授乳中お酒入りアイスやお菓子は大丈夫?アルコールは何時間あける?

育児

妊娠前は毎日晩酌していたしお酒大好きだけど、授乳中お酒入りのお菓子は大丈夫なの?と不安なママもいるのでは?

「アルコールを飲みたいけど、どの位なら飲んで大丈夫?」

「アルコールを飲んだら、次の授乳まで何時間あければいいの?」

そんな疑問を持っているママも、案外多いのではないでしょうか。お酒好きなママは、妊娠中から卒乳まで我慢するなんて辛いですよね。

またアイスやお菓子にも、風味づけや香りづけにアルコールが使われている場合もあります。

アルコールが使われているアイスやお菓子も食べない方がいいのでしょうか、気になりますよね。

今回は「授乳中お酒入りアイスやお菓子は大丈夫?アルコールは何時間あける?」と題して紹介します。

 

スポンサーリンク

授乳中アルコール何時間あける?

授乳中にアルコールを飲んだ場合、次の授乳まで何時間あければいいのでしょうか。

ママの飲んだアルコールは、母乳に移行します。

それは、母乳はママの血液から作られているため。ママの血液中に含まれるアルコールは、母乳にも含まれることになります。

母乳中のアルコール濃度は、飲んでから30〜60分がピークと言われています。その5倍の時間が経つと、体から無くなったものと考えられます。

そのため、次の授乳までは最低2時間以上あけた方がいいでしょう。

飲酒量については、ビールなら350mlを1本、グラスワインなら1杯が目安と言われています。

ですが、アルコールの代謝能力は人によって異なります。お酒が残りやすいママさんは、さらに時間をあけて、アルコールの影響を感じなくなるまで待ったほうが安心です!

新生児は授乳回数が多く、次の授乳までの間隔が短くなりがちです。「飲んだばかりで授乳できない!」とならないよう、アルコールを飲むタイミングには気をつけましょうね。

アルコールが赤ちゃんに与える影響やリスクは、はっきりしていないものが多いです。

またアルコールによって、母乳を作っているホルモンが分泌されにくくなり、母乳量が減少してしまう場合もあるようです。

授乳中にアルコールを飲むのは、避けた方がいいとされていますが、もし飲む場合には次の授乳まで2時間以上あけるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

授乳中のお酒入りアイスやお菓子は大丈夫?

アルコールは、アイスやお菓子にも含まれている場合があります。アルコールが含まれているものは、食べ過ぎに要注意!

アルコール入りのお菓子でも、加熱することでアルコールが蒸発するため、焼き菓子などはあまり心配しなくても良さそうですよ。

洋酒入りのチョコレートやラムレーズンなどを使用したものはアルコール度数が高いので、2時間以上あけるか避けた方がいいですね。

パン屋さんやケーキ屋さんで購入する時は、アルコールを使用しているか聞けば教えてくれるはず。

またスーパーで売られているものは、成分表を確認すればアルコールの使用がわかる場合があります。かわいい我が子のためにも安心して食べられるものを選ぶのがいいですね。

もしアルコールを使用したアイスやお菓子を食べたい場合は、少しの量にして、アルコールを飲んだ時と同じように、2時間以上あけて授乳するのがベターですね。

 

スポンサーリンク

授乳中に気をつける食べ物は何?


アルコール以外にも、授乳中に気をつける食べ物はあるのでしょうか?

基本的に、ママの口に入るものは母乳に反映されます。なので普段から大量に食べない方がいいものは、授乳中にも要注意の食べ物です。

まずは、糖質や脂質の多い食べ物大量に食べない方がいいですよ。例えば、揚げ物や菓子パン、スナック菓子など。乳腺が詰まる原因となり、乳腺炎を引き起こすことがあります。

母乳の出を悪くしないためには、体を冷やす食べ物や飲み物は避けた方がいいでしょう。体を冷やすことで血流が悪くなり、母乳の出が悪くなります。

またアルコールと並んで、カフェインも授乳中は要注意。アルコール同様、赤ちゃんの発育や脳の発達に影響を及ぼすとされているからです。

1日2〜3杯のカフェイン飲料は問題ありませんが、過剰摂取すると赤ちゃんの寝つきが悪くなったりすることがあるそうです。

カフェインは、コーヒーや紅茶だけでなく、緑茶やチョコレート、栄養ドリンクにも含まれています

そのため、つい無意識のうちに摂取してしまいがちなので摂取量には気をつけたいですね。

パパは好きなもの食べられるのに、ママは制限されてばかりで割が合わないですよね(>_<)

 

スポンサーリンク

授乳中のアルコール まとめ

ここまでは、授乳中にアルコールを飲んだ時は何時間あければいいのか?アルコール入りのアイスやお菓子は大丈夫なのか?その他に気をつけた方がいい食べ物について紹介してきました。

ここでは、これまでにご紹介してきた内容を簡単にまとめてみたいと思います。

まず前提として授乳中はアルコールは避けた方がいいです。もし飲む場合は、量と度数に気をつけてください。次の授乳は、2時間以上あけることを忘れずに。

アルコール入りのお菓子は、アルコールそのものほど神経質になる必要はありませんが、アルコール度数の高いアイスやお菓子を食べた時は、授乳まで2時間以上あけた方が安心です。

授乳期に気をつけた方がいい食べ物は、アルコール以外にもあります。

油分や糖分の多いものは乳腺炎の原因となりますし、体を冷やすものは母乳の出を悪くする場合があります。詳しくはこちらでも紹介しています。

カフェインを大量に摂取するのは、赤ちゃんに影響が出る場合がありますのでやめましょう。

授乳中は、制限も多くストレスも溜まるもの。ストレス発散にカンパーイといきたいところですがアルコールを飲んだり、アルコール入りのお菓子を食べる時は、頻度や量に気をつけて、うまく付き合っていきたいですね。

母乳育児で痩せるって本当?痩せる時期やメリット&デメリットも!

 

 

 

スポンサーリンク