ムロツヨシの姉と母親との複雑な関係とは?家族や生い立ちは?

エンタメ

ドラマやCMでいい味を出しているいつも明るいイメージのムロツヨシさん!
実は家族とは縁遠くお姉さんや母親とは複雑な関係にあるという噂です。

ムロツヨシさんの生い立ちはあの明るそうな表情からは想像できないものでした。

今回は「ムロツヨシの姉と母親との複雑な関係とは?家族や生い立ちは?」と題して紹介します。

スポンサーリンク

ムロツヨシの両親は離婚と再婚を繰り返す?

 

ムロツヨシさんの父親は大工をしていたようです。両親と姉の4人家族でしたが両親はムロツヨシさんが4歳の頃に離婚(>_<)

離婚の際、姉とムロツヨシさんの親権は父親にありました。子供が小さい場合、母親が親権をもつのが一般的ですがムロさんの父親がとりました。

まだ4歳のムロツヨシさんにとって頼りは父親となりました。その父親に新しい女性ができ、結局ムロツヨシさん姉弟は祖父母や親戚の家でお世話になることに!

ムロさんの父親は再婚し、アパートを2室借りて1室に自分と再婚相手が住み、もう1室に祖父母とムロツヨシさん姉弟を住まわせた時代もあったようです。

なんとも小さい時からムロツヨシさんは波乱万丈の生活を強いられたのですね!

さらに悪いことは続き父親が保証人になっていた親戚が自己破産!家族親戚がめちゃくちゃになったことが伺えます。

当然こんな父親とムロツヨシさんの関係は疎遠になり、20歳のころから親子は会っていないようです。さらにビックリすることにムロツヨシさんが戸籍謄本をとったところ父親がまたまた再婚していたのです。

ところがムロツヨシさんの気持ちの中で父親を恨むことはあまりなかったそうなのです。ムロさんの人柄なのでしょうか?

テレビ番組のインタビューの中で次のように話しています。

父親のことはずっと嫌いじゃなかったんですよ。軽蔑もしてないです。仕事が大工でかっこよかった。

引用元:TBS系「サワコの朝」

いろいろあっても血の通ったこの世でたったひとりの父親のことは嫌いになれなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ムロツヨシの姉と母親はどうなった?

 

ムロツヨシさんが4歳の時、両親が離婚したあと母親はどうなったのでしょうか?

ムロツヨシさん自身、母親の写真も処分したので記憶の中にも母親の顔は残っていないそうです。

母親の顔を覚えていないなんてチョット可哀そうなムロツヨシさんですね。

さすがに顔を見たい気持ちはあると語るムロさんですが、それ以上に今の母親の気持ちのことを考えてしまうようで「ムロツヨシ」というチョット珍しい名前も母親に対する思いからつけた芸名で本名は明かしていません。

元々ムロツヨシさんの本名は非常に珍しく本名でテレビに出るとすぐに母親が自分の息子であると気づくと思い「ムロツヨシ」という芸名にしたそうです。

母親は離婚して、新しい家庭を持ったようですがその母親の家庭を壊したくないとの配慮から本名ではなく「ムロツヨシ」を名乗っているなんて辛くとも母親思いであることが判ります。やっぱり人柄がいいのですね。

父親が親権を持ったお姉さんは、ムロツヨシさんより5歳年上です。離婚当時9歳だったので、ムロツヨシさんよりも現実が理解できたことでしょう。

当然父親が再婚したことも理解できたとは思いますが、女の子にとって両親の離婚、父親の再婚は相当大きなショックの出来事であったことは想像できますね。

そんなお姉さんはやはり祖父母に対して反抗期には相当荒れていたようです。ムロツヨシさん自身、小さいながらもこれ以上祖父母に迷惑はかけられないという思いが強かったと語っています。

結局お姉さんは住んでいた親戚の家から出ていったそうです。

ムロツヨシさんはそんな家庭環境をポジティブにとらえ「面白い家だなあと客観的にみられる自分もいる」と語っています。ポジティブにとらえるなんてなんという大人なのでしょう!

