おいでやす小田の元相方はだれ?M-1効果で年収何倍になったの? 

エンタメ

 

最近TV出演が激増したお笑い芸人さんは??といえば、この方の名前が挙げられるのでは?

M-1グランプリ決勝進出でブレイクしたおいでやす小田さん!

こがけんさんとコンビ結成し「おいでやすこが」として大ブレイクとなりました!小田さんはツッコミ担当で、なんといってもその特徴は、大声で地団駄するツッコミ芸!

おいでやす小田さんは苦節時代も長かったようで、元相方や年収について気になったので調べてみました。

そこで今回は、「おいでやす小田の元相方はだれ?M-1効果で年収何倍になったの?」と題して紹介します。

 

スポンサーリンク

おいでやす小田の元相方はだれ?

 

おいでやす小田さんはお笑いコンビ「おいでやすこが」のツッコミ担当。なんといってもその特徴は・・・大きな声でのダイナミックなツッコミ!ですよね。

現在の相方といえばこがけんさんですが、彼とコンビになったのは2019年からと割と最近なのです。

それまでは一体どのように活動してきたのか?気になりますよね(^^)

小田さんは大学時代の昼休み、衝動的にNSCのパンフレットを取りに行ったそう。

両親の反対を押し切って芸人になることを決意したという本名、小田芳裕(おだよしひろ)さん!

2001年、初代の元相方は主に関西中心に活躍中のモンスターエンジン・西森洋一さん!「神々の遊びコント」で一時ブレイクしていましたよね。

そのコンビ名は「蛇腹」でしたが1年半で解散(>_<)

そのあと2003年頃からは奥重敦史さん(現・吉本新喜劇)と「土瓶」というコンビで4年半の活動後、これまた解散(>_<)

蛇腹に土瓶、演技悪そうな名前ですよね。

 

最近撮った吉本祇園花月でのおいでやす小田さんと奥重敦史さんとのツーショット写真がこちらです。

今でも仲はいいようですね。

 

その後もコンビ結成と解散を繰り返し、2008年頃からはピン芸人として活動することとなります。
R1グランプリでは決勝進出の常連になっていました。お笑い芸人としての腕は持ち合わせていたのですね。

ところが漫才への情熱が尽きず、ピン芸人になったあとも毎年即席コンビを結成してはM-1グランプリに出場していました。

2015年から元相方の奥重敦史さんと「土瓶」というコンビ名からバージョンアップした「スーパー土瓶」というコンビ名でM-1に出場していました。

2015年は3回戦敗退、2016年2回戦敗退、2017年準々決勝敗退という結果でした(>_<)

またThe Wの優勝経験者でもあるピン芸人の、ゆりやんレトリィバァさんとも「おいでやすレトリィバァ」というコンビ名で2017年、18年と即席コンビを結成していたというのには驚きです!

その年はどちらも3回戦敗退という結果に終わっていますが、、

 

2017年は「スーパー土瓶」と「おいでやすレトリィバァ」のWエントリーで出場していたのには驚きました!

 

そして2019年に、こがけんさんと「おいでやすこが」としてM-1に出場。この年は3回戦敗退でしたが、このユニットが小田さんのお笑い人生で初のブレイクへとつながっていきます。

2020年のM-1では、「おいでやすこが」がみごと決勝進出を果たし、優勝は逃したものの現在ではバラエティー番組など数多くのTV番組でツッコミたおしております

そのツッコミぶりは、ジェット機のエンジン音に相当する100デシベルほどにもなるとか!

 

スポンサーリンク

おいでやす小田はM-1効果で年収何倍になったの?

長い間下積み時代を築いてきた、おいでやす小田さん。これだけ活躍しているのなら現在、かなり稼いでいるのでは??

年収が何倍になったのかメチャメチャ気になりますネ。

実際のところM-1 に出る前の月収は15万円程だったという話ですが、翌年の1月・2月で当時の年収をあっさり超えたというから驚きです。

やっぱり芸人は売れてナンボですよねえ。

つまり年収はM-1 前に比べて約6倍近くになっている訳です。イヤ、6倍どころではないでしょう。

3月以降は「おいでやすこが」のテレビ出演が激増し声がれするほどだったのでは?笑

自分の年収が6倍以上に跳ね上がると考えると・・・凄いことですよね!

「おいでやすこが」のコンビ出演だけでなく、おいでやす小田がピンでも出演しまくっているので現在の年収はさらにさらに増え続け稼ぎまくっていることでしょう。

NHKの朝ドラ「カムカムエブリバディ」で京都の酒屋のおっさんにまで抜擢されるほどのブレイクぶり!酒屋ではまさに「おいでやすー」っていうセリフでした。

確定申告で小田さん自身納税額に驚くのでは⁇

芸人はそういった面でも夢があるお仕事ですよね!!

しかし誰でも夢を叶えることができる訳ではないというのも事実です。

そんな中、みごとブレイクを果たした、おいでやす小田さん。

ご自身のネタの道具にもしている「ロレックス」の本物を手に入れる日も近そうです ♪

 

スポンサーリンク

おいでやす小田の評判やwikiプロフィール

 

おいでやす小田さんの評判で1番多かった声は意外にも「可愛い」でした。まさかでした(笑)

「いい意味でうるさいw」などの声もありましたが、これには私も同感です(^^) 

なんせ100デシベルなんですから!

怒鳴り散らす芸風の芸人さんは他にもいますが、おいでやす小田さんの場合はただ声が大きいだけではなく、その場の空気を和ませることができる人かもしれませんね。

そんな雰囲気を持っていることが「可愛い」という声に繋がっているのでしょう。

 

おいでやす小田プロフィール

本名:小田 芳裕(おだ よしひろ)
生年月日:1978年7月25日

身長/体重:173cm/65kg
血液型:A型
趣味:バスケットボール
ユニット名:おいでやすこが(ツッコミ担当。相方はこがけん)
所属:吉本興業東京本社
京都府文化観光大使に任命されている
ツイッター:おいでやす小田@京都大好き芸人
インスタグラム:おいでやす小田 (@oideyasuoda)
ユーチューブ:おいでやす小田の「どストレートチャンネル」

 

スポンサーリンク

おいでやす小田まとめ

2001年、お笑い界に登場したおいでやす小田さんでしたが苦節時代が続きました。

初代の元相方はモンスターエンジンの西森洋一さんで、コンビ名「蛇腹」で1年半での解散。

次の相方は、現吉本新喜劇の奥重敦史さんで、「土瓶」というコンビ名でこれまた解散しています。

ピン芸人となってからはR1グランプリで決勝進出の常連でお笑いの素質は持ち合わせていたようです。

漫才をあきらめきれずに即席コンビでM1グランプリにも出場しているうち、2020年のM-1でおいでやすこがのユニットでみごと準優勝となり大ブレイクしました。

年収は、今やブレイク前の6倍どころか10倍近くになっているのでは?

一度はピン芸人としての道を歩みながらも、諦めず漫才にチャレンジし続けみごと結果を残すことに成功したおいでやす小田さん。人柄の良さがみえかくれします。人々に笑顔を届けるなんて素敵なお仕事だと思います(^^

趣味はバスケットボールでお笑い界一のバスケ好きだと言われているらしいですが今後バスケネタも見せてほしいですね ♪

これからも、おいでやす小田さんの活躍に期待したいと思います。

こがけん(おいでやすこが)さんの高学歴についてはこちらでまとめていますのでご覧ください。

こがけん(おいでやすこが)学歴高校大学は?小田との結成秘話とは?

 

スポンサーリンク