紫外線ライトはコロナウイルスに効果ある?人体に影響、やけども!

新型コロナウイルス

先日、モデルのアリスムカイデさんがコロナ対策のため設置していた滅菌用の紫外線ライトでやけどをしたそうです。

本当に紫外線ライトはコロナウイルスに効果があるのでしょうか?やけどなど紫外線は人体にどのような影響があるのでしょう?気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

アリスムカイデがやけど!

アリスムカイデさんは

コロナ対策に力を入れていそうなお店を選んで食事をしたら、滅菌用の紫外線ライトで両膝下に火傷を負ってしまいました。

引用元:アリスムカイデ Twitterより

と語っています。せっかくコロナ感染しないように気をけつていたのに大変な目にあってしまいましたね。さらに

現在は皮膚科へ通っていますが、今後を含めた目に見えない被害がこわいので美容成分の強いスキンケアを全身控えています。しばらくは歩くこともできず、今も打ち身のように皮膚の奥が痛むことがあります。紫外線による人体への被害に詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスいただけますと幸いです。

引用元:アリスムカイデ Twitterより

アリスムカイデさんのやけど傷痕が残らず完治することを願うばかりです。

入店する時「店内には紫外線ライトが置いてありますが、あまり直接見たりはしないようにしてください」という案内があったそうです。

アリスムカイデさんは「見える範囲に何台も置いてある滅菌用のものが人体に有害であるとは思いもよらなかった」のでそのまま食事をして今回のやけどを負うことになってしまったようです。

お店は今回のことについて

「(ライトの)危険性があるのは知っていたがコロナの方が怖かった」「生足だったんですか? ストッキングも履いてなかったんですか?」「他にそんなこと言われたことがない」

引用元:so-netニュース

との回答だったそうです。今後このようなことが起こらない対策をとってもらいたいものですね。

スポンサーリンク

紫外線ライトはコロナウイルスに効果があるの?

新型コロナウィルスの感染が広がり強い殺菌効果を持つといわれているUV-C を利用する装置は医用・産業用などの用途で活用されています。

UV-Cを利用する際、人には十分な注意が必要とされており、特に目や皮膚に障害が発生したり什器備品にも悪影響を与える場合があります。

新型コロナウィルスの感染抑制にUV(紫外放射)を利用する殺菌装置が注目を集めていますが、殺菌するのには大量のUV照射量が必要となり一般の人には手軽に利用は薦められないそうです。

UVを利用した殺菌装置の中には、完成度が低く殺菌性能がはっきり検証されていない製品もあります。目や皮膚に影響を与えるのでUVの利用には専門家のアドバイスが必要ですね。

スポンサーリンク

紫外線ライトは人体に影響、やけどする!

紫外線ライトの人体への影響について一般的には次のような項目がありました。

  • 目の痛みや視力障害の原因になるので直接見ない、反射光についても目に入らないようにする。
  • 皮膚の炎症を起こすので直接はもちろん間接的にも当てない。
  • 眼の痛みや皮膚の炎症の原因になるので常に人がいる場所はもちろん直接人に当たる場所、反射光が人に当たる場所には使用しない。
  • 目の痛み、視力障害や皮膚の炎症の原因、感電の原因になるので器具の清掃、器具の取付、取外しは電源を切ること。
  • 天井や壁に反射率の高い材料が使われている場合、眼の痛みや視力障害、皮膚の炎症の原因になるのでチェーン吊り形、壁埋込、回転灯は使用しない。

新型コロナウィルスの感染抑制にUV(紫外放射)を利用することは注目されていますが、使用方法を間違うと紫外線ライトは人体に影響があるので細心の注意が必要ですね。

現在は研究が進み人体に無害な紫外線により「数分の照射でウイルス・細菌をほぼ不活化」「人体に照射しても影響がほとんどない」技術が開発されてきているようなのです。

早く実用化されるように期待しましょう!

スポンサーリンク