醍醐寺の桜2022見頃は?アクセスや駐車場&桜まつりはある?

醍醐寺の桜は京都「さくらの名所100選」にも選ばれている人気のスポットです。

醍醐寺は豊臣秀吉が晩年「醍醐の花見」を開催したことでも有名ですね。毎年、故事にならった「豊太閤花見行列」が開催され多くの人出で賑わいます。

約1000本の咲き誇る桜はしだれ桜、ソメイヨシノ、山桜等々みごとです。

今回は「醍醐寺の桜2022見頃は?アクセスや駐車場&桜まつりはある?」と題して2022年春の醍醐寺の桜の見頃などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

醍醐寺の基本情報

  • 所在地:京都市伏見区醍醐東大路町22
  • 電話:075-571-0002
  • 拝観券(三宝院・霊宝館・伽藍)
    通常期:大人800円、中高生600円、小学生以下無料  
    春季と秋季(3月20日~5月15日、10月15日~12月10日)
    大人1500円、中高生1000円、小学生以下無料  

 

 

スポンサーリンク

醍醐寺の桜2022年の見頃は?

豊臣秀吉が「醍醐の花見」として楽しんだ醍醐寺は、しだれ桜やソメイヨシノなど数種類の桜が約3週間かけて咲き、お花見が長期間楽しめます。せっかく訪れるなら見頃の時期に行きたいものですよね。2022年は、4月1~2日頃、満開と予想します。

桜の開花は3月28日頃でしだれ桜、ソメイヨシノ、紅しだれ桜、大山桜、八重桜、カンザンなど数種類の桜が3週間にわたって楽しめるでしょう。

しだれ桜の満開予想日は⇒⇒⇒日本気象協会tenki.jpをご覧ください。

 

 

 

この写真は私が3月31日に行った時の醍醐寺の桜です。2015年は3月下旬で満開の桜でした。

 

この桜は満開に近いですが、左に映っている桜は花びらが落ちていることが分かります。桜の種類によって満開時期が違うのですね!

見頃の時期は気象条件と桜の種類で変わります。桜ナビで最新の情報をチェックして下さいね!

 

 

スポンサーリンク

醍醐寺の桜の混雑予想

京都の観光地は、最近のインバウンドの影響を受けてどこも混雑していましたが、新型コロナウイルスの影響で観光客は激減しています。京都の桜の名所の中でも醍醐寺の桜は人気があるので今年あたりはチャンスかもしれませんね。

特に毎年4月の第2日曜日に開催される「豊太閤花見行列」には人垣が二重三重にもなり身動きができないくらいの見物人で混雑するのでベストポジションで行列を見物したい人は早めに場所を確保しましょう。

私が行った時の「豊太閤花見行列」を待つ見物人です。豊太閤花見行列が始まる30分ぐらい前の混雑状況です。

こちらは「豊太閤花見行列」のあと、後の金堂に秀吉や北政所などが登場し、右前にある特設舞台で「舞楽観賞」が行われます。

左右に座っているのは一般の見物の人達で早くから場所取りをしています。多くの警備員が整理に当たっていました。

 

豊太閤花見行列は大勢の見物人で混雑しますが、醍醐寺は広いので境内は普通にお花見を楽しむことができます。

但し美しい桜だけを撮りたいとカメラを待ち構えていても人がいないシャッターチャンスはなかなかないでしょう。

車利用の人も渋滞を覚悟した方がいいでしょう。特に土日は渋滞は避けられません。

駐車場もありますが満車が続くので、公共交通機関の利用をおすすめします。

もし車で行く場合は、午前中の早~い時間をおすすめします。

 

スポンサーリンク

醍醐寺のアクセス

電車利用

  • 京都駅からJRで

・JR「山科駅」⇒京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」下車徒歩10分
・JR「六地蔵駅」⇒京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」下車10分

 

バス利用

  • 京都駅八条口から
    ホテル京阪前より京阪バス
    バス停「醍醐寺」下車 すぐ
  • 山科駅から
    1番乗り場 22、22A系統
    バス停「醍醐寺前」下車 すぐ
  • 六地蔵駅から
    2番乗り場 22、22A 系統
    バス停「醍醐寺前」下車 すぐ
 

 

 

 

車利用

京都東I.Cからのアクセス

名神高速京都東I.Cから醍醐寺まで約15分です。

 

