細田佳央太の演技はうまい?名前の読み方やデビューのきっかけも!

エンタメ

 

2022年春ドラマ『ねこ物件』に出演中の細田佳央太さん。ドラゴン桜2での演技は大注目されました!

細田佳央太さんの演技はうまいのか、どのようなきっかけで芸能界デビューを果たしたのかとても興味深いですね!

また、「佳央太」という名前の読み方も気になりますね。

今回は『細田佳央太の演技はうまい?名前の読み方やデビューのきっかけも!』と題して紹介していきます!

 

スポンサーリンク

細田佳央太の名前の読み方は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

細田佳央太 Kanata Hosoda(@kanata_hosoda_official)がシェアした投稿

0歳の時の細田佳央太さんです。大きな瞳がしっかりみつめてくれています。かわいいですね。

細田さんの「佳央太」という名前の読み方を調べてみたところ、『細田 佳央太(ほそだ かなた)』と読みます!ひらがななしでは、かなたには辿りつきませんね。

中には「かおた」と読んでしまう方もいるようです・・・

本名については残念ながら公表しておらず、デビューしてからずっと『細田 佳央太(ほそだ かなた)』という名前で芸能活動を続けてきたようです。

 

スポンサーリンク

細田佳央太の演技はうまい?デビューのきっかけは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

細田佳央太 Kanata Hosoda(@kanata_hosoda_official)がシェアした投稿

細田佳央太さんはドラマ「ドラゴン桜」での演技力が注目され、ZIPの金曜パーソナリティーに抜擢されたこともありました!

細田佳央太さんの実際の演技の評判やデビューのきっかけについて調べてみました。

デビューのきっかけはなんと、小学2年生の頃!

テレビ出演に興味があることを知った佳央太さんの母親が、芸能事務所に履歴書を送ったことがきっかけだったそうです。

その後、子役としてCMや雑誌を中心に活動の幅を広げており、2014年映画『もういちど 家族落語』で俳優デビューを果たしました。

この作品は、落語家である「林家たい平」が企画・主演・落語監修を務めた作品で、落語の中でも有名な噺の数々をストーリーに取り入れて描いた人情時代劇となっています。

その後、2019年の映画「町田くんの世界」の主役オーディションで当時まだ無名だった細田佳央太さんと関水渚さんがともに主役に抜擢されます。

 岩田剛典さん、高畑充希さん、前田敦子さん、太賀さん、池松壮亮さん、戸田恵梨香さん、佐藤浩市さん、北村有起哉さん、松嶋菜々子さんというそうそうたる豪華キャスト陣が脇を固める中、1000人超えのオーディションを勝ち抜いた、演技経験ほぼゼロの超新人、細田佳央太さんと関水渚さんが主演を務めたのでした。

では、幼い頃から演技に携わる細田佳央太さんの演技の評判はどうなのでしょうか?

 

細田さんの演技はSNSでも高評価が目立ちました!

20歳という若さでさまざまな難役をこなす細田さんの演技については、共演者・視聴者からの評価も高いようです!

2021年に放送された「ドラゴン桜」では発達障害を持つ「原 健太」を演じた細田さん。

なんと役のために髪を坊主にし、体重を13キロも増やしたのだとか・・・

太ることはそう簡単にできる事ではないのでかなり努力されたんですね。

細田さんの役作りに対するストイックな姿勢も高い評価に繋がっているのではないでしょうか。

当時の細田さんに独占インタビューした時の動画がこちらです♪

発達障害という演技が難しい役に対しての熱量がすごく伝わってきますね。

同年に放送された「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」では、盲学校の学生で全盲という障害を持っている「青年・青野陽太」を演じています。

一般的に障害者は感受性が豊かだったり、どこか感覚が秀でているといわれていますが、青野陽太は想像力が豊かなキャラクターです。

細田佳央太さんは、個性的なキャラクターの演技や役柄への入り込み方がすごく、かなりの集中力だそうです。

全盲の演技はかなり難しいと言われている中で、しっかりと役に入り込むなんてさすがですよね!

 

スポンサーリンク

細田佳央太プロフィール

細田佳央太プロフィール

名前      細田 佳央太(ほそだ かなた)
生年月日    2001年12月12日
出身      東京都
身長      173cm
血液型     A型
活動期間    2010年~
事務所     アミューズ
特技      剣道・バスケットボール
趣味      1人カラオケ

主な作品

・テレビドラマ
ドラゴン桜』第2シリーズ
『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』
『もしも、イケメンだけの高校があったら』

・映画
『町田くんの世界』
 ※1000人以上が臨んだオーディションで主役抜擢
『花束みたいな恋をした』
子供はわかってあげない

・舞台
『青春cm 2』

・CM
『首都高で行こう!』
『タカラトミー ハイキュー!! バボカ!! 』
『メットライフ生命保険』
『三井住友カード「家族ポイント」』
『エーザイ チョコラBBブランド』

 

 

スポンサーリンク

細田佳央太 まとめ

いかがだったでしょうか。

細田佳央太さんの名前は、『ほそだ かなた』と読むことがわかりました!

かなたと読ませる漢字がとても珍しいですよね。

20歳になった細田さんは若いながらも難しい役を見事に演じきり、演技はもちろん、ストイックな姿勢も多くの方に高く評価されているようです。

デビューしたきっかけは、母親が履歴書を送ったことだったようですが、細田さん自身もテレビを見ていて演技をしてみたいと思っていたようですね!

2019年公開の映画『町田くんの世界』で、1,000人が参加したオーディションでは主人公「町田一」役に選ばれ初主演を務めるなどの功績を残しています。

これからどんな役を演じ、どんな演技を見せてくれるのかとても楽しみですね ♪

 

スポンサーリンク