スマホ認知症は30代の脳にも!脳過労の改善や予防策とは?

スマホ

スマホ認知症という現代特有の症状が30歳代の人の脳にも忍び寄ってきています。

最近、度忘れすることが頻繁にあってスマホに頼りすぎかな?と思いつつもつい検索してしまいます。今やスマホは私たちにとって、必需品となっています。

ステイホームの毎日がゲームや検索する時間をさらに増やすことになってはいませんか?

情報があふれているためスマホを使う時間が日ごとに増えて、私たちの脳は疲れぎみになり物忘れが進んでくるようです。スマホから少し離れて脳過労の改善や予防に取り組んでみませんか?

スマホ認知症のはじまり

スマホ認知症とは、多くの情報が入りすぎることにより脳に疲労がたまって、もの忘れが頻繁になったり感情のコントロールができなくなったりする症状のことで、 岐阜県の脳神経外科医・奥村歩先生が名づけました。よくテレビに出演されています!

何かを取りに来たのにその目的を忘れるとか一昨日の夕飯のメニューを思い出せないあなたは、すでに脳に疲労がたまっているかもしれませんよ!

いつでもどこでも何でも気軽に調べものができてしまう超便利なスマホですが、ゲームや調べものなどで使用時間が長いほど脳は疲労しています。30歳代の若い人でもスマホ認知症に要注意なのです!

奥村歩先生のスマホ認知症のチェックリスト

次のチェックリストで、3つ以上当てはまればスマホ認知症のリスクが高いです!スマホからすこし距離をおきましょう。

  • ふとん・ベッドでスマホを使う
  • スマホなしで初めての場所に時間通り着けない
  • 最近、漢字が書けなくなった
  • ここ数年、物忘れが増えた
  • やる気・興味がわかなくなった
  • 仕事・家事の段取りが悪くなった
  • 覚えておくものはスマホで写真を撮る

 

スマホの悪影響とは?

過度なスマホへの依存は脳に悪影響を与えて記憶したり思い出したりする機能を衰えさせてしまうのです。

スマートフォンの画面のブルーライトも私たちの身体に悪影響を与えます。

紫外線並みのブルーライトをカットする眼鏡が人気な理由もわかりますね。

就寝前にブルーライトを多量に浴びると睡眠ホルモンの量が減るため、寝つきが悪くなります。

またブルーライトは夜中に頻繁に目が覚めることもあり睡眠不足の原因になります。

その結果、大事なことをすっかり忘れるようなことがおきてしまうかもしれません。

では、ひそかに脳を脅かすというスマホ認知症や脳過労の改善・予防はどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

スマホ認知症や脳過労の改善と予防

まずは疲れた脳は休めてあげないといけません。

スマホから離れる時間をつくることです。

お風呂、トイレ、寝室にはスマホを持ち込まないと決めたり、食事中や就寝前にはスマホに触らないことから始めます。

スマホに触れない時間を作り、脳の過労状態を休めることが大切です。

デジタルデトックス

今、流行りのデジタルデトックスをやってみるのもいいですね。デジタルデトックスとは、スマートフォンやタブレット、パソコンなどのデジタルデバイスから距離を置き、ストレスや疲労を排泄(デトックス)することです。

近年、旅館やホテルの中には、宿泊客にデジタルデトックスを体験してもらうプランがあります。

チェックイン時にフロントでスマホやデジタル品をすべて預け、滞在中は一切デジタルとは関わらないというものです。

滞在中は五感の中の視覚ばかり使っている毎日から解放され、ゆっくりと流れる時間を過ごすことができると評判が良いそうです。

従来の日常生活の中で忘れかけていた五感を取り戻すことができて疲れが取れるそうですよ。

マインドフルネス(瞑想)

マインドフルネス(瞑想)で脳を休ませることはとても効果があります。

アップル創業者のスティーブ・ジョブズがマインドフルネス(瞑想)を実践していたことは有名です。

目をつぶり、ひたすら呼吸に意識を向けるだけです。

雑念が浮かんできても、呼吸だけに意識を集中させます。

1日5分から始めてみましょう。

私のヨガ教室でも必ず最後に仰向けになって10分くらい静かに呼吸に集中する「亡骸のポーズ」というのをします。

そういえばヨガのあとはいつもスッキリ感があります。たまにどこからかイビキがきこえてきますけど。(笑)

マインドフルネス(瞑想)はお金をかけずにどこでもできて、しかも脳を休める効果があるのはいいですよね。

スポンサーリンク

検索前に考える習慣をつける

スマホ認知症や脳の過労を予防するためには、何でもすぐに検索することはNGです。

検索してしまうとそのままついつい他のことまで見てしまい結局スマホの使用時間が長引いてしまいます。これはスマホあるあるですよね。

例えば有名人の名前が出てこないとき、すぐに検索してしまいますよね。

そんな時、すぐには検索せず名前を思い出す努力をしてみてください。

どうしても思い出せないときは調べますが、ただ調べてスッキリするだけでなく、その名前を憶えようとするのも大事なことだそうですよ。

脳を活性化させて認知症や脳の過労を防ぐようなスマホの使い方をすることが大切ですね。

 

スポンサーリンク

スマホ認知症や脳過労の改善や予防策のまとめ

現代社会は多くの情報があふれていて、情報に乗り遅れないようにしがちですよね。

そのせいで私たちの脳が疲労し、もの忘れや感情の不安定につながっています。

スマホ認知症や脳過労を予防・改善するためにはスマホから離れる時間をつくることです。

デジタルデトックスやマインドフルネス(瞑想)などで脳を休ませることが重要です。

スマホは私たちにとってなくてはならないツールとなりましたが、うまく使っていくことが大切ですね。

スマホの機能のいいとこどりをして元気な脳を取り戻しましょう。

おくむらクリニック公式サイトは⇒⇒⇒こちらをご覧ください