永作博美は結婚してる?旦那との馴れ初めや子供何人いるかも調査!

エンタメ

 

『八日目の蝉』『ソロモンの偽証』『朝が来る』など、数々の映画で迫真の演技をみせている永作博美さん!

永作博美さんは、結婚しているといいますが、旦那さんはどんな方なのでしょうか。そして二人の馴れ初め子供が何人いるのかも気になります。

今回は、「永作博美は結婚してる?旦那との馴れ初めや子供何人いるかも調査!」と題して紹介します。

 

スポンサーリンク

永作博美は結婚してる?旦那との馴れ初めは?


永作博美さんは、2009年に映像作家・文筆家・イラストレーターである内藤まろ(本名:内藤貴明)さんと結婚しています。二人の馴れ初めについてみてみましょう。

内藤まろさんは、1921年ニューヨークで「Ard Directors Club」により設立された世界で最も古い広告デザインの国際賞である「NY ADC賞」をはじめ、数々の賞を受賞されている方のようです。

またNHKのみんなのうたの作詞・作曲、月桂冠や江崎グリコ、トヨタ自動車などさまざまな企業の広告も手がけています。

内藤まろさんは、映像・文筆・イラストレーターと多方面でお仕事をしている内藤まろ企画の代表であることがわかりました。

そんな内藤まろさんと、永作博美さんの出会いは、2005年に内藤まろさんが手がけた月桂冠「つき」のCMです。

このCM制作が永作博美さんと、内藤まろさんの馴れ初めと言っていいでしょう。

内藤まろさんは、永作博美さんの魅力に惹かれたのだそう。

当時2005年頃の内藤まろさんは、二度目の結婚をしており妻子がいる既婚者でした。

永作博美さんと、内藤まろさんの結婚発表は2009年。それまでに約1年半の交際期間があったことを、永作博美さんの所属事務所が発表しています。

内藤まろさんの二度目の離婚は、2007年末頃。そのため、二人の交際が始まったのは2008年頃ということになります。

内藤まろさんの前妻については報道されていないため、相手は一般の方だったと考えられます。

二度の結婚、離婚を経て、永作博美さんと結婚した内藤まろさん。現在も、永作さんとの夫婦関係は継続しているようです。

また二人は、永作博美さんが出演した映画『さいはてにて〜やさしい香りと待ちながら〜』に登場する珈琲店を参考に、実際の珈琲店をプロデュースしたそうです。

映画に出てくる珈琲店とは、場所や外装・内容は異なるようですが、ご夫婦でプロデュースした珈琲店は映画で流れるようなゆったりした雰囲気を味わえるお店として人気なのだそうです。

夫婦で珈琲店をプロデュースしていることからも、永作博美さんと内藤まろさんの関係は良好なようですね ♪

 

スポンサーリンク

永作博美に子供は何人いる?

 

永作博美さんは、2010年に第一子である長男を出産。その後、2013年に第二子である長女を出産しています。お子さんは2人ですね。

子供を出産した時、永作博美さんの年齢は39歳、42歳でした。一般的には、35歳以上の初産を「高齢出産」と言います。

39歳で第一子を出産した永作博美さんは、高齢出産だったことになります。

高齢出産には産前・産後と様々なリスクがありますから、永作博美さんの出産も大変だったのではないでしょうか。

永作博美さんは、妊娠しづらい体質だったようで、二度の流産を経験しています。流産してしまうことによる悲しみは、想像以上だったでしょう。

流産の時期によっては手術も必要になりますし、精神的・身体的にも大変だった時期があったのではないでしょうか。

子供を産むということは、望めば簡単に叶うように思われがちですが、実際は奇跡なくらい大変で苦労の末にやっと母親になれたという女性も多いのです。

そのため、永作博美さんは有名産婦人科クリニックに通ったり、食事改善、縁起のいい神社に行くなど、妊活に取り組んだ末の出産でした。

出産した時の永作博美さんの喜びは、ひとしおだったのではないでしょうか。

二人の子供については、名前や画像などは公にされていません。

将来、もしかすると永作博美さんの息子さん、あるいは娘さんが芸能界デビューするなんてこともあるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

永作博美の経歴&プロフィール

 

永作博美さんは、1970年10月14日生まれ、茨城県行方郡麻生町(現・行方市)の出身です。

茨城県立麻生高等学校、東京調理製菓専門学校を卒業しています。

茨城県立麻生高等学校は、行方市にある公立の男女共学校で四年制大学と各種専門学校への進学率が半々で、2割ほどの生徒は就職するそうです。

永作博美さんは、1988年「オールナイトフジ 女子高生スペシャル」の美感少女コンテストでベストパフォーマー賞を受賞します。

高校卒業後の1989年に、3人のアイドルグループribbonとしてアイドルデビューを果たします。

 

アイドルデビューした後も、東京調理製菓専門学校に通いながら無事に卒業し、調理師免許も取得しました。

アイドルグループ『ribbon』の活動休止後は、「劇団☆新感線」を経て、1994年にドラマ『陽の当たる場所』で女優デビューしました。

第50回ブルーリボン賞助演女優賞、第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など、数々の賞を受賞しています。

2009年に映像作家である内藤まろさんと結婚、二度の流産を経て2010年に待望の第一子である男の子を、2013年に第二子の女の子を出産しました。

 

永作博美プロフィール

芸名:永作博美(ながさくひろみ)
本名:内藤博美(ないとうひろみ)
生年月日:1970年10月14日
出身:茨城県行方市
血液型:B型
活動期間:1989年 –
配偶者:内藤まろ
事務所:田辺エージェンシー

 

スポンサーリンク

永作博美 まとめ

現在も、年齢を感じさせない美しさを保ち続けている永作博美さん。

年齢や元アイドルだったこと、調理師免許を持っていたり、結婚して子供が二人いることなど意外なことが、多かったです。

2022年のNHK連続テレビ小説「舞い上がれ!」にも母親役で出演が決定しています。永作博美さんの今後の活躍に期待したいです。

永作博美さんのアイドル時代についてはこちらで紹介しています。

永作博美の身長や体重は?若い頃のアイドル時代リボンの経歴も調査!

スポンサーリンク