なかなかできないことだとは思いますがムロツヨシさんが持って生まれた明るいキャラクターの一面を感じることができます!いや、当時は明るいキャラクターやポジティブ思考にする努力をしていたのかもしれません!

スポンサーリンク

ムロツヨシの姉と母親のその後は?父親は?

ムロさんは「母親を探そうと思えば探せると思うけど迷っている」と言っています。
さらに、「お話することはあちらに失礼、あまり良い時間にならない」などの理由で会っていないそうです。

ムロさんは親戚宅を出ていったお姉さんともずっと会っていないようです。

なかなか気持ちが整理できないかもしれませんが、血のつながった母親とお姉さんですからいい形で会えることを願います。

もちろん父親とは絶縁状態で会っていないそうです。こんなにも家族に縁遠いムロさんが悪びれることもなく明るくポジティブに過ごしてきたのは少なからず祖父母のおかげもあるでしょう。

ムロツヨシの出身高校・大学はどこ?

厳しい波乱万丈の少年期を過ごしたムロツヨシさんですがしっかりと勉学に励み、高校は神奈川県立鶴見高等学校に進学しています。

さらに一浪し東京理科大学に入りました。一浪したとはいえ、かなり頭のいいムロさん!
本人の努力はもちろんですが陰ながら応援してくれた祖父母の存在は本当に大きかったですね。
祖父母には感謝してもしきれないでしょう。

スポンサーリンク

ムロツヨシの俳優としてのきっかけは?経歴は?

一浪して入った大学生のムロツヨシさんが俳優になったきっかけは何だったのでしょう?

ムロツヨシさんは大学に入ってすぐの頃「陽だまりの樹」という手塚治虫さん原作で段田安則さんが出ていたお芝居を見て感動し役者としてやっていこうと決心したそうです。

せっかく一浪して入学した大学だったのに、経済的に苦しい現実が待ち受けていたこともあり、なんと3週間で大学を中退しています。

すごい決断ですね。自分を追い込むことで後戻りできなかったとも語っています。
結果的にはこのすごい決断があったからこそ今のムロツヨシという存在があるのですね。

そんなムロツヨシさんはオーディションを受けまくっていたのですが1次審査も通らない日々が延々と続きました。

なかなか現実は厳しいですね。特に役者の世界は厳しそうです。

俳優になるため養成所にも通いましたが芸能事務所にもなかなか入れなかったようです。

そんな厳しい現実の中でもムロツヨシさんは諦めずコツコツと努力を重ね、

「どうしても諦めきれなかった。それどころか、芝居を続けていれば必ず楽しい日々が訪れるという予感は消えない。その予感のおかげでもう少し頑張ろうと思えました。」

と語っています。ムロさんはなんせポジティブ思考ですからね。

自分を信じ努力する大切さを感じます。

そんなムロツヨシさんの転機となったのは「踊る大捜査線」で有名な本広克行監督との出会いでした。

当時まだまだ無名のムロツヨシさんでしたがたまたま小劇場の飲み会で本広克行監督と出会い、

監督の隣に座り自分を売り込んだのでした。

「ムロツヨシ」という名前を連呼し覚えてもらおうとしたのです。

その結果遂に2005年「踊る大捜査線」のスピンオフ映画「交渉人 真下正義」をゲットすることができたのでした。

コツコツと努力を重ね自分を信じ小さなチャンスで自分を売り込み、役をゲットする泥臭さ!

なんともかっこいいムロツヨシさんです。諦めないという大切さを感じますね。

その後も映画『サマータイムマシン・ブルース』をはじめとする映画にも出演し徐々に役者として成長していきました。

スポンサーリンク

ムロツヨシの俳優としての仲間は?

