ジェンダーギャップの意味は?男女平等がSDGs貧困をなくせるの?

申請・手続き・施策

ジェンダーギャップということばをよく耳にするようになりました!その意味は?

男女格差の大きさを国別に比較したジェンダーギャップ指数2021が3月31日に発表され、日本は調査対象となった世界156か国のうち残念ながらなんと120位という順位!

他国に比べ日本の「ジェンダー・ギャップ指数」が低い分野は政治分野と政治分野で、特に衆議院議員の女性割合は著しく低く、政治参画における男女差が指数順位に影響したようです。

今回は、近年注目されているジェンダーギャップとは何かをわかりやすくまとめました。

スポンサーリンク

ジェンダーとは何か?

たとえば、「炊事・洗濯・掃除は女がやるもの」って考えている人がいるとしたらこの性別のことをジェンダーといいます。

生物学的な性別(sex)に対して、社会的・文化的につくられる性別のことですね!

男女の役割の違いから生まれてきた性別のことがジェンダーなのです。

最近話題になったのが元総理大臣の森喜朗さんの発言です。「・・女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね、それでみんな発言されるんです。・・」この発言はまさに、社会的・文化的につくられたジェンダーが染み込んでいますね。

女性ってこうだよねとか、男性ってこうだよねとひとくくりにはできませんよね ♪

スポンサーリンク

ジェンダーギャップとは?

男女の役割の違いから生まれてきた性別による様々な格差のことをジェンダー・ギャップといいます。

ジェンダーギャップの要因
  • 宗教の決まり
  • 伝統的な社会構造・風習
  • 家庭内・家庭外での教育の欠如
  • 生物学的役割の違い

これらの考え方や行動が、ジェンダーギャップを起こしているといえますね!

スポンサーリンク

ジェンダーギャップ指数120位の日本、その原因は?

日本は先進国の中ではジェンダーギャップ指数順位が120位と極端に低く、男女格差が拡大し続けています。

ジェンダー・ギャップ指数とは、世界経済フォーラムが毎年発表している男女平等度を表す指数です。日本のジェンダーギャップ指数が低い理由は、、、

この指数は「教育」「医療」「政治」「経済(働き方)」の4つの分野で評価をします。日本は、そのうち「政治」と「経済(働き方)」で極端に低い評価を受けたことが順位を下げる要因となっています。

日本の社会では、家庭での役割分担が女性に重くのしかかっています。特に一部の大企業以外は出産や育児を抱えて仕事復帰しやすい社会とはまだ言えません。そのため、会社役員や政治家を志す女性の数も自然と減ってしまいます。

ジェンダーギャップ指数首位はアイスランド、次いでフィンランド、ノルウェーと上位は北欧の国が多く占め、アメリカは30位、韓国は102位、中国は107位と、日本の120位とともにアジアの主要国は軒並み男女格差が大きいことがわかりますね。

ジェンダーギャップ指数順位   国名   スコア 2021年版
1      アイスランド  0.892
2      フィンランド  0.861
3      ノルウェー    0.849
4      ニュージーランド     0.840
5      スウェーデン  0.823
6      ナミビア      0.809
7      ルワンダ      0.805
8      リトアニア    0.804
9      アイルランド  0.800
10    スイス 0.798
30    アメリカ  0.763
102    韓国   0.687
107    中国   0.682
120    日本   0.656

内閣府公式サイトは⇒⇒こちらをご覧ください

スポンサーリンク

SDGsとジェンダー平等の関係性は?

まずはSDGsとは何か?

わかりやすく言ってしまえば、国連が掲げた世界を変えるため2030年までに達成させたい17の目標のことです!

SDGsを日本語にすると、「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals)略して「SDGs」ですね。17の目標とは、、、

SDGs17の目標
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任 つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsとジェンダー平等の関係

SDGs17の目標の中で、重要なのが①の貧困をなくすという目標です。

貧困をなくすには「ジェンダー平等」つまり男女格差をなくすことが最も重要な課題となり、ジェンダー平等がSDGsに大いに関係するといえますね(^^♪

国連はあらゆる貧困に終止符を打つことをねらいとしていて貧困をなくすにはジェンダー平等の達成が不可欠というわけ。

いまなお性別による格差があり、様々な面で女性が差別を受けているというのが、世界の共通認識です ♪

スポンサーリンク

ジェンダーギャップ まとめ

生物学的な性別(sex)に対して、社会的・文化的につくられる性別がジェンダーです。

男女の役割の違いから生まれてきた性別による様々な格差がジェンダー・ギャップです。

日本は先進国の中ではジェンダーギャップ指数順位が120位と極端に低く、男女格差が大きい国といえそうです。

SDGs(国連が掲げた世界を変えるため2030年までに達成させたい17の目標)の貧困をなくそうという目標達成のためには男女格差をなくすことが最も重要な課題ですね!

日本の未来を担う子供たちにはSDGsやジェンダーについての教育が必要ですね。近年、ジェンダーレス制服を採用する学校が増えてきました。ジェンダーレス制服についてはこちらでまとめていますのでごらんください。

スポンサーリンク