台風12号2020大阪府への影響はいつ?備えはどうする?

気象

スポンサーリンク

9月21日12時に台風12号が発生しました!

9月22日正午現在台風12号は、日本の南の海上をゆっくりな速度(毎時15Km)で北に進んでいるようです。台風12号の中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。中心から半径75キロ以内では
風速25メートル以上の暴風域が発生し、最大瞬間風速は40メートルです。

台風12号2020大阪府に影響は?

台風12号は9月24日(水)9時頃に東海道沖に達して、その後、東海地方から関東地方付近を通過し、25日(木)9時頃までに温帯低気圧に変わり三陸沖に達すると予測されています。

現在のところ進路予報円が当初より東よりに変わったので大阪への影響は小さくなりましたが、大雨には備えが必要です。もし温帯低気圧になっても安心というわけではありません。こまめに気象情報をチェックしましょう。

予報円の一番西よりを通貨すれば近畿への影響も大きくなります。24日に紀伊半島から関東にかけての沿岸に接近、上陸するか、関東の東海上を通過する見込みです。台風の北側には秋雨前線が延びており、気象庁は近畿と東海、関東を中心に25日にかけて大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けています。落雷や突風にも注意が必要です。

前回、日本の九州方面に大きな影響を及ぼした台風10号が920hPaまで発達したのに比べると今回の台風12号は比較的小さな台風ですが油断することなく備えをしておくようにしましょう。

温帯低気圧について

よくテレビなどで「台風が温帯低気圧に変わりました」と聞くと思いますが、温帯低気圧になっても油断は禁物です。温帯低気圧として再度発達し、台風よりスケールが大きいため、むしろ広範囲で強風や大雨をもたらすことがあるのです。

引用元:Yahoo!ニュース

と報じられています。

今後も気象情報をこまめに確認し、台風対策をとりましょう。

スポンサーリンク

台風12号の進路予測

9月22日9時現在の天気図を確認しましょう。

画像引用元:tenki.jp

 

今のところ中心付近の最大瞬間風速は35メートルの予測です。2019年の台風15号のような57.5mの強風でゴルフ練習場のネットと鉄柱が倒壊したような多大な被害まではないと思われます。

千葉県市原市内のゴルフ場

しかし今回の台風12号は、中心気圧はそれほど低くはないものの秋雨前線の雲と重なり大雨への警戒が必要です。

また、中心付近の最大瞬間風速は40メートルですが軽視しないようにしましょう。

スポンサーリンク

風速と被害の関係

それでは風速によりどれほどの威力があり被害が出るのかみてみましょう。

画像引用元:ウェザーニュース

気象庁が「風の強さと吹き方」という表を出していますので参考にして下さい。

「風の強さと吹き方」はこちらをご覧ください。

この表から抜粋してみると

  • やや強い風(平均風速10m/s以上15m/s未満)
    風に向かって歩きにくくなる。傘がさせない。樹木全体が揺れ始める。電線が揺れ始める。樋(とい)が揺れ始める。

  • 強い風(平均風速15m/s以上20m/s未満)
    風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出る。高所での作業は極めて危険。電線が鳴り始める。看板やトタン板が外れ始める。高速運転中の車では、横風に流される感覚が大きくなる。屋根瓦・葺材がはがれるものがある。雨戸やシャッターが揺れる。

  • 非常に強い風(平均風速20m/s以上)
    何かにつかまっていないと立っていられない。飛来物によって負傷するおそれがある。細い木の幹が折れ、根の張っていない木が倒れ始める。看板が落下・飛散する。道路標識が傾く。車は通常の速度で運転するのが困難になる。屋根瓦・葺材が飛散するものがある。

 

スポンサーリンク

台風の勢力の見方

台風のニュースで「今回の台風は非常に強い台風」とか「大型の台風」といいますが、この非常に強いとか大型というのは台風の「強さ」と「大きさ」で、台風のおおよその勢力を示す目安です。

強さの階級分け
階級 最大風速
強い 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上
大きさの階級分け
階級 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

引用元:気象庁

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

台風の備えはどうする?

今年の台風10号で被害の大きかった九州地方を参考に台風への備えをどうすればいいのかまとめました。

  • ホームセンター

窓を補強するための木材や養生テープが必要となります。早めに購入しなければいざとなってからホームセンターに行っても売り切れの場合が多いので常にストックを備えておくといいですね。

ガラス飛散防止のフィルムや、停電に備えて発電機があればいう事ありません!懐中電灯や電池は最低限必要ですね。

九州では、先日の台風10号の時にはこれらの商品は棚から無くなったそうです。

  • スーパー

非常食のインスタント食品などをストックしておきましょう。カップ麺もいいですね。

  • ホテルの予約

大雨や洪水停電などで交通機関にも影響が出ることが考えられるので、前日から会社近くのビジネスホテルなどを予約しましょう。

避難勧告などが発令される台風であれば、公民館や体育館への避難はコロナの影響で心配です。また人数制限があり、台風10号の時には九州では避難場所がすぐに満杯となりなかなか入れなかった人もいました。

今回の台風12号は10号の規模にまでは発達しないようですが、大雨への警戒が必要です。土砂災害が発生しそうな崖横の民家などにお住いの人はビジネスホテルを一時避難場所として利用するのもいいでしょう。

台風対策の関連記事はこちら↓↓

台風対策の窓ガラス、車、食料の備え万全マニュアル!

 

スポンサーリンク

台風12号2020大阪府への影響はいつ?備えはどうする?まとめ

今回の台風12号は規模もそれほど大きくなく当初の進路予測から東よりに変わったので、大阪府への影響は小さいと思われますが大雨への警戒は必要です。油断することなく天気予報をこまめにチェックしましょう!

また、次の台風に備えて日ごろから準備しておきましょう。

このブログも新しい情報があり次第追記していきます。皆さんの参考になれば幸いです。