福山哲郎の学歴高校大学偏差値は?苦学生時代はバイト三昧だった?

政治・人物・ニュース

 

夏の参院選では、大激戦と予想された京都選挙区でみごと、当選を果たしたのが立憲民主党の福山哲郎前幹事長です。

関西、特に京都の方は、ポスターなどで福山さんはお馴染みかもしれませんね。

長年、党の重要ポストに就いていた福山哲郎さんですが、高校や大学などの学歴はどうなのでしょうか。

また政治家というと、裕福な家庭出身の方も多いように思いますが、福山哲郎さんは苦学生学費を工面するためバイト三昧だった時期もあったとのことですが、本当でしょうか?

今回は、「福山哲郎の学歴高校大学偏差値は?苦学生時代はバイト三昧だった?」と題して紹介します。

 

スポンサーリンク

福山哲郎の学歴高校大学や経歴は?

まずは、福山哲朗さんの学歴からみていきましょう。

福山哲朗さんは、1981年に京都府立嵯峨野高等学校を卒業しています。

京都府立嵯峨野高等学校は、共学の進学校で現在の偏差値は、61〜72と優秀な高校です。

京大、阪大(大阪大学)、神戸大をはじめ、関関同立(近畿地方にある4つの難関私立大学の通称。関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)にも、多くの卒業生を輩出しています。

福山哲郎さんも、高校卒業後は同志社大学へ進学していますから、その流れを汲む一人、ということになります。

そして、福山哲郎さんは1986年に同志社大学法学部を卒業。現在の法学部の偏差値は、60となっています。

福山さんは、同志社大学法学部卒業後は、大和証券株式会社に入社し、1990年に退社しています。

同時期に松下政経塾に入塾し1995年には、京都大学大学院法学研究科修士課程を修了。どうやら証券マンを辞めた頃から政治家を目指していたのですね。

学歴や経歴から、福山哲朗さんは非常に頭のいい方だということがわかりますね。

 

スポンサーリンク

福山哲郎の苦学生時代はバイト三昧だった?

高校大学の学歴や、大和証券への入社という経歴から、順風満帆な人生を送ってきたように見える福山哲朗さん。

しかし、福山哲郎さんには苦学生時代があり、バイト三昧だったという情報があります。本当なのか、調べてみました。

福山哲郎さんの父親は、東京で鉄鋼関係の仕事をしていましたが、裁判所から仮押さえの強制執行を受け、住宅と工場を失ってしまい父親は失踪(>_<)

福山哲郎さんが高校一年生だった夏のある日、6千円あまりの所持金を手に、家も仕事もなく、母親と弟と、母親の実家がある京都に、ほぼ夜逃げ同然で辿り着きます

ようやく小さな町工場で住み込み可能な仕事を母親が探し出したそうです。

そして、福山さんは再度高校を受験し直し、京都府立嵯峨野高等学校に入学。二度目の高校生となったようです。福山さんが京都ことばではなく標準語のイントネーションなのはそういう理由からだったのですね。

福山さんは高校の学費のため、新聞配達、スーパーのパック寿司作り、土木作業員をし、夏休みには住み込みでゴルフ場のキャディーをするなど、様々なアルバイトを掛け持ちしたそうです。

こんな苦労時代が福山さんを政界へと目を向けさせたのかもしれません。

大学も、奨学金制度で入学することができたとか。

福山さんの学歴や経歴からは、順風満帆な人生に見えましたが、裏側には壮絶な苦学生時代があったことに驚きです。

 

スポンサーリンク

福山哲郎の弟は俳優?

福山哲郎さんの弟は、福山俊朗さんと言います。

国立大学である神戸大学に在学中、東映俳優養成所で演劇を学び、劇団そとばこまちに入団。

福山俊朗さんは15年間の活動を経て、映画や舞台など、のべ100を超える作品に出演されている俳優さんです。

現在は、京都府でタレントなどマルチに活動をされているようです。

活動も俳優だけに留まらず、歌に落語、MCやラジオDJ、更にはライブ活動や映画監督など、さまざまな分野で活動をされているそうです。

 

スポンサーリンク

福山哲郎プロフィール

 

福山哲郎プロフィール

福山哲郎(ふくやま てつろう)
生年月日:1962年1月19日
出身:東京都
血液型:O型
前職:大和證券従業員
初当選:1998年(参議院京都選挙区)

福山哲郎さんは苦学生ながら、京都府立嵯峨野高等学校、同志社大学法学部を卒業しています。

1986年に大和証券に入社し、1990年に退社しています。

その年、松下幸之助が設立した、未来のリーダーを育成する公益財団法人「松下政経塾」に入塾。1992年には、京都政経塾の塾頭に就任しています。

1995年、京都大学大学院法学研究科修士課程を修了しました。

1996年に、初めて衆議院議員総選挙において初出馬するも落選。1998年に、無所属で出馬し初当選を果たします。

当選後は、民主党に入党し、その後4回連続当選を果たしています。そして、鳩山由紀夫内閣、菅直人内閣では様々な役職を歴任しました。

2017年に、立憲民主党が設立されると、入党。初代の党幹事長に就任しています。
2021年には、衆議院議員総選挙での敗北を受け、党幹事長を辞任しました。

2022年夏の参院選挙では立憲民主党の前幹事長として、どうしても議席を失うわけにはいかないという福山さんの意気込みがみられました。

自民、立民、維新、共産の中から選ばれる2議席はいったいどうなるのかと京都選挙区は大注目されましたが、福山さんがみごと当選を果たしました!6年間でどんな仕事をしてくれるのか注目したいと思います。

 

スポンサーリンク

福山哲郎の学歴経歴まとめ

これまで、福山哲郎さんの学歴や経歴、苦学生時代など、様々な内容を紹介してきました。

非常に頭のいい人でありながら、学生時代はかなり苦労されてきたことが分かりました。

学費をバイトで工面しながら高校に通い、奨学金で同志社大学法学部を卒業し、京都大学大学院法学研究科修士課程を修了までした福山さんの努力はすごかったのでしょうね。

また、弟さんは京都でマルチに活動されている俳優さんであることが分かりました。お兄さんとは違う方面ではありますが、成功されているようです。

福山哲郎さんの今後の活動に期待したいですね。

立憲民主党代表、泉健太さんについてはこちらをご覧ください。

泉健太の学歴高校大学は?政党遍歴や経歴家族構成を調査!

 

スポンサーリンク