峯村健司の経歴や評判は?中国で拘束20回も経験あるって本当?

エンタメ

 

峯村健司さんは、日本のジャーナリストです。元朝日新聞社の記者として、多くのスクープをあげたジャーナリストとしても、知られています。

しかし名前や経歴をご存知ない方がほとんどではないでしょうか。そんな峯村健司さんの経歴や評判について調べました。

また峯村健司さんは、中国で拘束20回も経験があるという情報があります。本当なのでしょうか、こちらも調べました。

今回は、「峯村健司の経歴や評判は?中国で拘束20回も経験あるって本当?」と題して紹介します。

 

スポンサーリンク

峯村健司の経歴は?LINE追及で注目!

峯村健司さんの経歴について調べました。峯村健司さんのスクープであるLINE追及についても、合わせて紹介します。

峯村健司さんは、1997年に朝日新聞社に入社しています。入社後は、大津支局、広島支局、大阪本社社会部などで勤務したそうです。

2005〜2006年の間には、中華人民大学に留学。派遣される前の準備だったのでしょうか、翌年2007年には特派員として北京に赴任しています。

2013年までの6年間、中国全土で取材を行ったそうです。

2015〜2018年には、アメリカ総局員(ワシントン特派員)として活動していました。

2021年に、「LINEの個人情報管理問題のスクープと関連報道」で日本新聞協会賞を受賞!
これが、いわゆるLINE追及です。

LINE追及とは、、、

無料通信アプリを運営する「LINE」が、利用者に十分な説明をしないまま、中国の関連会社から個人情報が閲覧できる状態にしていたことを報じたものです。
更に、利用者が投稿した画像や動画データを韓国内のサーバーに保存していたこともスクープ。

峯村健司さんは「LINE」のずさんな運営の実態を暴きました。

一連の報道を受け、国や自治体が対応を迫られるなど、行政にも大きな影響を与えました。

その後、峯村さんは2022年4月に朝日新聞社を退職し、現在は青山学院客員教授、北海道大学公共政策学研究センター上席研究員、一橋大学大学院非常勤講師に就任しています。

 

スポンサーリンク

峯村健司は中国で拘束20回以上も?

 

峯村健司さんは、2007年に北京に特派員(新聞、雑誌、放送などの期間から外国に派遣され、報道にあたる記者のこと)として赴任します。

特派員として勤務した6年間で、短時間のものも含めると、20回以上も中国当局に拘束された経験があるそうです。

拘束されるたびに恐怖を感じ、取調べ中には足の震えが止まらなかったこともあったとか。釈放後に、不眠に悩まされることも多かったそうです。

外国、それも中国で拘束されて取調べを受ける。想像するだけで、怖くなります。峯村健司さんは、どうして拘束される危険を冒してまで、取材をしたのでしょうか。

峯村健司さんは、北京への赴任後、中国の官製メディアの記事を翻訳し、記事を書くことに疑問を感じていたそうです。

どうにか独自の報道ができないか、それを模索していました。

中国では、日本とは比べものにならないほど、厳しい情報管理と報道規制がなされており、取材にも応じてもらえない状況だったとか。

その結果、”インターネット上の噂を元に、中国全土どこへでも向かい取材をする” というスタンスになったそうです。

軍事関連、北朝鮮との国境、サイバー攻撃の発信源などの噂がある場所は、どこも中国当局が神経を尖らせる場所ばかり。

峯村さんは、そういったところで取材を続け、スクープもあったものの拘束されてしまうことが増えたようです。

 

スポンサーリンク

峯村健司の評判&プロフィール

 

峯村健司さんの評判とプロフィールについても調べました。

峯村健司プロフィール

名前:峯村 健司(みねむらけんじ)
生年月日:1974年8月21日
出身:長野県
学歴:青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科卒業
職業:ジャーナリスト、元朝日新聞編集委員
外交、米中関係、安全保障の専門家
受賞歴
2011年 ボーン上田記念国際記者賞
2021年 日本新聞協会賞

峯村健司さんは、1974年に長野県で生まれました。東京都立青山高等学校、青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科を卒業しています。

東京都立青山高等学校は、東京都渋谷区にある都立高校です。現在の偏差値は、71となっています。

「国公立大学を目指す進学校」を目標に、大学を視野に入れた質の高い授業を行っているのが特徴の学校です。

青山学院大学は、東京都に本部を置く私立大学で、通称「青学」。

原 晋監督率いる青学の陸上競技部は箱根駅伝でも有名ですよね。峯村健司さんが通っていた国際政治経済学部の現偏差値は、62.5〜65となっています。

そんな峯村健司さんの評判は、どうなのでしょうか。

中国で20回以上も拘束されながらも、報道し続ける姿勢を評価する声がある一方で、安倍元首相とかなり親密な関係であることから、批判的な意見も多くみられました。

実際に、安倍元首相が他雑誌のインタビューを受けた際、公表前のその原稿を見せるように迫ったことから停職処分になり、退職することになったようです。

その一方で、峯村さんを擁護する投稿もみられます。

 

スポンサーリンク

峯村健司の経歴や評判まとめ

現在は、朝日新聞社を退社し、様々な大学、大学院の教職を務める峯村健司さん。

ある意味、強引な手法で様々なスクープをあげてきた一方、中国当局からの拘束が20回以上と衝撃的な経歴の持ち主であることがわかりました。拘束から解放されてよかったですね。

従来の朝日新聞社の社説や切り口とは反対の考えのように思える峯村健司さんは、防衛問題の本質についても遠慮ないものいいでした。

朝日新聞社を去った今、峯村健司さんがどのような活動をしていくのか、注目したいですね。

峯村さんは中国の内情に詳しいジャーナリストですが、中国研究の第一人者、興梠一郎さんについてはこちらで紹介しています。

興梠一郎の評判学歴や経歴は?中国情報ツウになったのはなぜ?

 

スポンサーリンク