漁港の肉子ちゃんアニメ本のあらすじは?ネタバレありレビューや感想!

ドラマ・番組・映画

漁港の肉子ちゃんが劇場アニメ映画として上映されます。なんと明石家さんまさんがプロデュースの話題作です。モデルでフルート奏者のCocomiさんも声優として参加しています。

原作は、第152回直木賞を受賞した西加奈子さんで本の売り上げは35万部超!

劇場アニメ映画として上映に先立ち、本のネタバレありレビューやあらすじを紹介します。

スポンサーリンク

漁港の肉子ちゃんの評判!

漁港の肉子ちゃんは、明石家さんまプロデュースという宣伝文句が踊っていますが実は、それだけで注目されているわけじゃないのです!

アニメオタクで有名なニッポン放送のよっぴーこと吉田ひさのりアナウンサーによると、びっくりするほどの名作なんだそう! さんまさんにヨイショしてるわけじゃないと思われますが、ずばり「泣きます!」と言ってました。

数年前にアニメ映画「この世界の片隅に」が世間の口コミから徐々にヒットしていったのと同じようなことが「漁港の肉子ちゃん」でも起こるんじゃないかと思えるほどあったかーい作品だそうですよ。

声優初挑戦のCocomiさんは関西のイントネーションが難しく音符でおぼえたんだとか。

またさんまさんの唯一後悔したことは、、、
大竹しのぶさんのアフレコ部分で「お芋たべ」と勧めるシーンで取り直ししなかったこと!
関西のおばちゃんは「お芋さんたべー」と芋やアメにさんとかちゃんづけするんです。笑

スポンサーリンク

漁港の肉子ちゃんの本のネタバレありレビュー

漁港の肉子ちゃんの本のネタバレありレビューなので気になる人は気をつけて下さいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いかがでしたか?皆さん本を読んで相当よかったようで “感動した” “面白かった” と語っている人が多かったですね!

特に主人公の母親である肉子ちゃんのキャラがなかなか評判?のようでアニメではどう表現されるのかが楽しみです。

今回のアニメではこの肉子ちゃんの声を、プロデュースした明石家さんまさんの元妻・大竹しのぶさんが担当しています。

大竹しのぶさんは今回の肉子ちゃんの声の出演について次のように語っています。

大変なときも、大変なことも「ガハハ」と笑って受け止めちゃう肉子ちゃんを尊敬します。
プロデューサーであるさんまさんは、本当に人が笑っている顔を見るのが好きなんだなぁと
しみじみ思いました。だから、この映画を作ったんだなと。
そこを壊さないよう、みんなにきちんと幸せを届けられるよう頑張ります。

引用:漁港の肉子ちゃん公式サイト

大竹しのぶさんが今回、肉子役で起用されたのは、共同プロデューサーたちの推薦により実現しました。

明石家さんまさんは大竹しのぶさんの推薦について「それならオファーしてみてください」と大竹しのぶさんの推薦を受入れたそうです。

このアニメの監督は「海獣の子供」などを手掛けた渡辺歩監督なのですが、監督も

肉子ちゃんと大竹さんがパチンときた

引用:漁港の肉子ちゃん公式サイト

そうで一番最初に肉子ちゃん役の大竹しのぶさんが決まったそうです。

そしてもう一人大物の声優がこのアニメのボイスキャストに起用されています。

あの大ヒット作品「鬼滅の刃」で主役・竈門炭治郎役を務めた声優・花江夏樹さんで物語の中での重要な少年を演じています。

そして今回はプロ・アマ・性別・年齢問わず、未経験者大歓迎という幅広い声優オーディションが実施されました。

採用されれば肉子ちゃんの娘であるキクコの同級生マリア役に抜擢され、主要キャラクターとのかかわりのある役なので映画のエンドロールにも名前が載るそうです。

選ばれた人は一躍声優界での大きな一歩になること間違いなしですね!
追記:14歳の新人・石井いづみさんがマリア役を務めることが決定しました。
そのほか、吉岡里帆さんやマツコ・デラックスさんが声の追加キャストとして発表されました。

 

U-NEXTについて

U-NEXTでは「31日間無料トライアル登録」を実施中!
・月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
・600円分のU-NEXTポイントをプレゼント
上記特典を利用することで、見放題動画を31日間無料でご視聴が可能ですよ。

U-NEXTでは見放題作品とポイント作品があります。

「ポイント作品・レンタル作品」とは、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。るろうに剣心は199ポイント必要なので3作品が無料で観れちゃいます!

「海獣の子供」を今すぐ観たい方はこちら
⇓⇓⇓

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。
※漁港の肉子ちゃんは公開中のためまだ配信されていません。

漁港の肉子ちゃんの本のあらすじは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プン子(@pun__book)がシェアした投稿

漁港の肉子ちゃんは幻冬舎から2011年8月31日に発売された直木賞作家・西加奈子さんの小説です。

物語では日本海に面する漁港が舞台となっていますが架空の漁港です。

この作品は

『漁港の肉子ちゃん』は東日本大震災前に西さんが石巻市と女川町を旅したことをきっかけに書かれる

引用:石巻日日新聞

イメージは石巻市と女川町近くの漁港だったのでしょうね。

あらすじは

男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、流れ着いた北の町。肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。太っていて不細工で、明るい―キクりんは、そんなお母さんが最近少し恥ずかしい。ちゃんとした大人なんて一人もいない。それでもみんな生きている。港町に生きる肉子ちゃん母娘と人々の息づかいを活き活きと描き、そっと勇気をくれる傑作。

引用:楽天ブックス

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漁港の肉子ちゃん (1)【電子書籍】[ 杉作 ]
価格:770円 (2021/6/13時点)

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク

漁港の肉子ちゃん・本のネタバレありレビュー・感想やあらすじは?まとめ

漁港の肉子ちゃんが劇場アニメ映画として上映されるのが待ち遠しいですね。

大竹しのぶさんや「鬼滅の刃」の花江夏樹さんの起用、声優オーディションの実施などさすが明石家さんまさんのプロデュースといったところです!公式サイトはこちらです。

アニメファンであれば是非足を運びたい作品です。楽しみにしましょう!