ランニングの効果的な時間帯は?最適なのは朝、夜どっち!?

ランニング

スポンサーリンク

あなたのランニングを始めたきっかけは何ですか?目的を達成するのに効率的な時間帯でランニングをしましょう!

ポッコリお腹が出てきたり、脚が太いからとダイエット目的で始めた人もいるでしょう。運動不足なので体力向上のため、年を取ってきて健康維持のために始めた人も多いと思います。

ランニングは朝でも昼でも夜でも時間に関係なく楽しめるスポーツです。

あなたの目的を効率よく達成するためには走る時間帯や食事について知っておくことも大切です。

今回は「ランニングの効果的な時間帯は?最適なのは朝、夜どっち!?」と題して紹介します。

朝ランニングの効果

  • ダイエット目的のランニング

あなたがダイエットが目的でランニングを始めたのなら朝食前の時間帯のランニングをおすすめします。

ランニングなどの有酸素運動をするとまず消費されるのが体内に蓄積されたグリコーゲン(糖分)です。グリコーゲン(糖分)が消費されたのち脂肪燃焼が始まります。

体内に貯蔵されているグリコーゲン量には限界があるため、グリコーゲンのみでは長時間運動を続けることができません。そこで、体脂肪を分解してエネルギー源にする方法に切り替えます。

                 引用元:健康長寿ネット

スポンサーリンク

脂肪が燃焼されることでダイエットに繋がるのですが早朝は血糖値が最も低い状態にあります。

この状態でランニングをするとエネルギーとなるグリコーゲン(糖分)が少ないので優先的に脂肪をエネルギーとして消費することに繋がります。

効率よく脂肪燃焼ができるというわけですね。

清々しい早朝、空気が澄んでいる時間にランニングをするのはとても気持ちよいものです。

朝起きたては体温も低い状態ですがランニングにより体温を上げ、身体を目覚めさせることにもなります。代謝が上昇し1日のエネルギー消費量も増加し脂肪燃焼率もよくなります。朝ランニングはダイエットには最適の時間帯といえるでしょう。

しかし気をつけなければならないこともあります。それは低血糖のためめまいを引き起こすかもしれません。

めまいで転倒してケガでもしたら本末転倒になってしまうので気をつけましょう!

心配な時はバナナを食べることをおすすめします。バナナはすぐにエネルギーに代わるため有効な食べ物で東京マラソンなどでランナーの給食の定番となっています。

朝ランニングのあとはしっかりと朝食を摂りましょう!

水分も大事ですね。夜寝ている間に200ccの水分が体内から出ていきます。水分が少ないと血液がドロドロの状態になっていますので走る前にコップ1杯の水を飲みましょう。

ランニング中もこまめに水分補給をすることをおすすめします。長時間のランニングであれば糖質・ミネラル補給のできるスポーツドリンクがいいですね。

朝ランニングをすると身体も脳もスッキリして特に脳の活性化に繋がるでしょう。仕事や勉強にも好結果が期待できますね。

スポンサーリンク

夜ランニングの効果

  • ストレス解消のためのランニング

夜ランニングをするということは勉学や仕事が終わってからですよね?

勉強はもちろん仕事にはストレスはつきものです。しかしストレスをため込むと身体に悪影響を及ぼします。

ストレスは発散することが大切です。そのための時間帯として夜ランニングをすることをおすすめします。

疲れていて走り出すまではいやな日もあるかも知れませんが(私がそうです。笑)走り出してしまえば走り終わった時に爽快感や達成感があるはずです。

汗をかいた後、お風呂に入ってスッキリとし一日のストレスを解消できます。

  • 熟睡のためのランニング

あなたは就寝時、熟睡できていますか?ストレスを溜めないことも熟睡に繋がりますが、就寝1~2時間前の時間帯にランニングをすることで熟睡効果を高めることができます。

人が休息する時は体温が徐々に下がっていきます。体温が下がっていく時に眠気はやって来ます。就寝1~2時間前にランニングをすることは体温を上げる効果があるのです。

体温が上がった状態で寝床に入ると体温が下がっていく時に眠気がくる効果があり熟睡へと導いてくれます。

熟睡のためには就寝の1~2時間前にランニングをすることをお勧めします。寝る直前にランニングをすると逆に脳が活発になった状態なので熟睡にならず浅い眠りとなるので注意しましょう!

スポンサーリンク

  • 美肌効果のためのランニング

熟睡することはお肌にもよいといわれています。しかし昼間のランニングはもちろん朝ランニングでも相当の紫外線を浴びることになります。

お肌のためにはランニング前に日焼け止めクリームなどを塗って紫外線対策をする必要があります。

夜ランニングでは朝や昼のような日差しがないため紫外線の影響を受けにくいので美肌効果のためには夜ランニングすることをお勧めします。夜だとすっぴんで走ることもできますしね!

  • 夕食はいつ食べる?

夕食はきっちり摂りたいものですよね。食事を摂った後は2時間ぐらいは時間を空けてからランニングすることが望ましいです。

食事をして2時間後に走り出し、その後1~2時間後に就寝となると就寝時間が相当遅くなってしまいますよね。

私の場合は、ランニング後に食事をしています。

仕事が終わり帰宅後、約1時間ランニングをしてお風呂に入ってから夕食を摂り、食後約2時間してから就寝です。

それぞれに生活のリズムがあるので理想的な時間配分は難しいかもしれませんが生活リズムを大切にして少しでも理想に近づけた時間配分をして下さい。

スポンサーリンク

  • 筋力を落とさない食後ランニング

ダイエットでランニングをしているのではなく体力向上、筋力をつけるのが目的でランニングを始めた人は食事が重要になってきます。

体内に蓄積されたグリコーゲン(糖分)が消費されて筋肉エネルギーが消費されず筋肉量が落ちないために食後にランニングすることをおすすめします。

食事をしてから2時間ぐらいはそ空けるのが理想ですが最低でも消化が落ち着いてくる1時間後ぐらいから走りましょう。食後直ぐは胃に負担がかかりお腹が痛くなったりしますのでやめましょう。

  • 夜ランニングの注意点

夜は昼間と違って視界が悪く特に車や単車などに注意しなければなりません。ドライバーから気づかれやすい反射板つきのグッズを身につけて走りましょう。

ランニングウェアも目立つ明るめの色を選んだり、反射テープを腕に巻くなどの工夫をしてドライバーから見えやすい工夫をしましょう。

車などが走行しないランニングコースがあればいいですがなかなか理想のコースはありませんよね。

どうしても公道を走ることになりますができる限り歩道のある所、ガードレールの内側を走りましょう。

ひとりで音楽を聴きながら走る場合は、音量には気をつけて周りの音が聞こえるようにしておくことが大切です。

真っ暗な道ではなく、できる限り街灯があるところを走るようにしましょう。暗くて段差に気づかずつまずいて転倒してケガでもしたら大変です。

スポンサーリンク

ランニングの効果的な時間は?最適なのは朝、夜どっち!?まとめ

時間にとらわれずできるのがランニングのいいところですが、夏が近づいてくると昼間は体力的にもきついですし脱水症状にも気をつけなければなりません。

蒸し暑さを感じる時期は朝ランニングで身体を目覚めさせ、夜ランニングでストレスを発散させて熟睡につなげましょう。

今回は「ランニングの効果的な時間帯は?最適なのは朝、夜どっち!?」と題して紹介しました。

ランニングをしてしっかり汗をかき健康的にスッキリと毎日を過ごしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。