京都御苑京都御所は犬散歩できる?ペットとランチできる場所はある?

観光

京都御所の周囲の緑地のことを京都御苑と言います。

かつて天皇がお住まいになっていた旧皇居を「御所」と呼び、その外側の公園部分を「御苑」といいます。

そんな京都御苑は、愛犬と散歩できる場所なのでしょうか?

また、御苑内で愛犬とランチを楽しめる場所や愛犬とのお散歩マナーなどを調べてみたいと思います!

そこで今回は「京都御苑京都御所は犬散歩できる?ペットとランチできる場所はある?」と題してお送りします!

 

スポンサーリンク

京都御苑京都御所は犬散歩できる?

京都御苑は、かつて明治時代まで天皇の住まいであった京都御所を含む広大な敷地一体のことをいいます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kiyo-Leaves*/藍茜-akane-(@kiyo_gallery)がシェアした投稿

鳴くよ(794)鶯平安京」のごろ合わせで有名なように、794年に桓武天皇が平城京から遷都してこの平安京が始まります。

実際は、794年の時点では今の御苑より二キロ西に内裏を置いたそうなのですが、二年後に火事で焼失し、今の位置に仮住まいとして移ったそうです。

その後1331年に光厳天皇がここで即位されて以来、御所とされたとのこと。

始めの500年近くだけでこれだけの歴史がある京都御苑の京都御所。

そんな京都御苑内は厳かでペットと一緒に入れるのかな?と心配になってしまいますが、大丈夫です。

京都御苑の公式ホームページによると、愛犬と御苑内でお散歩することは可能です!

もちろん御所をはじめ、入れない場所やマナーはありますが、基本が国民公園となっているので、お散歩は可能とのこと。

御苑は24時間開放されているので、いつの時間もワンちゃん連れの方がのびのびとお散歩されていますよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tomoko Sasaki(@hanajirosan)がシェアした投稿

京都御苑は愛犬とのお散歩は可能ですが、京都御所内は国民公園ではなく宮内庁の管轄となり、愛犬連れでは入れないのでご注意くださいね。

 

スポンサーリンク

京都御苑内でペットとランチできる場所は?

とっても広い京都御苑。東西約700m、南北約1300mもの広さです!

お散歩しているうちにお腹が空いてきてしまったりすると、愛犬と一緒にご飯を食べられる場所を探さないといけませんよね。

京都御苑は公園という定義なので、マナーを守れば芝生広場などでお弁当を広げて食べることが出来ます。

この場合は、ワンちゃんと一緒にお弁当を広げて食事が楽しめますよね。

また、御苑内にある「中立売休憩所(なかだちうりきゅうけいじょ)」では食事を楽しめるレストランがありますが、こちらは介助犬以外のペットは入ることが出来ません

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

京都御苑 中立売休憩所(@kyotogyoen_resthouse)がシェアした投稿

ですが、お弁当やサンドイッチなどの軽食、アイスクリームなどもテイクアウトできます。

中立売休憩所で京都ならではのお弁当などを買って、休憩所の前にある芝生広場に設置してあるテーブルで、食事を楽しんでみるのもいいですよ。

ちなみにこの中立売休憩所の「なかだちうり」ですが、地元の方は「なかだちゅうり」というそうです。

何だか可愛い呼び方で、とっても気に入ってしまいました!

中立売休憩所(なかだちうりきゅうけいじょ)

♦営業時間
休憩所・売店…9:00~16:30
♦レストラン
喫茶…10:00~15:30(ラストオーダー)
御前・軽食…11:00~15:30(ラストオーダー)

御苑内でお弁当を広げられる場所は・・

♦ 出水の小川
♦ 母と子の森周辺

等が人気なようです。

他にも芝生のある所はお弁当を広げられるようなので、ワンちゃんと一緒に楽しめそうな場所をお散歩中にチェックしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

京都御苑の犬散歩マナーは?

京都御苑で愛犬とお散歩をする際には、当然マナーがあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬♡つくね(@shiba.tsukune)がシェアした投稿

京都御苑内でももちろん、お散歩をする際に注意しなければならないことがあるので、ご紹介します。

京都御苑での散歩マナー

♦ 一時的でも、リードを外したりしない事
伸縮リードは基本的には禁止。リードは短めに持つように注意してください。
♦ 糞尿の後始末をきちんと処理する
♦ グルーミング後の毛玉をきちんと処理する

リードの件に関しては、リードを外されている犬がとびかかってきてケガをした伸縮リードの伸びた状態でで繋がれている犬が吠えてきて怖い思いをした、等の苦情が何件か出ている様です。

大きな音がしたり、たくさんの人がいる状態に興奮してしまったりと、ご自身のワンちゃんが突発的な行動をとってしまう時に飼い主さんが制御しやすい状態でお散歩をして欲しいとのことです。

京都府の条例でも、愛犬との散歩はリードを付けることと定められていますので、たとえ観光で他県から訪れていたとしても、きちんとリードを付けてお散歩をして欲しいなと思います。

また、フンをきちんと持ち帰るのはもちろんのこと、おしっこは水をかけて処理をするなど、御苑を散歩する飼い主として他の観光客や散歩を楽しむ人たちが気持ちよく利用できるように心がけることも大事です。

今は御苑内での散歩は可能ですが、このまま苦情が増えたりお散歩マナーを守れない飼い主さんが増えると、御苑全体がお散歩禁止になってしまうかもしれません。伏見稲荷大社ではペットとの散歩がとうとう禁止になってしまいました(>_<) 

一人一人がしっかりとお散歩マナーを守って、綺麗な公園を守って行けると良いなと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで京都御苑京都御所についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

京都御苑内の京都御所には入れませんが、基本的に御苑内でのワンちゃんとの散歩が楽しめることがわかりました!

建物内でのワンちゃんとの食事は難しいですが、テイクアウトのできる「中立売休憩所」という場所があり、近くの芝生広場にはテーブルも設置してあるのでそちらで愛犬と食事を取ることが出来ます。

他の芝生広場でも、お弁当を食べられる場所があるので、ワンちゃんとのご飯を楽しんでくださいね。

ワンちゃんのお散歩スポットとして人気の京都御苑ですが、最近リードを外しての散歩や伸縮リードでのお散歩でケガをしたり怖い思いをしたという苦情が出ている様です。

余りにも苦情が多いと、京都御苑でのお散歩が全体的に禁止になってしまう可能性もあります。

フンの後始末やグルーミングの毛を持ち帰るなど、飼い主さん一人一人がきちんとマナーを守ることを心がけると良いなと思います。

ワンちゃんとの京都御苑へのお散歩が楽しいものとなりますように!

京都御所の見どころや御朱印についてはこちらの記事で紹介していますので興味のある方はご覧ください。