伏見稲荷のお山巡りとは?千本鳥居やお塚のご利益を授かる稲荷山!

神社

全国に30,000社もあるといわれている稲荷神社の総本宮が伏見稲荷大社です。
伏見稲荷大社参拝の醍醐味はお塚などをめぐる稲荷山の「お山巡り」です。

朱塗りの「千本鳥居」の中をくぐり2時間ほどかけて参道を歩きます。清少納言の枕草子の中にも、自らお参りした時の様子が描かれています。

今回は、伏見稲荷の千本鳥居やお塚のご利益を授かるお山巡りについて紹介します。

伏見稲荷の千本鳥居は感謝の奉納

本殿の左手奥にある権殿の横に並んでいる鳥居が稲荷山への入り口です。鳥居には「通り入る」という意味がありそこから先が神様の聖域です。

入り口付近の大きな鳥居が続く「命婦参道(みょうぶさんどう)」を進むと、参道が二股に分かれています。命婦参道よりも小さな鳥居がぎっしり並んでいるこのあたりが「千本鳥居」とよばれ毎年、海外からの観光客に最も人気のある撮影スポットとなっています

千本鳥居

左右にびっしりと並んでいる鳥居は、すべてお稲荷さんでご利益をいただいた人たちが感謝の気持ちで奉納したものです。江戸時代に始まったという言い伝えがあり、稲荷山全体では、1万本以上が奉納されているといわれています。

鳥居奉納の案内は⇒⇒ こちらをご覧ください

スポンサーリンク

お山巡り:奥社奉拝所(おくしゃほうはいしょ)

おもかる石

千本鳥居を抜けると、奥社奉拝所に出ます。ここに「おもかる石」があります。願い事をしながら石を持ち上げ、思ったよりも石が軽ければ願い事がかない、重く感じれば願い事がかなう日はまだ先といわれています。

おもかる石からすぐのところに、「値上りの松」という根っこがもち上がっている松の木があります。株価の値上がりを待つという語呂合わせから、証券や金融関係の参拝者が多い所です。

さらに鳥居の参道を進んで登っていくと、「熊鷹社」に到着です。

お山巡り:熊鷹社(くまたかしゃ)のご利益

熊鷹社

ろうそくの炎がゆらめいている「熊鷹社」は、商売繫盛や勝負事にご利益があるお塚です。お塚とは稲荷大神様を信仰する人々が私的な守護神として石に名前を刻んで、お山に奉納したものです。稲荷山には個人が奉納したお塚は山全体で1万以上あり、稲荷山に自分だけの神様を祀りたいと明治時代から奉納が盛んになったそうです。

熊鷹社の向かいのお店でろうそくを購入すると火打石で清めてくれます。そのろうそくを灯して熊鷹社に供えると商売繫盛や勝負運が強くなるご利益があります。新池に突き出た石積みに拝所が設けられ、熊鷹大神の御塚が鎮まっています。

スポンサーリンク

お山巡り:新池(谺ヶ池)のご利益

新池・別名谺ヶ池(こだまがいけ)

熊鷹社のうしろにある新池は別名を谺ヶ池(こだまがいけ)といい、不思議なご利益があるパワースポットとして知られています。

行方知れずになった人の居場所を探す時、池に向かって祈願したのち柏手を打つと、こだまが返ってきた方角に手掛かりがあるというのが、こだまがいけの名前の由来でもあるそうです。

お山巡り:四ツ辻分岐

池からさらに進んでいくと、四ツ辻という展望の良い分岐路に出ます。京都の町を見下ろせる絶景ポイントです。ベンチもあるのでここで一息いれましょう。

分岐の一角にある茶店、にしむら亭は俳優・西村和彦さんのご実家です。

ちなみに、四ツ辻に出てすぐ左手の急な階段の上には、荒神峰展望台がありそこから素晴らしい展望がひらけていますので、時間があれば寄ってみてください。

スポンサーリンク

お山巡り:大杉社のご利益

四ツ辻をあとにし、分岐を大杉社の方へ進みます。

大杉社

神様が降臨し、邪気を払ったとされる杉の木がご神体の大杉社です。

すべての杉の木こそがここ伏見稲荷大社のご神木なのです。稲荷山にはたくさんの杉の木があり、神様が降り立ったということから参詣者が杉の枝を持ち帰ってしまい枝がなくなったことがあるんだとか。鳥居にも杉の木が使われているそうです。