ムロツヨシさんの明るい性格は多くの仲間を作っているようです。明るさだけでなく性格も良くなければ人は寄りつかないはずなのでムロツヨシさんの人柄が想像できます。

主な俳優仲間は

  • 小栗旬
  • 山田孝之
  • 菅田将暉
  • 綾野剛
  • 小泉孝太郎
  • 山崎賢人
  • 生田斗真
  • 松本潤
  • 高畑充希
  • 戸田恵梨香

さんなどが挙げられます。すごいメンバーばかりですね。

ムロツヨシの結婚観は?

ムロツヨシさんは現在独身です。

女優さんとの噂話がないことはないのですが、なかなかゴールまでは至らず(>_<)

両親が離婚、父親が再婚を繰り返すなどの環境が少しゴールにとどかない原因になっているのかもしれません。

付き合う女性はしっかり者が多く、ムロツヨシさんの育った環境ではなかなか周りに甘えることができずにいた反動で、ついつい甘えてしまうのか「あなたの母親ではない」と言われ別れたこともあるとか。

なかなか結婚は思うようにいかないようですね。

ムロさんは明るく人柄もよさそうなのでいい女性にめぐり逢ってほしいです。いえ、きっとめぐり逢えるはずです!

スポンサーリンク

ムロツヨシの生い立ちは嘘?

今まで書いてきたムロツヨシさんの生い立ちが嘘との噂が流れています。どういうことなのでしょう?ほんとに嘘なのでしょうか?

結論から言うと嘘ではなく本当のことです。それではなぜ嘘の話が出てきたのでしょう!

それは「TOKIOカケル」という企画でゲスト出演したことから端を発しているようです。

この企画は、「フェイクトーク」という内容の企画でTOKIOの城島さんが嘘を当てるという内容で、ゲスト出演したムロツヨシさんの話のエピソードの嘘を当てるものでした。

この企画で「生い立ち」「嘘」というキーワードで検索されるようになり、ムロツヨシさんの生い立ちが嘘ととらえられたようです。

ムロツヨシさんにとってはチョット人騒がせな企画になったみたいですね!

ムロツヨシは猫を飼えない?

ムロツヨシさんは猫が飼えないというエピソードについてみてみましょう。

ムロツヨシさんは小学校の時にたまと言うネコを飼っていたのですが、ペットを飼うことができないところに引っ越した際、たまを親戚に預けたのですがその時たまは悲しげに鳴いたそうです。

その後、たまが行方不明になったことがトラウマとなり猫が飼えなくなってしまいました。

たまも別れが寂しかったのでしょうね!チョット悲しいエピソードでした。

ムロツヨシプロフィール

本名 非公開
生年月日 1976年1月23日
出生地 神奈川県
事務所 ASH&Dコーポレーション
身長 168cm
血液型 A型
出演作品

・映画:ヲタクに恋は難しい、最高の人生の見つけ方、銀魂

実写映画シリーズ他多数

・テレビ:病室で念仏を唱えないでください、Iターン他多数

ムロツヨシ公式サイトは⇒⇒こちら

スポンサーリンク

ムロツヨシの姉と母親との複雑な関係とは?家族や生い立ち まとめ

ムロツヨシさんは幼少の頃から複雑な家庭環境だったのは本当のようです。本名も非公表です。

ムロツヨシさんは4歳の時に別れた母親の顔も記憶に残っていないそうで、またお姉さんとも会っていません。父親とは絶縁状態で祖父母の世話になったそうです。

追記:ムロツヨシさんがフジテレビ系「さんまのまんま秋SP」に出演し、40年ぶりに母親と再会できたことを明かしました。前回2019年5月放送の「さんまのまんま」をみた母親から事務所に手紙が届いたそう。再会と言っても初対面と同じだったでしょう。会えてよかったです。

波乱万丈の少年期や俳優として苦労した時期が役者としての幅を広げ、今では売れっ子俳優になったムロツヨシさんのますますの活躍を期待したいものです。

今回は「ムロツヨシの姉と母親との複雑な関係とは?家族や生い立ちは?」と題して紹介しました。