飯豊まりえ芸能界デビューのきっかけは?オーディションでトラブル発生?

エンタメ

 

人気ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』の追加キャストとして発表された、オシャレで元気な現代女子を演じる飯豊まりえさん!

女優・モデルである飯豊まりえさんが「二件目どうする?〜ツマミのハナシ』に出演した際、芸能界入りのきっかけや、オーディションでのトラブルについて明かしました。

今回は「飯豊まりえ芸能界デビューのきっかけは?オーディションでトラブル発生?」と題して紹介していきます!

 

スポンサーリンク

飯豊まりえ芸能界デビューのきっかけは?

飯豊まりえさんが芸能界デビューのきっかけは、小学5年生の時に通っていたエイベックスのダンススクールに張り出されていたオーディションがきっかけだったそうです。

最初は千葉県に住む両親に芸能界入りを反対されていたとか・・・

なんとか両親を説得し、1年間という時間をもらい、さまざまなオーディションに挑戦したそうです。1年間という時間を無駄にしないように、オーディションに”落ちては諦めずに受ける”の繰り返しでした。

オーディションに何十回も落ちては諦めずに功を奏したという話は大物芸能人でさえよくありますよね。諦めない気持ち、何事においても大事ですね。

芸能界に入りたかった理由は?

オーディションに落ちてもなお、諦めずに活動を続けていたのが気になりますよね・・・

理由は「インドアな両親を外に連れ出してあげたい!」こんな思いからわずか9歳にして芸能界入りを決意したのがやがてデビューにつながっていきます。

幼少期から家族思いな飯豊まりえさんですが、この理由を聞いた視聴者の方は腑に落ちない様子だったそうです。

最後のオーディションでトラブル発生?

オーディションに落ちまくっていた飯豊まりえさんにトラブルが発生します。

これが最後のチャンス」、、

こうして家族と約束して最後に望んだエイベックスと子供用雑誌との合同オーディションでのこと。

このオーディションではグランプリを獲ると、事務所に所属出来ることに加え、雑誌の専属モデルになれるという大きなチャンスが待っていました。

 

オーディション当日、ダンスを披露するという場面でまさかまさかのアクシデントが発生します。

この日のために用意した音源が途中で止まってしまったのです。

場を繋げてくれた「好きな食べ物はなんですか?」という質問に、頭が真っ白になってしまった飯豊まりえさんは「トマトが嫌いです」と珍回答(>_<)

そしてダンスを披露できないまま、オーディションはあえなく終了。あー。。。

実はダンスが苦手だった?

実は、あまりダンスが得意ではなかった飯豊まりえさん。

オーディションでのトラブルは内心ホッとしていた反面、オーディションに落ちまくっていたまりえさんはグランプリを獲ることはもう無いだろうと、帰りの支度をしていたそうです。

ところがなんと、、グランプリで名前を呼ばれたのは飯豊まりえさんでした!

「二件目どうする?〜ツマミのハナシ〜」という番組でこのエピソードを話した飯豊まりえさんは、「もしちゃんと音源が流れていたら・・・?」とその日は総ツッコミされました。

それに対し「神様が音楽を止めてくれたんです!!」というノリで番組を締め括ったまりえさんに、笑いが起こりました ♪

控えめな答え方に可愛らしさがあふれていますね。

 

スポンサーリンク

飯豊まりえのブレイクした作品は?

飯豊まりえさんの癒し系の笑顔がガッキーこと新垣結衣に似ていると一時期ネットで話題になったことも!

雑誌「Seventeen」の専属モデルやAbemaTV、CMなどでも活躍していますよね。

2015年NHK朝ドラ「まれ」での出演で飯豊まりえさんはブレイクしました。やっぱり、NHK朝ドラは知名度を一気にあげてくれます。2022年にも朝ドラ「ちむどんどん」に出演します!

2016年放送の「MARS〜ただ、君を愛してる〜」をきっかけに翌年の1月12日スタートの嫌われる勇気」に出演後も「きょうのキラ君」「暗黒女子」と2本続けて主演に抜擢されました。

「きょうのキラ君」ではピュアな演技がとても好評でした!

当初は演技についての批判が殺到することもありましたが、最近では「まりえちゃん演技派!」などと注目を浴びています。

飯豊まりえは演技派?

飯豊まりえさんの演技については、良くも悪くも視聴者からの様々な意見が飛び交っています。

 『​​花のち晴れ〜花男 Next Season〜』でヒロインの恋のライバル役「西留めぐみ」として主演した際には「あざとい」「好きになれない」などと批判が多くありました。

ところが物語が進むにつれ「めぐみちゃんを応援する!」「めぐりんが結ばれて欲しい」と、応援の声が聞こえるように・・・

ヒロインのライバルがこのように応援されるのは珍しいですよね。

これも飯豊まりえさんの演技力が視聴者の心を掴んだと言えますね ♪

 

 

スポンサーリンク

飯豊まりえ経歴&プロフィール

ここで飯豊まりえさんの経歴&プロフィールをみてみましょう。

飯豊まりえプロフィール

本名:飯豊 万理江(いいとよ まりえ)
生年月日:1998年1月5日
血液型:B型
身長:167cm
所属事務所:エイベックス

 

主な出演作品

・映画
『きょうのキラ君』 
『暗黒女子』 
『いなくなれ、群青』 

・テレビドラマ
『まれ』 
『​​世にも奇妙な物語』 
『​​花のち晴れ〜花男 Next Season〜』
『君と世界が終わる日に』 
『家政婦のミタゾノ』 

・配信ドラマ
『パパ活』 
『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』 
『僕だけが17歳の世界で』

・雑誌
『MORE』 『Oggi』 
『ゼクシィ国内リゾートウエディング』
『FLASH』 『美的』 『KansaiWalker』
『SEVENTEEN』など

 

スポンサーリンク

飯豊まりえ まとめ

いかがだったでしょうか。

飯豊まりえさんは芸能界入りのきっかけやオーディションでのトラブルなど、芸能界に入るまでかなり苦労したようですね。

デビューしてからも「素朴な顔で華がない」とコンプレックスを抱えながら沢山努力をして、今では演技にも自信がついてきているようです

ドラマや雑誌、映画でも主演が増えて芸能界に花を持たせてくれる飯豊まりえさん。

これからも今後の活躍を見守っていきましょう!

 

スポンサーリンク