出産支援金(東京都)10万円の対象者とは?申請方法は?

申請・手続き・施策

東京都は、コロナ禍で減少した出産を応援するために、新生児1人につき、10万円分の育児用品や子育てサービスなどを受け取れる支援をスタートさせます!

支援金を受け取れるのは、いつ出産した人が対象となるのでしょう?また申請方法についてもお伝えします。

スポンサーリンク

10万円支援の対象者は?

10万円相当の支援が受け取れるのは、2021年1月1日から2023年3月31日までの間に出産した世帯が対象です。詳しくみてみると、

  • 2021(令和3)年1月1日~2021(令和3)年3月31日までの間に出産し、出生日及び令和3年4月1日に都内に住民票がある世帯
  • 2021(令和3)年4月1日~2023年(令和5年)3月31日までの間に出産し、出生日に都内に住民票がある世帯

以上が対象となります。例えば、東京都民が2021年1月に出産して、3月31日に都外へ転出した場合は対象外です。

 

スポンサーリンク

出産支援申請方法は?

申請は、専用WEBサイトから申し込みます。順を追ってみていきましょう。

手順

  1. 出生時に市区町村を通じて、対象家庭に専用IDを記載したカードが配布されます。
  2. カードに記載されている二次元コードから、専用WEBサイトへアクセスし、初回登録(ログイン)をします。初回ログイン時には、子育て支援等のアンケートがあります。
  3. 10万円相当のポイントが付与されます。専用WEBサイトから希望の育児用品・子育て支援サービス等を選択し、申込みます。期限内なら、複数回に分けての申込も可能です。

※ 商品の申込期限は、初回登録(ログイン)時から6か月

※ 初回登録(ログイン)の最終期限は令和5年10月1日(金曜日)です。

問合せ先:一般向けコールセンター  電話: 0120(922)283

東京都出産応援事業の公式サイトは⇒⇒⇒こちらをご覧ください

※コールセンターは2021(令和3)4月1日(木)からです。
※カードの配付については、各市区町村にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク

出産支援の内容は?

専用IDを記載したカードが送られてきたら、専用WEBサイトから申請すると10万円相当のポイントが付与されますが、申請を忘れるとポイントはもらえませんので注意しましょう。

支援内容は、ポイント交換でおむつ、ミルク、ベビーカーなどの育児用品や、ベビーシッター、家事代行などのサービス、タクシーチケット、お掃除ロボットなど選ぶことができ、期限内なら複数回に分けての申込も可能です。

申込期限は、初回登録(ログイン)時から6か月で、初回登録(ログイン)の最終期限は令和5年10月1日(金曜日)です。

 

スポンサーリンク

支援金は東京都だけ?

東京都によると、2020年4月から10月の都内の妊娠届け出数は、前の年の同期より1割ほど減少していておよそ6万件の届け出でした。

都内の出産費用は全国平均より10万円ほど高いため、出生数が減少しているなか、出産を望む家庭を支援する必要があると判断しました。

新型コロナウイルス感染拡大による経済的や精神的不安などを、経済的支援により出産を望む家庭を後押しする事業です。

専用サイト上で都の子育て支援等の情報提供も行うとともに、アンケートの実施により具体的な子育てニーズを把握し、今後の施策立案に活かしていきます。

出産件数は、全国的に激減しているので、国の対策として新生児1人当たりいくらかの支援をすべきではないでしょうか?