2021年第165回芥川賞の受賞者はだれ?SNSから大胆予想!

偉人・歴史人物・作家

2021年第165回芥川賞の候補が6月11日発表されました。今回の受賞者はだれになるのでしょうか?

芥川賞の選考会は東京・築地の料亭「新喜楽」で7月14日に開催されます。

今回は2021年第165回芥川賞の受賞予想をSNSでの情報などを交えて大胆に予想してみたいと思います。

あなたも一緒に大胆予想してみましょう!

スポンサーリンク

2021年第165回芥川賞の候補作は何?

まずは6月11日発表された芥川賞の候補作についてみてみましょう!

芥川賞の候補作
  • 初候補の石沢麻依氏「貝に続く場所にて」
  • 初候補のくどうれいん氏「氷柱の声」
  • 初候補の高瀬隼子氏「水たまりで息をする」
  • 2回目の千葉雅也氏「オーバーヒート」
  • 2回目の李琴峰氏「彼岸花が咲く島」

の5作品です。

 

石沢麻依氏(いしざわ まい)(「貝に続く場所にて」群像6月号)

石沢麻依さんは東北大学大学院文学研究科修士課程を修了しています。
2021年「貝に続く場所にて」で第64回群像新人文学賞を受賞しデビューしました。
1980年生まれの今年41歳です。

 

くどうれいん氏(「氷柱(つらら)の声」群像4月号)
くどうれいんさんは会社員ですが作家でもあります。
俳句結社樹氷同人、コスモス短歌会所属に所属しています。
ジン「スピカ」に連載されていた日記形式のエッセイ「わたしを空腹にしないほうがいい」が話題でしたね。
1994年生まれの今年27歳です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水中で口笛【電子書籍】[ 工藤玲音 ]
価格:1870円 (2021/6/11時点)

楽天で購入

 

 

高瀬隼子氏(たかせ じゅんこ)(「水たまりで息をする」すばる3月号)
高瀬隼子さんは立命館大学文学部を卒業しています。
2019年に「犬のかたちをしているもの」で第43回すばる文学賞を受賞しました。
1988年生まれの今年33歳です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【予約】【新品】【本】【07/13発売予定】水たまりで息をする 高瀬 隼子
価格:1540円(税込、送料別) (2021/6/11時点)

楽天で購入

 

 

 

千葉雅也氏(ちば まさや)(「オーバーヒート」新潮6月号)

千葉雅也さんは東京大学大学院博士課程を修了しています。
博士(学術)でもあります。
2013年に「動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』」で紀伊國屋じんぶん大賞や表象文化論学会賞を受賞しています。
「勉強の哲学――来たるべきバカのために」などを刊行して2019年には初の小説作品「デッドライン」を発表しました。
1978年生まれの今年43歳の男性です。

李琴峰氏(り ことみ)「彼岸花が咲く島」文學界3月号
李琴峰さんは2015年に早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程を修了しています。
中国語が第一言語で日本語は15歳から学習しました。
民間企業に2017年就職しましたが翌年2018年末に退職しています。
「独舞」にて第60回群像新人文学賞優秀作を受賞しデビューしました。
1989年生まれの今年32歳です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

彼岸花が咲く島 [ 李 琴峰 ]
価格:1925円(税込、送料無料) (2021/6/11時点)

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク

2021年第165回芥川賞はだれが受賞するかSNSの情報は?

Twitter

ちょっとチラ見してみたけど、石沢麻依さんかなぁ……芥川賞。これ以外にない気がする今回は。

 

Twitter

石沢麻依『貝に続く場所にて』を強力に推したい。

 

Twitter

しかし、石沢麻依『貝に続く場所にて』も出色の出来。被災者の一人として、同作も強力に推したい。

 

Twitter

テレビでくどうれいんさん見ておおっ!となった

 

Twitte

くどうれいんさんの「氷柱の声」、推します!

 

Twitter

わたしが見ている範囲では、くどうれいんさんに反応してらっしゃる方が多いように感じます

 

Twitter

今回の芥川賞候補、不勉強で高瀬隼子さんの「水たまりで息をする」はノーチェックでした

 

Twitte

高瀬隼子「水たまりで息をする」はノーマークやった。

 

Twitte

高瀬隼子『水たまりで息をする』は中盤以降の狂った多幸感がとても心地よいので、贔屓目無しでマジでオススメします。

 

Twitt

以前芥川賞候補になった「デッドライン」と同じく、語り手「僕」の内省の物語です。 人生の空回り期の不安と葛藤を巧みに描いた物語だと感じました。

 

Twitter

千葉雅也さんの小説「オーバーヒート」が素晴らしくてまた読みたくなって2回目読み始めたらなんと芥川賞候補に!

 

Twitter

千葉雅也さんが受賞する気がするんだ

 

Twitter

李琴峰さんが芥川賞の候補に上がってるの興奮する

 

Twitter

李琴峰さんノミネートされてる!推し!久しぶりに文芸誌買ってくるか…

 

Twitter

李琴峰さん、芥川賞の候補になってるんだ。これは楽しみ

 

それぞれ5人の芥川賞受賞候補者や作品について世間の感想やSNSでのコメントを紹介しました。
それぞれのファンが好きな作家を推していたり、ノーマークの作品が候補になっていることに驚いているコメントもありましたね。

もちろんもっと多くのコメントが投稿されていますよ。
これらの投稿を鑑み芥川賞を受賞する作家を大胆予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

2021年第165回芥川賞受賞者をSNSから大胆予想!

多くのSNSの情報やコメントから大胆予想した結果、、、
初候補の石沢麻依氏「貝に続く場所にて」とくどうれいん氏「氷柱の声」のW受賞
と予想しました!

多くのコメントをみてこの2つの作品の読者に与える圧の凄さを感じました。
どの作品も素晴らしいことに違いないですが今回はこの2作品を推したいと思います。

少し独断と偏見が入っているかもしれませんが他の作家のファンの方、あくまでも私的な予想なので憤慨しないでくださいネ。

7月14日に開催される選考会の結果が楽しみです。

 

スポンサーリンク