マイクロチップはどこにつける?既に飼っている犬猫もつけるべき?

生活

 

ペットショップで販売される犬や猫には、マイクロチップを埋め込むことが2022年6月1日から義務化されました。

マイクロチップ登録制度にはメリットも多いようですが、かわいい犬や猫のどこにつけるのでしょう?

既に飼っている犬猫の場合は努力義務ですが、つけるべきなのでしょうか?

今回は「マイクロチップはどこにつける?既に飼っている犬猫もつけるべき?」と題して紹介します。

 

スポンサーリンク

マイクロチップの特徴は?装着費用は?

マイクロチップを犬や猫につけるといっても、かわいい我が子に異物が入るなんてと、抵抗感を持つ人もあるでしょう。

マイクロチップは獣医さんに注射器で装着してもらうのですが、小さな小さなカプセルのようなものです。

マイクロチップに記録された15桁の識別番号を読み取ることで、データベースに登録された飼い主の名前や連絡先などがわかるという仕組みです。

万が一の災害時や迷子になったペットと離れ離れになってしまった場合でも、かわいい我が子がスムーズに戻って来る可能性が高まりますね!

マイクロチップ登録は、オンラインでも書面でもできます。スマホやパソコンで申請できるので、手間が少なくて済みますね。

マイクロチップの装着費用は、数千円から1万円程度です。それとは別に、データベースに登録するための費用も1000円程度かかります。

費用負担については、販売者側がするのか、購入者側がするのかについては、明示されていません。

またマイクロチップ装着については、補助金を出している自治体もありますので、ご自身が住んでいる自治体の情報を調べてみることをおすすめします。

犬と猫のマイクロチップ情報登録は→→→こちらから登録変更できます!

 

スポンサーリンク

マイクロチップはどこにつける?大きさは?

マイクロチップは獣医さんが、注射器で装着できるほどの小さなサイズです。
大きさは、直径が約2mm、長さは約12mm程度の円筒形犬猫の首の後ろの皮膚の下に注射器で埋め込んでもらいます。

 

マイクロチップの外側には生体適合ガラスが使用されています。

生体適合ガラスとは、体内に入れても毒性や、発癌性がなく、体内で長期間劣化しない特徴のガラス

想像していたよりも、かなり小さい物のようでマイクロチップを入れても、ペットの体には害がないと分かってちょっと安心しました。やはり飼い主である以上、気になるのは我が子への健康面の影響ですよね。

マイクロチップを入れられるように注射針は太くなっているようですが、一瞬で埋め込まれるので通常の注射とあまり変わらない痛みだそうです。

避妊や去勢手術をしてもらう際についでに麻酔下で装着することもできそうなので、痛みを最小限に抑えたいという方は、こちらも検討してみてはどうでしょうか。

マイクロチップは一旦埋め込んでしまえば、外れたり落ちたりすることがなく半永久的に読み取りが可能です。

確かに首輪などは、劣化によって外れ落ちる可能性がありますが、災害時や迷子になった時などの判別にはマイクロチップ登録が力を発揮しそうですね!

 

スポンサーリンク

既に飼っている犬猫もマイクロチップつけるべき?

既に飼っている犬猫の飼い主には、努力義務となっていますが、やはりマイクロチップ登録はしたほうがいいのでしょうか?

実際に、東日本大震災の時には、飼い主と共に避難することが叶わなかった犬猫たちがいました。

年月により首輪なども無くなってしまい、元の飼い主に戻せなくなったというような話もあります。

今後、関東大震災や南海トラフのような大災害に備えて、かわいい我が子が迷子にならないように、既に飼っている犬猫もマイクロチップ登録した方が安心ですね。

今回の犬猫マイクロチップの義務化は、ブリーダーやペットショップなどの販売業者が対象ですが今後はその範囲が拡大される可能性は充分考えられます。

先々のことを考えて、マイクロチップ装着を検討してみるのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

マイクロチップ まとめ

犬や猫へのマイクロチップの装着は、ヨーロッパやアメリカをはじめ世界各国で採用されています。

日本で、マイクロチップの装着が注目され始めたのは東日本大震災でした。多くの犬や猫が飼い主と離れ離れになったことからマイクロチップの有効性が注目されるようになり、今回ペットショップなどで販売される犬猫には、マイクロチップ登録が義務化されました。

また最近はペットショップでかわいいからと容易に購入した犬猫の飼育放棄が問題になっていますが、マイクロチップの装着は犬猫の遺棄防止対策にもなりそうですね。

飼い主の情報が明らかになると、犬や猫を購入する際はもっと慎重になる人も増えるでしょう。

ペットを飼うことは、命に対して責任を持つことでもあります。やはりそこは、軽い気持ちで考えて欲しくないですよね。

マイクロチップの装着によって、迷子犬猫と捨て犬や捨て猫が減ることを期待したいです♪

 

スポンサーリンク