JR東でサブスク(定額制)コーヒー飲み放題!内容や価格期間は?

サブスク(定額制)

JR東日本が期間限定で月額2500円でコーヒー飲み放題のサービスを実験的に始めるようです!

またコーヒーだけでなくそば店「いろり庵きらく」 個室タイプのシェアオフィスSTATION BOOTHでもサブスク(定額制)サービスを提供します。

今回はJR東日本が期間限定で実施するサブスク(定額制)の内容や価格、期間について紹介します。

スポンサーリンク

JR東のサブスク(定額制)の内容や価格とは?

今回実施されるJR東のサブスク(定額制)サービスの名前は「JREパスポート」!

Suicaの通勤定期券を利用している人に向けて行うサービス7月6日(火)から実施します。

サブスク(定額制)サービスの内容は基本的には2種類あります。

  • コーヒーが飲み放題
  • そばの揚げ物、トッピングが食べ放題

の2種類です。ここからもう少し細かく紹介します。

コーヒーが飲み放題とは?

コーヒー飲み放題を実施するのは上野駅、秋葉原駅、八王子駅にある「ベックスコーヒー」で受けれるサービスです。

プランは2種類あり価格が月額2,500円(税込)の「ベックスコーヒープラン」と月額1,500円(税込)の「ベックスマイボトルプラン」です。

ベックスコーヒープラン
  • ベックスコーヒープラン月額2,500円(税込)

・上野駅
・秋葉原駅
・八王子駅

の3駅で会員証提示を提示することで来店毎にブレンドコーヒーのMサイズ(通常300円)を1杯(ホットorアイス)を無料提供してくれます。
Lサイズは1杯50円で提供してくれます。
MサイズもLサイズも1日3回まで注文OK

ベックスマイボトルプラン
  • ベックスマイボトルプラン月額1,500円(税込)

・上野駅
・秋葉原駅
・八王子駅

の3駅で会員証提示を提示することでマイボトル持参客に、来店ごとにテイクアウトのブレンドコーヒーのMサイズ(通常300円)を1杯(ホットorアイス)を無料提供してくれます。
Lサイズは1杯50円で提供してくれます。
MサイズもLサイズも1日3回まで注文することができます。
マイボトルプランではコーヒーを注ぐマイボトルが必要になります。
テイクアウト限定のプランですね。

どちらのプランでも3つの駅全ての店舗で利用が可能なのがうれしいですね!

そばの揚げ物、トッピングが食べ放題とは?

そばの揚げ物、トッピングが食べ放題とは?「きらくトッピングプラン」です。

 

きらくトッピングプラン
  • きらくトッピングプラン月額1,000円(税込)

・上野駅
・秋葉原駅
・八王子駅

の3駅で会員証提示を提示するとそば注文時のトッピング1品を無料提供してくれます。

かき揚げ、ちくわ天、コロッケ、たぬき、きつね の5種類

1日1回まで利用でき、コーヒー同様3つの駅全ての店舗で利用が可能です。

スポンサーリンク

JR東のサブスク(定額制)はどうすれば利用できる?

このJR東のサブスク(定額制)のサービスはSuicaの通勤定期券を持つ利用者が購入および利用できるサービスです。

通勤定期券の他に上記の月額費がかかります。

  • ベックスコーヒープラン月額2,500円(税込)
  • ベックスマイボトルプラン月額1,500円(税込)
  • きらくトッピングプラン月額1,000円(税込)

 

上野駅、秋葉原駅、八王子駅にある「ベックスコーヒー」「いろり庵きらく」で利用時に対象店舗に会員証を提示し利用して下さい。

スポンサーリンク

シェアオフィスのサブスクサービスも!

 

JR東日本が提供するエキナカ×​シェアオフィス「STATION BOOTH」でもサブスクリプションサービス提供があります。

STATION BOOTH 15分プラン

 

STATION BOOTH 60分プラン

 

STATION BOOTH 2時間プラン

 

スポンサーリンク

JR東のサブスク(定額制)の販売期間とサービス期間

  • 利用申し込みは8月31日(火)で終了

JR東日本では、トライアル提供の結果を検証し将来的には、鉄道サービスを含む対象サービスの拡大を検討しているそうです。

スポンサーリンク