新津ちせの父は映画監督で母は舞台女優?ちせは名演技の天才子役!

エンタメ

生後まもなく映画に出演し、2歳で劇団ひまわりに所属して以来、芸能界で活躍している天才子役の新津ちせさん!

新津ちせさんは演技にも定評があり、天才子役として注目されています。そして新津さんの父母についても話題になりましたよね。

今回は「新津ちせの父は映画監督で母は舞台女優?ちせは名演技の天才子役!」と題して、新津ちせさんについてまとめます。

 

スポンサーリンク

新津ちせの父は映画監督で母は舞台女優?

新津ちせは有名映画監督の娘?朝ドラでも名演技の天才子役?

新津ちせさんはNHK応援プロジェクトで結成された【Foorin】のメンバーとしての活動が話題となりましたね。「パプリカ」は老若男女問わず親しめて、家族で口ずさむことができる歌ですよね。

その新津ちせさんは映画監督の新海誠監督と、映画・舞台女優の三坂知絵子さんの間に生まれた娘さんです。

新海監督といえば、2016年に公開された映画【君の名は。】で名前が広く知られるようになりましたよね。

新海ワールドと呼ばれる繊細で美しい風景描写や、キャラクターの心情を現わすような音楽は、映画を観ている人を魅了しています。

母親である三坂知絵子さんは映画【サクリファイス】をはじめ、数々の舞台などに出演されている女優さんです。

 

三坂知絵子さんは中学高校時代から演劇活動していてミュージカル等に参加していました。高校卒業後は、早稲田大学第一文学部演劇映像専修に進学しその後、東京大学大学院に進んだほどの才女です。

新津ちせさんは芸能一家に生まれたこともあり、生後まもなく芸能界入りとなったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

新津ちせは朝ドラでも名演技の天才子役?

 

神木隆之介さんが主演を務めた映画【3月のライオン】では、新海監督の娘であることを伏せてオーディションに参加した新津ちせさんがみごと川本三姉妹の末っ子モモ役を獲得しました。

クランクアップの時に親子であることを公表し、話題になりましたよね。

実力でオーディションを勝ち抜き、役を手に入れた新津さんの演技は本物だと言えるでしょう。

 

また、新津ちせさんは、朝ドラでも名演技ぶりを発揮しています!

エールでは小説家を目指す文学少女という役柄を子役ながら才女風の存在感がありました。

2021年11月から放送されている朝ドラ【カムカムエヴリバディ】では、川栄李奈さん演じるおてんばひなた役の幼少期をみごとに演じています。ひなたは京都出身の設定なのですが新津ちせさんは、耳がいいのか京都のイントネーションがばっちりでした。

ひなた役もオーディションを通して、新津ちせさんに決定したそうです!

関係者は、ひなた役は新津さんがピッタリだった、芝居に対して熱意が伝わってくる、台本には書かれていないその場の雰囲気を察知してお芝居を変化させていく姿は、小学5年生とは思えないと絶賛しています。

視聴者の声も【演技がうまかった】【懐かしい昭和の雰囲気に合っていた】【スゴイの一言】など絶賛していました。

今後のちせさんの成長が楽しみですね。評判やプロフィールをみてみましょう。

 

スポンサーリンク

新津ちせの評判&wikiプロフィール

 

 

新津ちせの評判は?

ここで新津ちせさんの印象や演技の評判をみてみましょう。

新津ちせ演技の評判

演技が上手い

演技に引き込まれる

わざとらしい

肩に力が入っているような演技で、見ていて疲れる

見ていると、新海監督がチラつく

上記のような声が視聴者から寄せられています。どんな俳優さんでも、演技の評判は見る人それぞれなので賛否両論あって当然ですよね。

新津ちせさんが所属する劇団ひまわりの関係者からは台本を1回見ただけでセリフを覚えている】【本番に強い】と絶賛されています。両親から受け継いだ頭の良さからでしょうか?

新津さんが出演した作品の関係者からは【逸材だ】【今後の成長が楽しみな子役】と絶賛されていますよ。

お芝居をするうえで、本番に強いというのは大事ですよね。本領発揮した演技を視聴者に見てもらえるのは役者として嬉しいことでしょう。

今回新津さんの記事を書くにあたり、新津さんのインタビュー記事を読んでみましたがどの受け答えも、自分の考えをしっかり持っていて、それを相手に伝わる言葉で伝えることができる子なんだという印象を受けました。

大人びていて、年齢相応よりもお姉さんな印象でした。幼少期から芸能界で活躍して、大人と一緒に仕事をしていた環境が、なお一層新津ちせさんを大人っぽく見せているのかもしれませんね。

 

新津ちせwikiプロフィールは?

ここで、新津ちせさんのwikiプロフィールを紹介していきます。

新津ちせプロフィール

・名前:新津ちせ(にいつちせ)
・生年月日:2010年5月23日
・出身地:東京都
・身長:116㎝
・所属事務所:劇団ひまわり
・趣味/特技:ダンス、バレエ、歌、英語、タップダンス、日本舞踊、ピアノ
・主な代表作品
  連続テレビ小説【エール】【カムカムエヴリバディ】
【3月のライオン】【喜劇愛妻物語】
・父:新海誠(映画監督)
・母:三坂知絵子(舞台女優)

 

芦田愛菜さんに次ぐ次世代の子役として注目されている新津ちせさん。

今まで出演してきた作品には、オーディションを通して獲得した役も数多くあります。

オーディションは役に合っているかどうかを判断するためのものなので、役柄を見極めて自分の芝居を変化させることが求められるのではないでしょうか。

新津ちせさんは、役柄に応じて表情、話し方、雰囲気を自在に操ることができるのかもしれませんね。新津さんはオーデションが大好きで、審査員に自分の芝居を見てもらうのが楽しみでワクワクすると話しています。

オーディションと聞くと緊張するイメージですが、それすら楽しんでしまう新津ちせさんは役者に向いている性質なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

新津ちせ まとめ

今回は「新津ちせの父は映画監督で母は舞台女優?ちせは名演技の天才子役!」と題して、新津さんについて記事にまとめてきました。

新津ちせさんは、生後まもなく映画に出演し2歳から劇団ひまわりに所属しています。

アニメ監督である新海誠さんと、女優の三坂知絵子さんとの間に生まれました。

新海監督の娘であることを隠して挑んだオーディションをみごと勝ち抜き、映画に出演することができた新津ちせさん。公表した当時はかなり話題になりましたよね。

演技はオーディションを勝ち抜くだけあって、役柄に合わせて雰囲気を変えられる演技派の天才子役と言えるでしょう。

新津さんは現在小学校5年生です。どんな役者に成長していくのか、今後の活躍が楽しみですね。

新津ちせさんの今後の活動を応援していきましょう。

 

スポンサーリンク