焼き芋をオーブンでつくる温度と時間は?ひと手間で激ウマの裏技!

グルメ・フード

スーパーの入り口で匂いにつられてついつい焼き芋を手に取ってしまうなんてこともありますよね。

お高い焼き芋を買わなくても、おうちで超簡単につくれます! 

特売の安いお芋でも簡単なひと手間で、高級ブランド芋のような、ねっとりとした「激ウマ焼き芋」にすることができるんです!

今回は、焼き芋をオーブンで作るときの温度や時間とともに、激ウマ焼き芋にする画期的な裏技を紹介します!

激ウマ焼き芋をオーブンでつくろう!

激ウマ焼き芋にするひと手間とは?

スーパーの焼き芋は甘くておいしいですよね。でも、焼き芋はお高いので、野菜売り場へ移動して、安~いさつま芋を手に入れ、おうちで激ウマ焼き芋に変身させちゃいましょう!

どんな種類のお安~いさつま芋でも美味しくすることができるんです!

まず、さつま芋はやさしく洗っておいてくださいね。

ゴシゴシ洗う必要はありません。皮の部分にはアントシアニンやヤラピンの他、食物繊維やカルシウムが豊富です。

  • 激ウマ焼き芋にするためのひと手間

1.まずはボールに800mlの水を入れて、大さじ2杯の塩をまぜ塩水をつくります。

2.そこに安いお芋をいれ、そのまま塩水に1時間つけておくだけ!

たったこれだけで、甘~い極上の焼き芋が誕生するのです!

スポンサーリンク

オーブンの温度と時間は?

出来上がりが甘くなる低温じっくり焼きがおすすめです!

オーブンの温度設定を160℃にあわせます。

1.塩水に1時間浸しておいた安いさつま芋を濡れたまま、新聞紙で包みます。

2.その上からアルミホイルで巻きます。

3.160℃の低温に設定したオーブンで90分焼きます。

250gのさつま芋なら160℃で90分ですが、お芋の大きさによって時間を調整してくださいね!

たったこれだけで、激ウマ焼き芋に変身しますよ!

なぜ塩水で激ウマ焼き芋になるの?

では、なぜ生のさつま芋を塩水につけておくだけで美味しい焼き芋になるのでしょうか?

塩には、味の対比効果を出す性質があります。

対比効果とは、2種類以上の異なる味を混合したときに一方の味が強められる現象のことです。

例えば、スイカに塩をふったら甘くなるというのもこの対比効果だったんです。

さつま芋の場合も、塩水につけることでお芋の甘みがひきたち、激ウマ焼き芋に変身するのです!

なぜ160℃で焼くの?

さつま芋を加熱すると、でんぷんが麦芽糖に変化して甘~くなるのですが、高温になりすぎると甘くさせる酵素の働きが弱まるので、低温でじっくり焼くのがおすすめなのです。

麦芽糖には腸活の効果も期待できます。焼き芋を食べるとオナラが出やすくなるのはそのせいかも!

 

スポンサーリンク

焼き芋のカロリーや糖質は?

250gのさつま芋を焼き芋にした場合のカロリーや糖質はどれくらいなのでしょうか?

100g当たりの焼き芋のカロリーは163kcal・糖質は35.5gを基準に250gのさつま芋のカロリーを計算すると、

407.5kcal 糖質は 約89gです。

参考:お茶椀に軽く1膳(約150g)のご飯は、約252kcal、糖質は約53g

タニタの消費カロリー早見表は⇒⇒⇒こちらをご覧ください

100kcal消費するためには運動をどれだけしたらよいかみてみましょう!

  • 軽い散歩:約30分
  • ウオーキング(速歩):約25分
  • 自転車(平地):約20分
  • ジョギング(強い):約10分
  • 水泳(クロール):約5分

です。ではそれぞれの運動を焼き芋1本 408kcalに換算すると、

  • 軽い散歩:約2時間2分
  • ウオーキング(速歩):約1時間42分
  • 自転車(平地):約1時間21分
  • ジョギング(強い):約40分
  • 水泳(クロール):約20分

になります。なかなかの運動量ですね。間食の目安としては、一日に約200kcalが良いそうなので、250gの焼き芋なら半分くらいにしておきましょう!

塩水に浸してから是非、美味しい焼き芋を作ってみてくださいね。

その他、お家で美味しい台湾パンも簡単に作れちゃいます。

台湾メロンパンのつくり方はこちらをご覧ください

    ⇓⇓⇓⇓

台湾メロンパン作り方(レシピ)は?カロリーが気になる!