら地下物流システムやロボット、自動運転車両などの最先端技術を活かして実証実験しながら便利で安全なまちづくりに力を注ぐトヨタに期待しましょう!

これからもトヨタ未来都市ウーブン・シティに注目していきたいと思います!