京都南I.Cからのアクセス

名神高速京都南I.Cから醍醐寺まで約25分です。

 

その他ICから

  • 阪神高速山科I.Cから約15分
  • 京滋バイパス宇治東I.Cから約25分

 

スポンサーリンク

醍醐寺駐車場情報

醍醐寺の駐車場

  • 住所:京都市伏見区醍醐東大路町32
  • 電話:075-571-0002
  • 台数:100台
  • 入庫時間
    夏期(3月1日~12月第1日曜) 8:00~15:45 
    冬期(12月第1日曜の翌日~2月末日) 8:00~15:15
  • 駐車料金:1000円(5時間まで) ※5時間を超えると30分毎に100円加算

 

京都市営醍醐駐車場

  • 住所:京都市伏見区醍醐高畑町30-1
  • 電話:075-575-2550
  • 台数:170台
  • 入庫時間
    5:00~翌0:30
    金曜のみ5:00~翌1:00(営業時間以外は入退場出来ません)
  • 駐車料金:30分毎 150円  1日上限1250円  

※パセオ・ダイゴロー西館・東館(アルプラザ醍醐)で1000円以上お買い上げで2時間無料サービスがあります。(6時間30分以上駐車の場合は2時間無料サービス券は適用外)

 

 

スポンサーリンク

醍醐寺の桜まつり

醍醐寺に桜の時期「桜まつり」があるのか調べてみましたが行事の中に「桜まつり」は残念ながらありませんでした。

毎年4月の第2日曜日に開催される「豊太閤花見行列」が桜まつりに変わる行事となります!

残念ながら2021年は中止となりました。2022年も中止が決定しました。

豊臣秀吉が行った歴史上有名な花見といえば、「醍醐の花見」。
慶長3年(1598)の春、秀吉は花見に際して畿内から700本の桜を植え、三宝院の建物と庭園を造り、盛大な宴を開きました。息子・秀頼や正室・北政所(きたのまんどころ)、側室の淀、三の丸など女房衆1300人余りが参加したといわれています。この故事にならって、毎年4月の第2日曜日に「豊太閤花見行列」が開催され、終日境内は賑わいます。

引用:醍醐寺ホームぺージ・年中行事

「豊太閤花見行列」の秀吉と「舞楽観賞」の写真です。

 

また毎月29日には醍醐市が開催されます。コロナ禍なので中止になることがあります。

  • 会場:醍醐寺参道
  • 時間:9:00~16:00

 

 

スポンサーリンク

醍醐寺の桜のビューポイント

三宝院

三宝院の庭園は撮影禁止ですが、三宝院の前は撮影可能なので美しいしだれ桜をぜひ撮影して下さい。

 

霊宝館

霊宝館の樹齢180年の巨大なしだれ桜です。その荘厳な美しさに圧倒されます。なんと東西24m南北20mのしだれ桜です。

大きくてファインダーに収まり切れないかも?

 

五重塔をバックに

五重塔をバックにすると美しい桜が更に映えて見えます。醍醐の五重塔は国宝にも指定されていて、やはり存在感がありますが、醍醐の桜は国宝をバックにしても見劣りしませんね!

 

国宝唐門

金色に輝く菊と桐が素晴らしいです。三宝院内からは撮影禁止なので外から撮りましょう。

 

仁王門前

仁王門前の桜も綺麗に咲いています。撮り方によっては人が入らない角度、高さがありますよ。

 

金堂

金堂横にも美しい桜が咲いています。金堂をバックにするといい写真が撮れるかもしれません。

 

スポンサーリンク

醍醐寺の桜の見頃 まとめ

醍醐寺の桜はしだれ桜、ソメイヨシノ、山桜、八重桜等が楽しめ、どれをとっても思わず綺麗・美しいとため息が出るほどです。

「豊太閤花見行列」は残念ながら中止となりましたが、秀吉もこの桜を楽しんだのかあと歴史を感じます。

いくつかビューポイントを紹介しましたがまだまだ映える写真のスポットがあるので散策をしながら思い出に残る写真を撮ってくださいね。

今回は、「醍醐寺の桜の見頃と混雑予想!アクセスや駐車場情報!桜まつりはある?」と題して2022年春の醍醐寺の桜の見頃などについて紹介しました。

京都御所の桜はこちらでまとめています。

京都御苑京都御所桜の見頃2022と見どころは?御朱印はもらえる?

 

スポンサーリンク