母乳パッドは必要?かゆいのは蒸れやかぶれが原因?対処法はある?

育児

 

出産前の準備品リストに入っていることも多い「母乳パッド」。新生児向けのグッズコーナーに行くと、よく見かける商品ですよね。

母乳で育てる予定の人も、そうでない人も、母乳パッドって本当に必要?と気になるアイテムです。また、実際に使用してかゆくなってしまったというママさんもいるのではないでしょうか?

今回は「母乳パッドは必要?かゆいのは蒸れやかぶれが原因?対処法はある?」と題して紹介します。

 

スポンサーリンク

母乳パッドは必要?

母乳パッドは必要?かゆいのはむれやかぶれが原因?対処法はある?

母乳パッドの役割は、授乳中以外に母乳があふれて、下着や服を濡らしてしまうのを防ぐことですよね。一般的には、母乳が出始めてから授乳期間が終わるまでお世話になるママさんが多いようです。

実際に授乳を始めると、授乳中以外にも母乳が出て、下着や服を濡らしちゃったーということも少なくありません(>_<)

そんな時、母乳パッドがあれば下着を濡らさなくて済みますし、授乳中にもう片方のおっぱいから母乳が垂れてしまうことも防げます!

外出時に長時間授乳できない時でもパッドがあれば母乳が染み出してしまうことを防げるのでとっても便利なアイテムです。

かといって、全てのママさんが母乳パッドを使っているかというとそうでもありません。

出産してすぐは母乳量が少なく、自分には母乳パッドは必要ないなと感じる人もいるかもしれませんよね。

ですが授乳する回数を重ねると、母乳量がどんどん増えてくることは珍しくありません。母乳パッドはそんな時に慌ててしまわないよう、他のベビー用品と一緒に準備しておくと安心なアイテムですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユニ・チャーム ムーニー 母乳パッド ぜい沢プレミアム 102枚入
価格:784円(税込、送料別) (2022/4/9時点)

 

授乳していない時間帯に母乳がほぼ出なくなり、母乳パッドも濡れないようであれば、授乳期間中であっても母乳パッドの使用を止めることは問題ありません。試しに一袋購入してみて、自分に必要ないようであれば使用しなくても大丈夫です♪

 

スポンサーリンク

母乳パッドでかゆくなるのは蒸れやかぶれが原因?

母乳パッドでかゆくなる原因として、真っ先に蒸れやかぶれが考えられます!

交換する手間の省ける使い捨てパッドを使用するママさんが多いと思いますが、通気性が悪そうですよね?

市販の使い捨て母乳パッドは、不織布マスクや生理用ナプキンにも使われているポリエチレンポリエステル不織布パルプや高分子吸湿材といった原料から作られています。

下着や服が濡れるのを防ぐ目的から、ポリエチレン製などの母乳パッドはどうしても通気性の面で悪くなりがちです。母乳や汗で湿った状態で着けていると当然蒸れてしまいます。

そして母乳には、赤ちゃんを育てるための栄養がたーくさん含まれています。同時にその栄養は、おっぱいにいる細菌にとっても栄養となってしまうんですよねー(>_<)

また授乳時についてしまう赤ちゃんの唾液も、細菌たちにとっては栄養となってしまいます。これらの細菌が繁殖することによって、かぶれやかゆみが起きてしまうこともあるようです!

また授乳期のおっぱいは、非常にデリケートなんです。母乳パッドの素材自体が肌にあっておらず、乳頭が擦れてチクチクしたり、かゆみを感じたりすることが多いですね。

 

スポンサーリンク

母乳パッド蒸れやかぶれの対処法はある?

母乳パッドの蒸れやかぶれの対処法はあるのでしょうか?

母乳パッドを使用する時は、清潔さを保つために頻繁に交換することがいちばんです!

目安は3〜4時間、できれば授乳するたびに交換し、それ以外にも湿っているかな?と感じたら即、交換しましょう。また汗や母乳でおっぱい自体が湿っていると感じたら、濡れタオルや清浄綿で拭いておくのがおすすめです。

清浄綿とは、脱脂綿に薬液を染み込ませフィルムパックしたものです。一包ずつ高圧蒸気滅菌処理がされているので安心安全!

開封しない限りは無菌状態に保たれています。ママにとっても、赤ちゃんにとっても安心して使えます。

また授乳する際に、赤ちゃんがママのおっぱいを上手く咥えられていないことで、乳頭に小さな傷ができることがあります。痛いんですよねーあれ。その傷にむれや母乳パッドの摩擦が加わり、かゆみが悪化するケースもあるんです!

正しい方法で授乳できているのか気になるときは、母乳育児相談室などで確認してみるのもおすすめです。

母乳育児相談室は医療機関ではないのですが、有料で母乳育児に関する様々な悩みやトラブルの相談ができる場所です。正しい授乳方法ができているか、蒸れやかゆみなどのトラブルなどを相談してみるのもいいでしょう。

もし母乳パッドを使って、かぶれたりかゆみが出た場合は、一旦使用を中止しましょう。代用品として肌に優しいもの、例えばガーゼやハンカチなどで様子をみてください。かぶれやかゆみが酷い場合、お医者さんに相談するのがいいですね。

とはいえ、新生児の育児中は病院に行くのをためらいますよね。まとまった時間が取れない場合もあります。そういった時は、赤ちゃんにも安心な天然素材を使用した保湿クリームが市販されていますので、それを使用して様子をみてもいいですね。

市販されている母乳パッドには、化繊の商品だけでなくオーガニック素材のもの、また布製のものが販売されています。

オーガニック素材のものは化繊に比べ価格が高く、布製のものは濡れるたびに洗濯する手間がかかりますが、素材を変えることでむれやかぶれが改善されることもあります!蒸れやかぶれの対処法のひとつとして試してみてもいいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまでは、母乳パッドの必要性、かゆみの原因、そしてその対処法についてご紹介してきました。ここでは、これまでにご紹介してきた内容を簡単にまとめてみたいと思います。

まず母乳パッドが必要になるかどうかは、母乳量次第です。母乳量が多く、下着や服が濡れてしまうようであれば使用し、そうでなければ使用しなくても特に問題はありません。

母乳パッドの使用中に感じるかゆみは、蒸れやかぶれが原因になることが多いです。蒸れることで細菌が繁殖しやすくなり、結果としてかぶれてしまったり、かゆみを感じることになります。

蒸れやかぶれの対処法としては、まず第一におっぱいを清潔に保つことです。母乳パッドは授乳するごとに交換し、それ以外にも湿ったと感じたときはこまめに交換するようにしましょう。

母乳パッド使用中にひどいかゆみが出た場合は、一旦使用を中止し、ガーゼやハンカチなどの代用品をあてて、可能であれば医療機関に相談するのが望ましいですね。

かゆみが出ても母乳パッドが必須というママさんは、母乳パッドの素材を見直してみたり、市販の保湿クリームを使用することもできます。何よりも自分に合うものをみつけることが大切ですね。

ベビー用品の準備はいつからしたらいいかや費用についてはこちらでまとめていますのでごらんください。

ベビー用品の準備はいつから?費用はどれくらい?準備リストも!

 

スポンサーリンク