ワクチン接種証明書が海外旅行や留学で使える国はどこ?デジタル化はいつ?

申請・手続き・施策

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について、加藤官房長官が年内にもデジタル化し国内で使えるよう検討すると表明しましたね。

海外渡航で必要となるワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)は日本ではまだデジタル化されていないものの、申請できるようになっています。

海外旅行や海外留学の予定がある人は、ワクチン接種証明書があると助かりますが、申請方法や海外旅行でも使えるのか知りたいですよね。

そこでワクチンパスポートの申請方法や海外旅行や留学で使える国はどこなのか、デジタル化はいつ頃になるのか調査しました。

スポンサーリンク

日本のワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは?

日本のワクチン接種証明書はどの国でも通用するわけではないですが対象の国や地域への渡航予定がある人にとっては入国する際の防疫措置が緩和されるので必ず申請しておくべきですね。

日本の自治体が発行するワクチン接種証明書が有効な国は、イタリアのほか、ドイツやオーストリア、グアムなど20数か国がその対象となっています。

使用可能な国は⇒⇒⇒こちらをご覧ください。

ワクチン接種証明書がないからといって必ずしも海外渡航できないということはありません。

ハワイのように入国(空路)に際して、米国行きフライト出発前3日以内に取得した新型コロナウイルス陰性証明書があれば入国できるという地域もあり、国によって入国の条件が違います。

各国の入国制限措置については外務省の公式サイトで順次更新されますので確認してくださいね。

スポンサーリンク

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の申請方法は?

ワクチン接種証明書を申請できる人は?
ワクチン接種証明書を申請するためには、次の2点が大前提です。

申請条件
  • 新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種を日本で受けている
  • ワクチンパスポートが使える国や地域に渡航予定がある(出張や留学、旅行など)

なので、海外で接種した人や接種していても渡航予定の無い人は申請することができません

申請先は?
申請先は、接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村
※申請は郵送に限定している自治体もあるため各市町村に問い合わせが必要

申請期間は?
2021年7月26日(月)より申請受付が開始されています。

 
申請に必要なものは?

(1)申請書 (市町村に備付)
(2)海外渡航時に有効なパスポート
(3)接種券のうち「予診のみ」部分
(4)接種済証又は接種記録書

 
ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)に関する問合せ先
厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンコールセンター
電話番号:0120-761770
 
 

スポンサーリンク

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)のデジタル化はいつ?


 

菅義偉総理が、8月25日に今後の社会経済活動の回復に向けた方策のひとつとして「ワクチン接種証明書の積極的な活用の方法を含め、飲食店の利用、旅行、イベントなど日常生活や社会経済活動の回復もしっかり検討する」と表明しました。

また、デジタル化について問われた加藤官房長官は「今、年内(2021年末)を目途にデジタル化を実現できるよう、検討を急いでいる。デジタル化できれば、国内で活用していただくことは十分考えられるのではないか」とコメントしました。

EU(欧州委員会)では、DCCとよばれるデジタルワクチン接種証明があり、EU27カ国で運用しているほか、スイス、トルコ、ウクライナなどで相互協定を結んでいます。

EU加盟諸国では博物館、スポーツイベント、コンサートなどへの入場でもDCCが活用されているそうです。

今後、約60カ国が自国のワクチンパスポートとしてDCCを活用することを検討しています。

国際航空運送協会(IATA)も、このDCCとよばれるデジタルワクチン接種証明を国際標準にするように各国に求めているそうです。なんといっても万国共通の証明書が便利ですよね。

日本の市町村が発行するワクチンパスポートには英語での併記もされていますがどの国の人が一見してわかる共通の証明書のほうが安心です!

日本もこのDCCを採用するかどうかはわかりませんが、政府は「スマホのアプリを活用するデジタルワクチン接種証明書の発行」を視野に入れているそうです。

スポンサーリンク

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)申請 まとめ

日本の市町村が発行するワクチンパスポートは、ワクチンの接種を日本で受けていて且つ入国時の防疫措置の緩和が認められている対象国に渡航予定がある人が申請できます。

日本のワクチンパスポートが有効な国は、イタリアのほか、ドイツやオーストリア、グアムなど20数か国がその対象となっていてどこの国でも入国時に使えるわけではありません。

EU諸国ではDCC(EU Digital COVID Certificate=デジタルワクチン接種証明)が運用され、博物館、スポーツイベント、コンサートなどへの入場でも活用されています。

DCCが国際標準になるかどうかはわかりませんが日本を含めどこの国でも使えるようなワクチンパスポートが一刻も早くできてほしいですね。

スポンサーリンク