伏見稲荷大社では、ご神木である杉の枝を「志るしの杉」として毎年2月の最初の午(うま)の日に、参拝者に福をもたらすお守りとして授与しています。

大杉社は特に大工さんや材木を扱う人たちが参拝に訪れるお塚です。

お山巡り:眼力社のご利益

大杉社からしばらく進むと、眼力大神をお祀りしている眼力社があります。

眼力大社

眼力大神は、視力回復や目の病気が良くなるという、目そのものに対するご利益のある社です。また先見の明という眼力のご利益を授かりに、経営者などの参拝者も多いです。眼力社は、金運アップのご利益を授かるパワースポットでもあります。

お山巡り:薬力社・おせき社のご利益

薬力社

大きな杉の木の横にある薬力社は薬力大神をお祀りしているお塚で、無病息災・健康長寿のご利益があります。薬剤師さんや製薬会社で働く人々がお参りされます。

薬力社のむかいにある茶屋には、有名どころの俳優陣から寄進された暖簾がかかっています。薬力社の先にある「おせき社」には声・喉にまつわる神様が祀られているため、歌舞伎役者や多くの舞台役者や俳優などが訪れて暖簾を奉納するようになったのだそうです。のどの痛み、声がれ、せきを治してほしいと願う人々が訪れます。

スポンサーリンク

お山巡り:長者社(御剣社)のご利益

山頂手前にある長者社は、鉄鋼の神様として信仰を集め金属加工業者の参拝が多いお塚です。

長者社は御剣社(みつるぎしゃ)ともよばれ、神様をお祀りする大きな剣石があります。

その昔、刀工・三条小鍛冶宗近(さんじょうこかじむねちか)が一条天皇に捧げた宝刀「小狐丸」をここで鍛えたという伝承があります。

お山巡り:一ノ峰から三ノ峯へ

末広大神

お山巡りの中で最も急な石段を上りきると稲荷山の頂上、標高233mの「一ノ峯」です。稲荷山の山頂に立つ一ノ峰上乃社こそが神様が降り立ったと言われる場所であり、末広大神(すえひろおおかみ)と崇められています。社のまわりには小さな石碑や鳥居が置かれるお塚が最も集まる御膳谷奉拝所(ごぜんだにほうはいしょ)があります。稲荷山のお山巡りで欠かせないスポットです。お塚とは、参拝者が自分の願い事を叶えるために作った個人の神社というべきもので今でも子孫たちが代々守り続けています。

少し下った「二ノ峯」の中社は青木大神(あおきおおかみ)、間ノ峯は伊勢大神と崇められています。さらに下った「三ノ峯」の下社は、白菊大神と崇められています。

 

青木大神

白菊大神

ご利益としては、金運アップをはじめ、交通安全、海上安全、家内安全、縁結び、商売繁昌、五穀豊穣、殖産興業、延命長寿、方位除けなど様々なご神徳があります。

三つの峯があるので「三ヶ峯」ともいわれる稲荷山を一周すると、展望の良い四ツ辻に戻ってきます。お山詣でのルートを辿ってお参りすると稲荷山全体が大きなパワースポットとして信仰されてきたことがよくわかりますね。小鳥居の初穂料は、0号の1600円~6号の12000円まであります。あなたに合ったパワースポットのお塚へご利益を授かりにお参りしてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

伏見稲荷大社へのアクセス

電車利用の場合
・JR奈良線 稲荷駅下車 直ぐ (京都駅より5分・2駅目)
・京阪本線 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩5分

市バス利用の場合
・南5系統 稲荷大社前下車 東へ徒歩7分

大社駐車場周辺は大変混雑するので、公共交通機関の利用をおすすめします。

まとめ

伏見稲荷大社の稲荷山は平安時代からパワースポットとして信仰をあつめてきました。

本殿奥の命婦参道(みょうぶさんどう)から千本鳥居を抜け、ご利益の社を回ります。
鳥居は、すべてお稲荷さんでご利益をいただいた人たちが感謝の気持ちで奉納したものです。

稲荷山全体では、1万本以上の鳥居が奉納されていて、お山巡りをすると開運パワーがいただけそうな気がしますよ。

伏見稲荷大社へ参拝した際は、是非お山巡りでお社のご利益をいただいてください。
京都の金運開運のご利益がある神社8社はこちらをご覧ください。

今回は、伏見稲荷のお山巡りについて紹介しました。