湘南の宝石2019-2020混雑予想と料金・アクセス・駐車場情報

イベント

スポンサーリンク

湘南といえば江ノ島ですね!その江ノ島のシンボルとして親しまれる江の島展望灯台を中心に関東三大イルミネーションとして開催される「湘南の宝石」は、まさに光と色の祭典です。

このイベントは日本夜景遺産にも認定されているほどで是非みておきたいイルミネーションのひとつです。

12月中頃に入るとウインターチューリップとのコラボが来る人をまた楽しませてくれます!

今回は「湘南の宝石2019-2020混雑予想と料金・アクセス・駐車場情報」と題して紹介します。 

湘南の宝石2019-2020混雑予想

せっかくのイルミネーションを楽しみたいのに混雑していたらゆっくりできず、残念な結果になるかも知れません。

事前に混雑予想をチェックし混雑を避けるようにしましょう。まずは以前の混雑についてみてみましょう。

日曜日だったようですね。混雑しますとコメントしています。

 

 

やはり日曜日は混雑していたみたいです。

 

クリスマスイブには凄まじい混雑だったようです。

 

 

初詣客が減った後は、比較的混雑はなかったみたいです。

他に「平日の会社帰りは空いていた」というコメントもありました。

 

総合すると

  • 週末の土日や祝日は混雑が予想されます。
  • 特にクリスマスは混雑が予想され、灯台に登る行列は凄まじいようなので覚悟して行きましょう。
  • 年明けの初詣の後は混雑も収まる傾向のようです。
  • やはり平日は空いているみたいです。

 

混雑を避けたいのならズバリ平日ですね!

土日は混雑するものと覚悟して行きましょう。

他の情報をまとめると

  • 土日祝日は混雑する。
  • 特にクリスマス、年末年始、バレンタインデーは混雑する。
  • 点灯時間は混雑する。
  • サムエルコッキング苑、江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)は行列ができる。
  • 最終日は混雑する。

と予想されます。

スポンサーリンク

湘南の宝石2019-2020の基本情報

  • 住所

   神奈川県藤沢市江の島2-3

 

  • 開催期間

   2019年2019年11月23日 (土)~2020年2月16日 (日)

  • ライトアップ期間

   2019年11月23日 (土)~2020年1月13日 (月) は17:00~

   2020年1月14 (日)~2月16日 (日) は17:30~     

  • 開催場所

   江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル、中津宮広場、亀ヶ岡広場、御岩屋道通り、龍恋の鐘、江の島岩屋、江の島ヨットハーバー他

スポンサーリンク

料金

江の島シーキャンドルなどの料金はいくらなのかみてみましょう。

  大人 小人
江の島シーキャンドル 300円 150円
江の島サムエル・コッキング苑 200円 100円
江の島エスカー 360円 180円

 

江の島展望灯台セット券が江の島エスカー(屋外エスカレーター)乗り場で発売されてます。(取扱い、引換時間9:00~18:45)

江の島シーキャンドルと江の島サムエル・コッキング苑と江の島エスカー3か所のセット券があり、料金的には安くなるのでお得です。

大人750円、小人370円です。(大人で110円、小人で60円お得です。)

江の島シーキャンドル(展望灯台)までのアクセス

電車の場合

最寄りの駅から徒歩での所要時間です。

  • 小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅下車 徒歩20分です。
  • 江ノ島電鉄「江ノ島」駅下車 徒歩25分です。
  • 湘南モノレール「湘南江の島」駅下車 徒歩26分です。

少し歩くことになります。

車の場合  

車で行くのは、できれば避けた方がいいと思います。特に週末は渋滞に巻き込まれ、なかなか着かないということになりかねません。

また、直近で駐車場が満車のために車を停められないこともあります。

なるべく、公共交通機関を利用して行く方がいいでしょう。

 

江ノ島周辺の駐車場情報をみてみましょう。

グーグルマップからを選びルートを検索しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

湘南の宝石は多くの人が訪れる江の島の冬の風物詩で素晴らしいイルミネーションがみられます。

週末の混雑は避けられないでしょうが、それだけ人気があるということですね。

サムエル・コッキング苑内には、12月中旬を過ぎると2万本ものウインターチューリップが咲き始め1月になると見ごろを迎えるでしょう。

なんといっても冬に行われるイベントなので寒さ対策もしっかり準備しておきましょう。

今回は「湘南の宝石2019-2020混雑予想と料金・アクセス・駐車場情報」と題して紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。