日原鍾乳洞の服装は?雨の日でも楽しめる?所要時間や混雑も調査

観光

都内で探検気分を味わえる鍾乳洞をご存じですか?

東京都奥多摩に存在する「日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)」です。

そんな日原鍾乳洞にはどんな服装で行けばいいのでしょうか?

また、雨の日にはどう楽しめるのか?所要時間や、混雑具合も気になりますね!

実際に日原鍾乳洞を訪れた方たちの口コミも一緒に調べてみたいと思います!

そこで今回は「日原鍾乳洞の服装は?雨の日でも楽しめる?所要時間や混雑も調査」と題してお送りします!

 

スポンサーリンク

日原鍾乳洞の服装は?

東京都奥多摩にある日原鍾乳洞。「にちはら」ではなく「にっぱら」と読みます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

世界の絶景・秘境⇒次の海外旅行探しWorld hotels&Travel(@world_hotels_and_travel)がシェアした投稿

鍾乳洞はどこでもひんやりとしている印象がありますが、日原鍾乳洞の温度はどれほどなのでしょう?

日原鍾乳洞は年末年始の休み(12/30~1/3)以外、年中営業しているので、夏でも冬でも楽しむことができます

日原鍾乳洞内の年間平均温度は11℃

夏場は外が暑ければ暑いほどひんやりと涼しく感じ、冬場は寒ければ寒いほどほのかに温かく感じることができるスポットです!

夏でもひんやり感を堪能できるので、薄手のパーカーなど脱ぎ着できる上着が一枚あると安心です。

冷え症の方や、寒がりやさんはもう少し防寒した方が快適かもしれません。

冬は外も鍾乳洞内も寒いので、しっかりと防寒をするのがおすすめ!

また、天候によっては地下水が溢れたり地面がぬかるんで滑ることもあるので要注意です。

夏場でも、サンダルなどよりスニーカーのような滑りにくい靴を履いた方が安心です。

また、急な階段を上り下りすることが多いので、長めのスカートやコートは裾を汚してしまいます。

パンツスタイルや、短めのアウターで洞窟探検を楽しんでくださいね♪

カメラを趣味にしている方へのアドバイスなのですが、特に夏はひんやりとした空気でカメラが冷やされて、外に出ると結露してしまう事もあるそうなので、十分に気を付けてくださいね。

 

スポンサーリンク

日原鍾乳洞は雨の日でも楽しめる?

年間を通して平均気温が11℃という日原鍾乳洞は雨の日でも楽しめるのでしょうか?

結論から言うと、日原鍾乳洞は雨の日でも楽しめます

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@k_aaaymがシェアした投稿

日原鍾乳洞の公式サイトには、雨量の多い雨の日やその後日は大量に水滴が垂れることもあるので簡易カッパを準備するよう推奨しています。

ハイシーズンの土日は混みあう事も多いですが、雨の日はやはりお客さんも少なくゆったりと見られるところがいいですよ!

日原鍾乳洞内は急な階段や、狭い道、少し暗めの道もあるので、特に階段などは手すりをしっかりとつかんで進みましょう。

小さなお子さんや年配の方も進みやすい道を看板でお知らせしてくれているので、無理せず楽しむことができます!

冬は雨予報でも、日原鍾乳洞の付近は雪!なんてこともあるので、車利用の方は道路状況にもお気をつけくださいね。

 

スポンサーリンク

日原鍾乳洞の所要時間や混雑も調査

日原鍾乳洞はどれくらいの時間で見て回ることができるのでしょうか?

調べてみると、高低差などがあるので人それぞれではありますが、所要時間としては平均して40分ほどで回ることができるようです。

一般公開されている部分は200メートルほどあるのですが、ライトアップされた空間や、鍾乳石や筍石などの自然の神秘に触れると、あっという間に時間が過ぎてしまうかもしれません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@ccc.tkc)がシェアした投稿

 

日原鍾乳洞基本情報

♦ 住所:東京都西多摩郡奥多摩町日原1052

♦ 鍾乳洞入場料金
 大人(高校生以上) 800円
 中人(中学生)   600円
 小人(小学生)   500円
 団体(25名以上)100円割引

♦ 営業期間:1月4日~12月29日
(年末年始休業12/30~1/3)

♦ 営業時間 
4月1日~11月30日:9時~17時
12月1日~3月31日:9時~16時半

♦ 駐車場:無料

♦ TEL:0428-83-8491

 

そんな日原鍾乳洞は、やはり人気のスポットで、休日は混雑することが多いです。

まず、日原鍾乳洞へのアクセスをみてみましょう。

アクセス

<自動車の場合>
♦ 県央道 日出インターから約1時間
♦ 圏央道 青梅インターから約1時間
♦ 中央高速八王子ICから国道411号で約90分
♦ 奥多摩駅 交差点から約20分

<バス>
♦ 平日…日原鍾乳洞行 終点下車 徒歩約5分
休日…東日原行 終点下車 徒歩約25分

高速から下りてさらに、車で1時間程かかります。

日原鍾乳洞の付近の道路はかなり狭くなっており、渋滞が発生しやすくなっています。

すれ違いが難しい所もあり、そのような場所には待機場所も用意されていますが、混雑を抜けたくてもUターンは難しいです。混雑時にはすれ違いなどに十分注意して走行しなければなりません!

日原鍾乳洞へは可能な限り、乗り合わせで訪れることをお勧めします。

駐車場もありますが、通常の駐車場が約30台臨時駐車場は20台程と観光客の数に対しては全然足りていません(>_<)

ちなみに、臨時駐車場は日原鍾乳洞から2kmほど離れているので、かなり歩くことになります。

公共交通機関ではバスがありますが、平日は鍾乳洞近くで下車しますが、休日は鍾乳洞の手前が終点になります。

これは、道が狭くなり、バスと車のすれ違いが難しい事や渋滞にはまりダイヤが乱れてしまう事を避けるための対策となっています。

日原鍾乳洞の混雑する日はやはりゴールデンウィーク8月のお盆休みです。

奥多摩は年中見どころがたくさんありますが、土日の休日は平日よりは比較的混みあいます。

可能ならば平日に訪れるのが一番ですが、そう簡単に平日にお休みは取れませんよね。

休日ですと、午前9時までに現地に着くようすると、渋滞にあまり巻き込まれることがなく見学できます。

その際は、帰りの時間帯に新たに訪れる車で渋滞が発生しているかもしれないので、通行には十分注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

日原鍾乳洞の口コミ評判を調査

それでは、日原鍾乳洞を実際に訪れた方たちの評判や感想を見てみましょう。

水琴窟は比較的新しく設置されたスポットなのですが、耳を澄ませて聞こえる水音に癒されること間違いなしです!

幻想的なライトアップや「インディージョーンズ」に出て来そうな洞窟に、冒険心がくすぐられそうです!

日原鍾乳洞は何百年もかけて作り出される鍾乳石の神秘を体感できる、素晴らしい鍾乳洞です。

このように、訪れた人たちの冒険心を満たし、感動を与える日原鍾乳洞を是非訪れてみてください。

皆様の奥多摩の旅が思い出沢山になりますように!

 

スポンサーリンク